NSR250の系譜

NSR250R(MC16) -since 1986-

MC16

TZRの登場で再び大きく溝を開けられたホンダが打倒TZRを掲げ、レーサーであるRS250R(NSR250)と共同開発により作り上げたマシン。

クランクケースリードバルブVツインに目の字断面アルミフレームと、造りはレーサーレプリカというよりレーサーそのまま。

MC16カタログ写真

下の写真はNSR250RとRS250Rの元となったワークスレーサーのRS250RW。
RS250Rが姉妹車だとしたらコチラはお父さん的な存在。作りは流石にワークスレーサーだけあって全然違うけどね。

RS250R-W

打倒TZRを掲げただけあってTZRより速く軽く扱いやすいという完璧な仕上がりで、それまでの苦戦が嘘のように盛り返した。

それはもう大ヒットという言葉では片付けられない位の大ヒットで、NSR250Rが発売されてからはレーサーレプリカを見たら十中八九はNSR250Rと言えるほどだった。

1986NSR250R

いつの時代も一番人気はホンダですね。まあそれだけの造りだから当然といえば当然だけど。

エンジン:水冷2サイクルケースリードバルブV型二気筒
排気量:249cc
最高出力:45ps/9500rpm
最大トルク:3.6kg-m/8500rpm
車両重量:125kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

MVX250F 1983年
MVX250F(MC09)
NS250R/F 1984年
NS250R/F(MC11)
MC16 1986年
NSR250R(MC16)
MC18 1987年
NSR250R/SP(MC18)
MC21 1990年
NSR250R/SE/SP(MC21)
MC28 1993年
NSR250R/SE/SP(MC28)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ