バイクトリビア

バイク屋が儲からない理由
~バイク屋の選び方と付き合い方~

儲からない

「バイク屋は儲からない」

という声を耳にした事がある人も多いと思います。なぜ儲からないのかを理解すれば

「バイク屋の選び方や付き合い方」

が捗ると思うので色々と話をしていきます。

※小さいバイク屋前提の話

 

まず初めに解きたい誤解があります。

中古バイク

「中古車を売ったほうが儲かる」

という事です。

何故こう言われる様になったのかというと内約にあります。

内約

中古車のほうが仕入れ値が安いからですね。

昔それこそCB750FOURの頃なら新車のフォアを一台売れば一ヶ月は食べられたそうですが、現在は新車を売っても消費税かと思う程度しか儲けはありません。

 

では何故これが誤解なのかというと中古車というのは新車ではないからです。

バイク屋にある中古車というのは下取りや業者オークションで仕入れたものを売っているわけですが、それをそのまま売っているわけではありません。

業者オークション

例えば業者オークションで40万円の車体を仕入れて60万で販売するとします。

その差額は60万円なので売れたら20万円の利益・・・とは当然ならない。何故なら中古車というのは何かしら故障や劣化を抱えているものだから。

だからバイク屋は中古車を仕入れたら売れる状態にするために先ず整備をします。

そしてこれが難しい所。

価格設定

「何処まで仕上げればいいのか分からない」

という問題があるからです。

新車に負けないほどの整備をしたら当然ながら販売価格も高くなるから売れない。

かといってあまり手を掛けず状態が悪いまま売ってしまうとクレームによる無償修理で利益が飛ぶし、何より悪印象を与えリピーターになってくれない。

いくらバイクのプロといえど何処が悪くて何処が壊れかけなのかを見極めるのは難しい。だから後々の事を考えると必ずしも中古車のほうが儲かるとは言えないわけ。

中古車販売

仮に上手くいって40万で仕入れたバイクが60万で売れたとしましょう。

しかし仕上げるまでには場所代はもちろん部品代やケミカルやオイルなどの出費があるわけです。

これを5万円とした場合、利益は15万円になるものの、部品代だけでなく売れる状態まで整備したのは当然ながらバイク屋なわけで人件費が掛かっている。

結局コレが利益となるわけですが、仕入れて引き取って何日も掛けて整備して・・・そして売れて初めて15万円の利益。

言い方を変えるなら

「いつ売れるかも分からない物に40万円も投資して何日も労する必要がある」

あまりにもハイリスク&ローリターンですよね。

 

こういう背景があるから『メーター戻し』を始めとした不正に手を染めてしまう店が出て来てしまう。

走行距離改ざん

少しゴニョゴニョやるだけで見てくれが良くなり、売値(利益)を上げる事が出来るわけですから。

ただ最近は厳しくなったので少なくともメーター戻しなどは簡単には行えない様になっています。

走行距離適正化

これに関連する事としてプレミア価格というのもあります。

典型的なのが『空冷Z』や『ビンテージハーレー』といった旧車。

ビンテージハーレー

オーナーに怒られるかもしれませんが、元々これらのバイクはアメリカでは二束三文のバイクだったんです。

それを日本に持ってきてレストアし『歴史ある希少なバイク』という付加価値を付けることで高値で売った。

これにメディアなども乗った事で二束三文の仕入れ値で新車を遥かに超える高値で売れるという錬金術の様なビジネスが成り立った。

古いから壊れるんだけどそれも『古いバイク』という理由で片付けられて、修理代まで稼げるという算段。

 

これらは本当にごく一部の話なんですが、結局こういう事をやっていたからバイク屋に対する信頼が揺らいでしまったわけですね。

そんな事をしていない真っ当なバイク屋からしたら迷惑な話なんですが、では真っ当なバイク屋がどうやって儲けているか、というか生計を立てているのかと言うと『整備や修理』です。

整備

ただこれにも問題があるからバイク屋が儲からない・・・というのもいわゆる「工賃」というのはバイク屋が定めている

『レバレート(時間工賃)』

とメーカーが車種ごとにパーツマニュアルで定めている

『整備標準時間』

に基づいて算出されます。

例えばレバレート8000円の平均的な店が、ヘッドライトのバルブを交換したとします。

パーツリストの工数

そうすると某カタログでは『標準時間0.2時間』となっているので

『8000*0.2=1600円』

ザックリ計算ですがこれが工賃になるわけです・・・が、この定められた作業標準時間というのは言ってしまえば

「構造を熟知した人が新車で行った場合」

の時間なんです。

触ったことのないバイクの整備が簡単に行かないのはバイク屋も同じ。まして故障する様な車体というのは当たり前の様にボルトやネジが錆びていたりするから絶対に時間内に終わらない。

錆びたボルト

だからといってマニュアル以上の工賃を請求することは出来ない。

もしも0.2時間のライトバルブ交換でネジが腐っていて慎重にした結果0.5時間掛かったとしても工賃を4,000円も請求できるわけないですよね。

これは不具合で入ってきた場合でも同じで

「リアから異音がする」

と運び込まれてきた車両を修理するとなった時に

・ブレーキ

・チェーン

・スプロケ

・ベアリング

などなど色々と調べてみた結果

修理

「フェンダーのボルトが緩んでいただけだった」

となった場合、その特定までに掛かった作業時間を請求する事が出来ないわけです。

「フェンダーのボルトが緩んでいました工賃8000円です」

なんて請求できるわけない。

よくネットで

「XXだけで工賃YY円も取られた」

という声があるのは、その修理に至るまでに何かしらの手間が掛かってる可能性が高い。

まあこれは事前に了承と取っていないバイク屋も悪いですし、本当に悪徳なところもあるので必ずしもそうとは言えない場合もありますけどね。

 

もちろん整備の中には標準時間内に終わる作業もあります。

・オイル交換

・タイヤ交換

・チェーン交換

・バッテリー交換

などなどの消耗品交換は比較的時間内に終わる・・・でも実際これらって自分でやる人が多いですよね。比較的簡単だから。

つまりバイク屋っていうのは面倒くさくて割に合わない整備で生計を立てているのが現状なんです。

 

これがバイク屋が儲からない理由。

ガレージ

「お金を払っているんだから良くしてもらって当たり前」

というのは適正なお金を払って初めて言える事。そして個人のバイク屋というのは適正なお金を貰えないんです。

接客がなってないバイク屋が多いのは半分趣味みたいな経営だから。でもだからこそ続けている。

 

極論なんですが個人のバイク屋を相手に『お客様』という考えは捨てたほうがいいです。

別に謙る(へりくだる)ようにしろって話ではなく『個人と個人の付き合い』と思ったほうが良い。この人とは合わないなと思ったら違う店に行く。

今どき一見さんお断りなんて早々ありません。あったとしてもそんなバイク屋は業界再編の流れで消えていくでしょう。

ただ注意点として他所のバイク屋の悪口を言わないこと。バイク屋というのは何度も言いますが、半分趣味みたいな経営なので横の繋がりが強く心象が悪くなります。

 

もしもそういう人付き合いが嫌なら

「客として確かなサービスを受けたい」

と考えているなら迷わず正規ディーラーに行きましょう。

ディーラー

ディーラーなら確かで手厚いサービスや整備やサポートを受ける事が出来ます。

ただしディーラーはその分だけレバレートが高めでキッチリ取ります。それが対価なんだから当たり前なんですけどね。

 

説教臭くなりますが

「高いサービスを安い工賃でやってほしい」

という甘い考えは捨ててください。その考えは自分もバイク屋も嫌な思いしかせず誰も得しません。

「それでも工賃はあまり払いたくない」

と思うなら、自分で整備するようにしましょう。

今はネットで調べれば先人たちがやり方を色々と親切に説明してくれていたりします。構造にも詳しくなれるからスキルアップにもなる。

でもやってみたら恐らくこう思うハズです。

「次はバイク屋に頼もう」

そういう割に合わない作業をバイク屋は素性が知れない他人のバイク相手に毎日やってるんです。

 

だからもしも信頼できるバイク屋だと思ったら、付き合っていきたいと思えるバイク屋に巡り会えたらお金を落としてあげてください。

お金がないなら手土産一つ、缶コーヒーを一本持っていくだけでもいいでしょう。

そうすればバイク屋も必ず良くしてくれます。

「恩には恩を」

ってやつです。

 

【関連ページ】

バイクというモノを売る時代は終わる~販売網再編の狙い~

道理と無理が入り交じるディスクブレーキ事情

バッテリー上がりは結果であり原因ではない

 

お知らせ|更新履歴