系譜の外側

PS250
(MF09)
-since 2004-

PS250

「PICKUP SCOOTER」

ブームというのものが訪れるとユーザーのみならずメーカーも躍起になり、結果として一風変わったモデルが誕生するのが世の常。それは2000年頃から訪れたビッグスクーターブームも例外ではありませんでした。

ビッグスクーターが利便性を備えつつ

「如何に街に溶け込むスタイリッシュなエアロフォルムを作れるか」

を競っていた2004年に突如として登場したPS250/MF09型。初代FORZAのパワーユニットから派生モデル。

MF09

「ラフ・タフ・ブコツ」

というブームに乗っているのか逆らっているのかよく分からないコンセプトのビッグスクーター。

剥き出しな黄色いフレームに21世紀にもなって角目。スタイリッシュのスの字も、エアロフォルムのエの字もなく街に全く溶け込まないデザイン。

CAT

重機メーカーCATのラインナップに並んでいても全く違和感がない無骨さでした。

 

もちろん何の脈絡も無くこんなCATみたいなバイクを出したわけではありません。これには元ネタがあります。

モトラ

ホンダが1982年に出したレジャーバイクの一つであるモトラ。これのリボーンなわけです。

モトコンポとは二卵性双生児の様な関係(デザイナーはどちらも小泉さん)で、何にでも積める原付というコンセプトだったモトコンポに対し、モトラは何でも積めるヘビーデューティ原付。

モトラカタログ写真

『モト+トラック』でモトラ。

モトコンポに負けず劣らず・・・とまではいきませんが、当時の不人気っぷりが嘘のように今では人気でプレミアが付いてるレジャーバイク。

ってモトラの紹介になってますね。

PS250前期カタログ写真

要するに250となって帰ってきたのがPS250というわけですが、これがまあビックリするほど不人気だった。

「さすがに21世紀にもなって角目はないだろ」

という意見が多かったのか、わずか一年半で丸目二眼へマイナーチェンジ。

PS250後期

スカチューン風で若者を中心に人気だったズーマーにあやかる形になり

「ズーマーの親玉」

とか言われるようになりました。

PS250アクセサリー

しかしそれでも持ち直す事は出来ず2007年をもって生産終了というブームカテゴリにあるまじき短命さに終わってしまった。

これは無理もない話で、そもそもビッグスクーターブームというのは

『バイク界のセダン』

という立ち位置がウケて人気になったわけです。

そんな中で、泥が似合いそうでメットインすら備えていないビッグスクーターが人気出るワケがない。

もちろんメットインを設けなかったのには理由があります。

PS250積載

PS250はとにかく積載にリソースを全部注いでいるんです。

だからすぐシートが閉まらなくなるメットインなんて軟派なものは設けず、本当に荷物を積むため低床にしてキャリアデッキを設けた。

PS250積載箇所

更にフロントにもキャリアスペースを設け、車体右側後部にはラゲッジスペースまである。

濡れたら困るというなら箱を、それも前後に付ける事も出来た。

PS250アクセサリー

「良いバイクじゃん、不人気だったなんて信じられない」

と思うでしょう・・・実はPS250は今では大人気なんです。

生産終了となった直後から

「こんなバイク他にない」

として人気が急上昇。

さらにここ最近のアウトドアブームで価格が青天井状態になっています。

あれだけ世間を賑わせた同世代のビッグスクーターが今では二束三文なのに対し、PS250だけは状態の良いものは80万円とプレミア価格になっている。

PS250後期カタログ写真

『ブームが終わってブームが来る』

というコンセプトだけでなく歴史までモトラを再現する事となってしまいました。

 

エンジン:水冷4サイクルOHC二気筒
排気量:249cc
最高出力:19ps/7000rpm
最大トルク:2.1kg-m/5500rpm
車両重量:171kg(装)

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01
(RC55)

gts1000

対BMW秘密兵器 オメガモルフォ
GTS1000/S
(4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S
(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったZ
XANTHUS
(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM
(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG
(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING
(GX71A)

ZR750F/H

国内で唯一理解されなかった空冷Z
ZR-7/S
(ZR750F)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000
(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750
(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG
(LA41A)

Z1300

バイクにとっての直列6気筒
Z1300
(KZ1300A/B)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02
(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750
(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400
(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo
(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR
(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850
(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS
(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS
(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R
(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R
(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ
(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50
(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50
(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL
(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110
(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN
(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125
(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4
(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM
(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR
(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S
(SC75)

YZF-R7

7と1でWE/R1
YZF-R7
(5FL)

バーグマンFCS

エコの裏で蠢くエゴ
BURGMAN FCS
(DR11A)

エリミネーター750/900

名は体を現す
ELIMINATOR750/900
(ZL750A/ZL900A)

モトコンポ

こう見えて宗一郎のお墨付き
MOTOCOMPO
(AB12)

TDR250

聖地突貫ダブルレプリカ
TDR250
(2YK)

グース

決めつけられたシングルの正解
Goose250/350
(NJ46A/NK42A)

Z650

小さく見えるか大きく見えるか
Z650
(KZ650B)

X4

単気筒×4
X4
(SC38)

SDR200

軽く見られた軽いやつ
SDR
(2TV)

チョイノリ

59,800円に込められた思い
choinori
(CZ41A)

ゼファー750

復刻ではなく集大成
ZEPHYR750/RS
(ZR750C/D)

PS250

モトラリピート
PS250
(MF09)

Vストローム250

二度ある事は三度ある
V-STROM250
(DS11A)

お知らせ|更新履歴