NSR250の系譜

NSR250R/SE/SP(MC28) -since 1993-

MC28

最終型となるMC28は何と言ってもプロアームとプロリンク、そしてPGMメモリーカードが最大の特徴。
姉妹車であるレーサーのRS250Rが一足先にプロアーム化しててそれに追い付いた形だね。

プロアーム

そもそも何でヘの字に曲がったガルアームやプロアームになったのかというとチャンバーのため。
チャンバーというのは排気ガスを反転させて燃調室に封をする目的のための膨張室の事でコレがないと性能が出ない。「チャンバーの大きさは性能に比例する」という格言まであるほど。

チャンバー

この途中でプックリ膨らんでる黒い部分がそう。

結構スペースを取る上にレイアウトの自由度が低いうえにバンク角や重心に影響する。そこでメーカーが考えだしたのがアームを湾曲させたガルアームやプロアーム。

そしてレーサーレプリカ層の心を射止めたもう一つの装備がPGMメモリーカード。

PGMカードリーダー

キーではなくカードという忘れていた子供心を燻るニクいアイテム。更に別売りのHRCカードを挿せば無敵のフルパワーになる。

ホンダはこの持てる技術を全て投入したMC28へのフルモデルチェンジを最後にレーサーレプリカの系譜を終わらせることになりました。

 

余談ですが最後に・・・・もしNSR250Rに興味を持ち買いたいと思った方が居たら困るので釘を差しておきますが

「NSRはもう純正部品が出ません」

メーカーのリペアパーツ最低保有期間は8~10年です。
勘違いされがちですが、これは10年は作り続けるというわけではありません。10年は供給出来るように10年分を一気に作ってストックしておくのです。

HONDA純正部品

少し前まで部品の永久保証を謳っていたホンダが何故10年で部品打ち切りという手のひら返しをしたのかというと、国が金型(部品を作る為の機械)に税金を掛けるようにしたため。 よくこの事で何故かホンダだけ叩かれる傾向がありますが、これはヤマハもスズキもカワサキも同じです。TZRもガンマも既に欠品の部品があります。

話を戻して先に言った通り部品が欠品、厳密に言うとよく壊れる部品が枯渇しありません。NSRで言えばレギュレーターやCDIやクランク周り等。だから中古部品は激しい争奪戦で車体の相場が下がっている反面パーツ代が跳ね上がってる。

ホンダも鬼ではなく一度再販したのですがそれすら争奪戦。この最終型のMC28も欠品が出始めていると聞きます。初期型のMC16やMC18は既にNGで「故障=廃車」な状態。
それでも社外品や修理、流用などあの手この手で維持できているオーナー達もいます。

MC28-SP

つまり何が言いたいかというと「それでも乗りたいと思う情熱があるなら何とかなる」ということです。

※追伸

2017年に再び一部の欠品部品の再生産を行った模様です。

エンジン:水冷2サイクルケースリードバルブV型二気筒
排気量:249cc
最高出力:
40ps/8500rpm
最大トルク:
3.3kg-m/8500rpm
車両重量:134/138/137kg(乾)

【関連車種】

TZR250の系譜
250Γの系譜
KR-1の系譜

系譜図

MVX250F 1983年
MVX250F(MC09)
NS250R/F 1984年
NS250R/F(MC11)
MC16 1986年
NSR250R(MC16)
MC18 1987年
NSR250R/SP(MC18)
MC21 1990年
NSR250R/SE/SP(MC21)
MC28 1993年
NSR250R/SE/SP(MC28)

お知らせ|更新履歴