250ガンマの系譜

RGV-Γ250SP
(VJ23A)
-since 1996-

RGV-Γ250

「RACING CONCEPT 70°V」

40馬力規制を機にブームの終焉を迎えていた中でスズキだけはまさかの、本当にまさかのフルモデルチェンジ。

延命のモデルチェンジじゃないですよ、本当に何もかも新しく造り直された正真正銘のフルモデルチェンジ。

 

社名がワークスマシンのRGV-Γ250と同じになった通り
・アンダーチューブを廃した新設計ツインチューブフレーム
・着脱式セルスターター
・新デザインのカウル
・特許問題を回避した新スイングアーム
・クラス初のラムエアシステム
などなど、そして何よりマスの集中化とホイールベースの短縮に貢献する新開発70°V型エンジン。

VJ23A

何もかもワークスマシン直系な造りとなっています。

でもですね・・・もうこの頃っていうのは最初にも言ったようにレーサーレプリカブームも去っていたので、何処もカラーチェンジくらいでお茶を濁す程度だった。

スズキ自身もGP250レースに参戦こそすれど開発は休止状態。

ラッキーストライクカラー

そんな風前の灯火の中でワークスマシンと瓜二つの様という贅沢なレーサーレプリカ。

エンジン設計の山口さん曰く

「開発中は道楽だと社内からも陰口を叩かれた」

と言われる始末。

 

では何故こんなレーサーレプリカを最後の最後で出してきたのかと言うとワークスマシンRGV-Γ250にあります。

ワークスマシンの開発目的が

「ストリートの為に造るワークスマシン」

だったからです。

 

これ本当に面白い話。

普通ワークスマシンはレースに勝つ事が主体であり、レーサーレプリカはそのおこぼれにあやかる立場。

それがスズキは逆だったんです。

レーサーレプリカつまりストリートのΓが主体であり、その為にワークスのΓがあるという考え。

VJ23Aと沼田選手

だからこそ94-95年と全日本GP250二連覇マシンであるRGV-Γ250の市販化は必然だったという事。

 

これについては車名も大いに関係していると思います。

何度か説明していますが『Γ(ガンマ)』は栄光を意味する名。

この言葉が初めて付けられたのは1981年のWGP500マシンRGΓから。命名したのはそんなRGΓ、そしてRG250Γの生みの親でもある横内さん。

RGγ

しかしこの”Γ(栄光)”という名を選んだ理由にはもう少し深い意味があります。

それは1977年以来遠ざかっていたレースに復帰する以上は

「チャンピオンという栄光を取り戻す」

という意気込みが込めれられているです。

つまり『Γ(ガンマ)』という名の意味は”栄光ある名”ではない。

RV23Aカタログ写真

『栄光を取り戻す名』

という事。

最後の最後で実を捨て名を取る様なモデルチェンジをしたのは、それと同じ意味を持つ”Γ”という名のバイクだったからでしょう。

 

エンジン:水冷2サイクルV型2気筒
排気量:249cc
最高出力:
40ps/9500rpm
最大トルク:
3.9kg-m/8000rpm
車両重量:134kg(乾)

【関連車種】

NSR250Rの系譜
TZR250の系譜/p>

系譜図

RG250/E 1978年
RG250/E
(GT250/2)
RG250Γ 1983年
RG250Γ
(GJ21A)
RG250Γ 1985年
RG250Γ
(GJ21B)
VJ21 1988年
RGV250Γ/SP/SP2
(VJ21A)
VJ21 1988年
WOLF
(VJ21A)
VJ22 1990年
RGV250Γ/SP/SP2
(VJ22A)
VJ23 1996年
RGV-Γ250SP
(VJ23A)

お知らせ|更新履歴