250ガンマの系譜

RG250/E(GT250/2)-since 1978-

RG250E

RG250というとやっぱりガンマを思い浮かべる人が多いと思うけど正式にはコッチ。しかもRG250は当時としては珍しく250専用設計のバイク。(当時の250は400のお下がりが当たり前だった)

これは(今の時代では想像付かないだろうけど)ロードレース車を意識させたバイク。
最初のRG250はスポークホイールで、二年後に出た上の写真のEはキャストホイールになっている。

当時やっとキャストホイールの国内認可が下りたばかりだったんだけどスズキは何処よりもいち早く取り入れた。スズキは昔から性能に貪欲だったんだね。

エンジン:空冷2サイクルパワーリードバルブ2気筒
排気量:247cc
最高出力:
30ps/8000rpm
最大トルク:
2.9kg-m/7000rpm
車両重量:126kg(乾)

系譜図

RG250/E 1978年
RG250/E(GT250/2)
RG250Γ 1983年
RG250Γ(GJ21A)
RG250Γ 1985年
RG250Γ(GJ21B)
VJ21 1988年
RGV250Γ/SP(VJ21A)
VJ22 1990年
RGV250Γ/SP/SP2(VJ22A)
VJ23 1996年
RGV-Γ250SP(VJ23A)

お知らせ|更新履歴