NSR250の系譜

MVX250F(MC09) -since 1983-

MC09

ホンダが「対RZ」として送り出したMVX250F

当時は「4stのホンダ、2stのヤマハ」と言われてた通りホンダは4stに拘っていたし時代も4stに傾いていたんだけど、ヤマハがRZ250を出したことで2st熱が再び高まった。

更に時代はHY戦争(ホンダとヤマハの泥沼商戦)真っ只中で指をくわえて見ているだけにもいかず結果として4stスポーツとして人気を博していたVT250Fベースの2stスポーツMVX250Fを出すこととなった。

MC09

スポーツ性を強調するため「NS500のフィードバック」を大々的に謳った市販車初のV3エンジンを搭載し250ccクラス初の40馬力を発揮。

これだけ聞くと売れたんだろうなと思われるかもしれないけど、一部では「ホンダ史上最大の失敗作」と言われるほど人気が無かった。

いや人気がなかったというよりRZ250に対抗するために急ごしらえしたからか、4stのVT250Fベースで無理が祟ったのか定かじゃないけど、とにかく問題が多かった。

MVX250Fカタログ写真

飛び散りまくるオイルに目詰り、そして最後は焼き付き。V3のチャンバーレイアウトもよろしく無くバッテリーなど他の部品を焼く始末。

慣らし専用オイルを用意したり年次を待たずに改良をしたりとあの手この手はしたんだけどRZ250RやRG250Γの前に太刀打ち出来なかった。

でも流石に新造したエンジンを一年でポイできるわけもなくNS400Rへと転生しました。

エンジン:水冷2サイクルピストンリードバルブV型三気筒
排気量:249cc
最高出力:
40ps/9000rpm
最大トルク:
3.2kg-m/8500rpm
車両重量:138kg (乾)

系譜図

MVX250F 1983年
MVX250F(MC09)
NS250R/F 1984年
NS250R/F(MC11)
MC16 1986年
NSR250R(MC16)
MC18 1987年
NSR250R/SP(MC18)
MC21 1990年
NSR250R/SE/SP(MC21)
MC28 1993年
NSR250R/SE/SP(MC28)

お知らせ|更新履歴