Ninja250の系譜

250CS
(BR250A)
-since 1985-

250CS

「新感覚SINGLE」

1985年にZ250FSの後釜として登場した250CS。CS250と呼ばれたりしますが正しくは250CS。ちなみにCSはCASUAL SPORT(カジュアルスポーツ)から。

250CSサイド

オーソドックスなダブルクレードルフレームにシングルエンジンという一見するとそれまでと同じ流れの様に思えるけど、Zの名を捨てた通り普通じゃない。

初の水冷トレールとして登場したKR250Rのものをベースに、ビッグキャブを積み、高回転寄りにすることで6馬力アップの34馬力と歴代単気筒でもトップクラスの馬力に。

振動を完全に消す二軸バランサーまで積んでおいて34馬力という俄には信じ難い数値ですが、このおかげでまるでマルチエンジンのようにヒュンヒュン吹け上がり、低回転が眠いという単気筒らしかぬ特性に。

250CSカタログ

フロントホイールも18インチから一気に16インチとなった事から、とてつもないヒラヒラ感。

 

ここまでやっておいてリアがユニトラックではなくツインサスなのは当時レトロ感を持ったライトウェイトシングルが少し流行っていたから。

だからカワサキも34馬力/118kg(乾)というカジュアルさの欠片もないスペックを引き下げつつも、ツインショックやステム脇のカバーといったオシャレなパーツを散りばめたというわけ・・・けどまあ誰も知らない通り見事なまでに売れませんでした。

250CS表紙

出すのが遅かった事も大きいんですが、まあカジュアルさが足りなかったというか、カジュアルな走りをするバイクじゃないというか・・・。

主要諸元

全長/幅/高 1970/700/1025mm
シート高 750mm
車軸距離 1340mm
車体重量 118kg(乾)
燃料消費率 57.0km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 12.0L
エンジン 水冷4サイクルOHC単気筒
総排気量 248cc
最高出力 34ps/10000rpm
最高トルク 2.5kg-m/9000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前90/90-16(48S)
後110/80-18(58S)
バッテリー YB9L-B
プラグ DP9EA-9
推奨オイル カワサキ純正オイル
オイル容量 -
スプロケ -
チェーン -
車体価格 389,000円(税別)

系譜図

Z200

1977年
Z200
(KZ200A)

Z250FS

1980年
Z250LTD/FS
(KZ250LTD/C)

250CS

1985年
250CS
(BR250A)

Z250SL/ニンジャ250SL

2015年
Z250SL
(BR250E)
Ninja250SL
(BX250A)