Ninja250の系譜

Ninja250SL(BX250A) -since 2015-

ニンジャ250SL

「シンプルでレーシーなピュアスポーツ」

Ninja250と併売して売られる事になったNinja250SL。SLというのはコンセプトであるスーパーライト(SUPER LIGHT)から取ってる。

エンジンは気筒数がツインからシングルになったのを見れば分かる通りで、Ninja250のものではなくKLX250(D-TRACKER X)のエンジンを積んでるから名前こそNinja250だけどNinja250とは全く異なる造りをしているNinja250SL。

Ninja250SL後ろ

Ninja250よりも20kg以上軽い149kgなうえに、10万円以上も安いっていう。

恐らく安いことから多くの人が

「シングルエンジンの廉価版ニンジャ250」

と思ってるだろうけど、そうじゃないですよ。

安いことに違いはないですがスーパーライトというだけあって

「軽い」「スリム」「コンパクト」

という開発目標の為にアレコレやってます。

Ninja250SL内部

 

その中でも特筆したいのはフレーム。わざわざトラスフレームを専用に作ってる。更にその上に載るタンクやカウルも極限まで絞ってるから125かと思うほど細い。

同じNinja250と並べてみても明らかに細い。Ninja250Sl上から

それに加えて二気筒Ninja250よりもポジションが前傾でサスも結構硬く、こう見えて足つき良くない。多分、昨今の250のフルカウルシリーズの中では一番ポジションがキツいんじゃないかな。

だからNinja250のシングルバージョンと言えばそうなんだけど、二気筒のNinja250が初級者向けというかエントリーモデルとするならSLは結構上級者向け。

上級者向けっていうか、ブン回したり振り回したり、とにかくスポーツ走行を楽しむ事に主観をおいてる感じ。だから逆に言うと長距離系などのオールマイティさは二気筒に比べてちょっと苦手。

ニンジャ250SL

良くも悪くも街乗りだろうが何だろうがバイクにムチ打ちながら全力疾走なバイクなSL。既に二気筒のNinja250があったからここまで思い切った事が出来たんだろうね。

カワサキ自身はオールマイティにエントリーからベテランまでとかセールストーク使ってるけど・・・いやいや。作った人は尖らせる事を優先してオールマイティさはあんま考えてないと思う。

 

でも一つ思うのはコレこそZ250でも出すべきだろって思うんだけど、なんでか日本ではZ250のシングルバージョンであるZ250SLは同時発売とはならなかった。逆に北欧なんかではNinja250SLは売らず。

もともと東南アジア向けモデルだったから生産流通の都合なんだろうか。

エンジン:水冷4サイクルDOHC単気筒
排気量:249cc
最高出力:29ps/8200rpm
最大トルク:2.2kg-m/8200rpm
車両重量:149kg(装)

ページ上に戻る次のモデルへ>>

系譜図

Z250FT 1979年
Z250FT(KZ250A)
GPZ250BeltDrive 1983年
GPz250BeltDrive
(EX250C)
GPZ250R 1986年
GPZ250R(EX250E)
gpx250r

1988年
GPX250R/R2(EX250E)

ZZR250前期

1990年
ZZR250前期(EX250H)

ZZR250後期

2002年
ZZR250後期(EX250H)

Ninja250R

2008年
Ninja250R(EX250K)

newNinja250

2013年
Ninja250(EX250L)

Z250

2013年
Z250(ER250C)

ニンジャ250SL

2015年
Ninja250SL(BX250A)

Z250SL

2016年
Z250SL(BR250E)

お知らせ|更新履歴