250ガンマの系譜

RG250/E
(GT250/2)
-since 1978-

1978RG250E

「みなぎるスポーツ感」

最初にRGの名を付けられたのはこのRG250/E。

一見すると名前くらいしか繋がりが無いように思えますが、実は結構繋がっています。

スポークホイールタイプが無印で、二年後に出されたキャストホイールを履いたタイプがRG250E。

今でこそ普通に見えるけど、スズキのWGPマシンだったRG(Racer of Grandprix)と同じ名が付いている通りバリバリのスポーツ250。

RG250Eカタログ写真

じゃあ何故これほど知名度が無いのかと言えば、この頃(70年代後半)は4st化の流れが巻き起こっており2stは時代遅れという風潮だったから。

しかしヤマハからRZ250が登場し、それまでが嘘のように2stスポーツが再び脚光を浴びる様になったわけです。

有名な話ですね・・・が、ちょっと待ってほしいんです。

RG250E

そんなRZ250は1980年、対してこのRG250はその二年前の1978年。

5馬力ほど低いものの、2st250スポーツとしてはRG250の方が先に出ている。

というかですね、このRG250にも先代にあたる1971年登場のGT250が、その前にあたる1965年にはT250が居ます。

T250

果ては1956年のコレダ250シリーズなどスズキは時代に関係なくずっと2st250スポーツを造り続けていました。

しかもRG250は当時としては非常に珍しい250専用フレームに加え、認可が下りたばかりのキャストホイールをいち早く採用するというガンマに通ずるコンセプトを持っていた。

スズキRG250E

なのにうんともすんとも言わず誰も覚えていない。

これが何故かといえば当時は

「スズキ車はオジサン臭い」

と捉える人が多かったからですね。

 

まあこの問題があったからこそKATANAが生まれたわけですが、実はこのスズキ2st250スポーツの歴史はガンマ誕生にも一役買っているんです。

というもガンマを始めとした数々の名車を生み出してきた横内さんがスズキに入社した理由が、子供の頃にコレダ250TTの圧倒的な速さを目の当たりにしたことだから。

コレダ250TT

走って追いかけてオーナーにスズキのバイクである事を聞き、スズキに入社する事を決意されたんです。

もしもスズキが2st250スポーツを造っていなかったらWGPチャンピオンになることも、カタナやガンマが生まれる事も無かったかも。

 

エンジン:空冷2サイクル並列2気筒
排気量:247cc
最高出力:
30ps/8000rpm
最大トルク:
2.9kg-m/7000rpm
車両重量:126kg(乾)

系譜図

RG250/E 1978年
RG250/E
(GT250/2)
RG250Γ 1983年
RG250Γ
(GJ21A)
RG250Γ 1985年
RG250Γ
(GJ21B)
VJ21 1988年
RGV250Γ/SP/SP2
(VJ21A)
VJ21 1988年
WOLF
(VJ21A)
VJ22 1990年
RGV250Γ/SP/SP2
(VJ22A)
VJ23 1996年
RGV-Γ250SP
(VJ23A)

お知らせ|更新履歴