250ガンマの系譜

RG250Γ(GJ21B)-since 1985-

RG250GAMMA後期

外見も中身も大幅に変更された後期。後期というよりRG最終と言った方がいいかな。

キャスター・トレール角の見直し、フロントサスにはプリロード調整機能を設け、リアにはE-フルフローターサスペンションを搭載。
更に排気系にSAEC(Suzuki Automatic Exhaust Control)を採用する事でパワー特性の熟成をした。

当然ながら鬼のような速さを持ち向かう所敵なし状態だった250ガンマだけど、実はこの頃がガンマのピーク。

85年末に鬼のような速さを持つガンマよりも速い悪魔のような速さを持ったTZR250(1KT)が登場したから・・・と思ったら、翌86年には悪魔のような速さを持つTZRよりも速い神のような速さを持ったNSR250R(MC16)が登場したから。

NSR250R-TZR250

こうなると鬼のような速さ「しか」持たないガンマへの関心が無くなるのは仕方のない事。

最終の87年にはアンチノーズ機構が省かれ、Fディスク大径化&リアタイヤのワイドリム化がされたんだけど、巷はNSRとTZRに夢中で気にも留めなかった。

エンジン:水冷2サイクルパワーリードバルブ2気筒
排気量:247cc
最高出力:
45ps/8500rpm
最大トルク:
3.8kg-m/8000rpm
車両重量:131kg(乾)

系譜図

RG250/E 1978年
RG250/E(GT250/2)
RG250Γ 1983年
RG250Γ(GJ21A)
RG250Γ 1985年
RG250Γ(GJ21B)
VJ21 1988年
RGV250Γ/SP(VJ21A)
VJ22 1990年
RGV250Γ/SP/SP2(VJ22A)
VJ23 1996年
RGV-Γ250SP(VJ23A)

お知らせ|更新履歴