GSR250の系譜

GSX250R(DN11A)-since 2017-

GSX250R

開発コンセプト「アーバンストリート」

スズキから発売されたGSX250R。GSR250シリーズとは併売という形を取るようですね。

最初に見た時はGSR250にSSルックなカウルを被せただけかと思ったけど、結構色々と変更されたようで。

レイヤードカウルやヘッドライト(ポジションとテールはLED)、セパレートハンドルとシートなどを見ても分かる通りGSXシリーズの流れを汲んでいて中々スポーティですね。

GSX250R

ポジションもGSRに比べると結構前傾しています。まあこれはFがかなりアップライトなのもあるけど。

 

メーターも結構頑張ってます。

GSX250Rメーター

ギアポジ、シフトインジケーター、オイルチェンジ、燃費計、時計といったかなり多機能なフルデジタルメーター。

足回りも専用フロントフォークに7段階調整式リヤサスにペタルディスク。そして巡航500kmを可能とした15Lのガソリンタンク。

GSX250Rマフラー

アレコレ変更してマフラーを一本出しに変更してセンタースタンドも取っ払ったおかげでGSR250F比で-11kgという大減量。なのに車体価格はFに+1万円ちょっととかなり抑えてる。

正直GSR250F買った人が少し気の毒にもなる。まあ快適性や長距離などのツアラー性能はアッチのほうが上だけどね。

 

カタログ的な事はこれくらいでいいでしょうか・・・というのも個人的に掘り下げたい所があります。

それはエンジンというかエンジンスペック。

GSX250Rメーターまわり

GSX250RはGSR250のエンジンベースとはいえ手が加えられています。ローラーロッカーアームにシリンダーやピストンリングの見直しでGSR250が24馬力なのに対しGSX250Rは・・・24馬力。

これらの変更はフリクションロス軽減による燃費改善が狙いの改良で馬力を上げるためではないです。

ただそのことから

「何も変わってないじゃん」とか「全然スポーツじゃなくてガッカリ」

という声が多く聞こえてきて、コレは書かねばと思ったわけです。

GSX250Rエンジン

確かに自分の中で欲しいバイク像が定まっていてGSX250Rはストライクゾーンから外れているというのは分かります。

でもそうじゃない人、例えばこのGSX250Rのメインターゲットであるバイクデビューを考えてるエントリー層や、まだ右も左もよく分からないビギナー層ならこれを機に少しだけ学んで欲しいことがあります。それは

 

「必ずしも馬力が高い方が速いとは限らない」

 

ということです。なるべく噛み砕いて説明したいと思います。

GSX250Rフロントとリア

GSR250もそうですがGSX250Rはロングストロークエンジンで低速トルク、下を太らせたバイクです・・・トルクって耳にした事くらいはあると思います。

「トルクがある」とか「下がスカスカ」とかよく言われますよね。このサイトでも言ってます。

GSX250Rデザインスケッチ

凄くザックリ言うと、本領発揮する回転数を上に持っていけば持っていくほど馬力は上がり、逆に下に持っていくほど馬力が下がるのがエンジンの宿命です。

じゃあ上に持っていけば良いのではないかと思うのですが、上(高回転)にピークを持っていくと下(低回転でのトルク)が犠牲になってしまう。もちろん下にピークを持っていくと上が犠牲(回らない)になります。

これはボアストローク比(燃焼室の)が大きく関係していて馬力は回転数で稼ぐのが基本だからなんですが・・・バイク豆知識「ロングストロークとショートストロークの違い」をどうぞ

 

要するにGSX250Rはエンジンのピークが下にあるから24馬力とお世辞にも高いと言えない数値なんだけど、その分8,000rpm(回転)という低い回転数でピークパワーを発生させる。

だからプレスリリースでも言われていましたが、8000rpmまでは24馬力しかないGSX250Rの方がそれを上回る馬力を持ったライバルの250よりも速いんです。

GSX250R広告

「スポーツバイクは馬力!低速トルクなんて要らない!」

という考えも痛いほど分かります。が、少し待たれよ・・・です。

GSXシリーズの長でありスズキのフラッグシップモデルでもあるGSX-R1000というバイクがあります。

GSXR1000

レースを走る為に生まれたようなマシンで怪物的なスペックと速さを持っていますが、怖そうで難しそうな見た目に反してこのバイクは歴代すべて乗りやすい性格とか、初心者が乗って一番速く走れるバイクとか言われたりします。

そう言われる最大の理由は

「SSなのに低速トルクがあるから」

です。

 

一昔前の四気筒250のバイクなどは15000rpm前後で45馬力を発生させる物でした。コレはコレで楽しいのですが、こういうバイクは12000rpm辺りから怒涛の加速をする反面、それ以下の回転数では45馬力とは思えないほど遅いんです。

コーナーでも最適なギアチェンやブリッピングをして高い回転数をキープできる上手い人なら速く走れるけど、それが出来ないというか出来なくて当たり前な普通の人が乗ると美味しい部分を維持出来ないから凄く遅い。安定して発揮できるのは高速道路くらいでしょう。

対して低速トルクがあるエンジンだと、回転数が落ちていようがトルクに物を言わせた力技でグイグイ失速することなく走れちゃう。だから速い。

GSX250R全色

GSX250Rが24馬力しかない事はベースがロングストロークのGSR250の物だからというのもありますが、注目したいのはGSX250Rはソコから更に下を太らせたということ。

これはエンジニアの福留さんも言われてましたが、高馬力か低速トルクかを開発で試した結果やっぱり低速トルクだという結論に至ったから。

 

これはスズキのスポーツブランドであるGSXにおける考えとして

GSX250Rバナー

"低速トルクこそが速さに繋がる"

という考えの表れでもある。

GSX250Rサイド

もちろん高回転型の高馬力バイクが悪で、低速トルク型の低馬力バイクが善と言いたいわけではありません。

250ccという限られた排気量において低速トルクと高馬力は両立せず、それぞれ一長一短なんだよって事を理解して欲しいということです。

エンジン:水冷4サイクルSOHC並列2気筒
排気量:248cc
最高出力:
24ps/8000rpm
最大トルク:
2.2kg-m/6500rpm
車両重量:178kg(装)

【関連車種】

CBR250/CB250の系譜
YZF-R25/3の系譜
Ninja250/Z250の系譜

系譜図

GSX250E 1980年
GSX250E(GJ51B)
GSX250T/L 1981年
GSX250L/T(GJ51B/E)
GSX250Eカタナ 1982年
GSX250E KATANA(GJ51B)
INAZUMA250 2012年
GSR250(GJ55D)
GSR250s 2014年
GSR250/S/F(GJ55D)
GSX250R 2017年
GSX250R(DN11A)

お知らせ|更新履歴