繋がっているKとK

フライングK

バイク乗りでKと聞けばKAWASAKIですね。

しかしIT業界でKといえばといえば筐体数864台、CPU9万個を並列に連結しているスーパーコンピューター京。

スーパーコンピューター京

1秒間に1京回の計算をする事から

「京(K computer)」

と名付けられました。

家庭用のハイスペックパソコンで200年以上かかる計算を1日でやってのけるんだとか。

そんな京がカワサキとどう繋がるのかって話ですが、スーパーコンピューターという事で計算速度はもちろん消費電力も桁違い。

京はフルロードさせると最大で約1万3000kwも必要になる。約4,500世帯分の電力。

そんな膨大な電力の半分は関西電力から、そしてもう半分を担っているのが実は川崎重工のガスタービンなんです。

PUC60

6000kW級の発電機を二つ。

節電と片方が切れても大丈夫なようにこうしてるわけですが、凄いのはそれだけじゃない。このガスタービン、UPS(無停電電源装置)も備えているんです。

万が一、何らかの理由で電力が届かなくなってもカワサキのガスタービンがフル稼働して保護。最悪の場合このガスタービンだけで運用できる様に備えているというわけ。

「バイク関係ないじゃん」

と痛いところを突かれそうですが、実はそうでもないようなんです。

スーパーコンピューター京は2012年から共用運用、つまり

「本当に京の力が必要なら公募してね」

という感じ。何処の誰でも使えるわけではありません。

そんな中で京の発電部を担ったコネを活かしたのか、川崎重工は見事に選定。

そこでカワサキが京を使って何をしたかというと

「タービンの気流解析」

です。

究極の空気圧縮機を目指し、通常の何倍もの速さで仕事を熟す京を使ってシミュレーションしている。

羽といえば・・・そう、2016年に登場した市販車初のスーパーチャージャーバイクH2。

これに使われているタービンはもちろん内製、川崎重工業ガスタービン事業部によるもの。

H2の中にはスーパーコンピューター京の力も含まれているというわけ。まさにKKコンビですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です