バイクトリビア

”単車”と呼ばれる様になった由来

単車と呼ぶゆわれ

よくバイクを「単車」と言う人が居ますよね。

バイクを”単車”と呼ばない人でも「単車」と言われればバイクを指してる事だと理解します。

でもなんで単車なんでしょう?

タイヤは2つ付いてるのに単車、同じタイヤ2つの自転車は単車と呼ばない・・・何故?

 

調べてみたらちゃんと由来がありました。

もしかしたら暴走族的なイメージを持っている人もいるかもしれませんがそれは違いますよ。

 

時代は遡ること終戦後1950年前後の頃。

この頃はみな貧しく、GHQの生産規制もあって車なんてものは持っていませんでした。

そこで庶民の足として親しまれ活躍したのがサイドカー付きオートバイ。

側車付きオートバイ

車ほどでは無いにしろ荷物を側車に載せる事が出来る利便性から広く普及しました。

そしてサイドカーの方を"側車"、バイクの方は"本車"と呼び、両方合わせて初めてオートバイと言われるまでに。

 

しかし時代が進み軽自動車が出始めると荷物を運べるという側車付きのメリットは薄れ使われなくなっていきました。

するともう側車は必要ないので側車を外し、移動手段として本車だけで走る人が増え始めます。

その”側車の付いてない本車”の呼び名が「単車」だったんです。

これが単車と呼ばれる所以だと言われています。

 

今では側車付きの方が珍しいですが、当時の人から言わせると

そこら辺を走ってるのはオートバイではなく「単車」なんですね。

参照:JAMA

 

【関連ページ】

知ってそうで知らないガソリンの色

マンホールがあんな位置にある理由

BMWのロゴはプロペラが由来ではない

 

お知らせ|更新履歴