系譜の外側

DR-Z400S/SM(SK43A/SK44A) -since 2000-

SK43A

「GO TO THE TOP」

水冷400オフロードではスズキ唯一の車種となるDR-Z400S(SK43A)

このモデルは2stモトクロッサーRM250(写真下)の4st版というコンセプトで作られた経緯があります。

RM250

そしてもう一つ大事なのは保安部品やセルが無いエンデューロレーサーDR-Z400(写真下:DK42A)との共同開発だった事。

DR-Z400

単気筒ながら大口径バルブと鍛造ピストン&メッキシリンダーを採用し40馬力を発揮するマグネシウムカバーエンジンはもちろん、クロモリ鋼管製ダブルクレードルにアルミリアフレーム。

大径49mmで圧側14段・伸側18段調節可能な正立カートリッジタイプ、アルミガードにアルミペダル等などかなり豪華な作り。

DR-Z400S

モトクロッサーに保安部品を付けただけの様なバイクで、これだけの装備なのもあり当時の値段でも628,000円(税別)とかなり高め。

しかし単気筒で40馬力で乾燥重量129kgは当然ながら400最速クラス。売れないわけが・・・あるんですねコレが。

DR-Z400S公式フォト

DR-Z400Sは確かに突出して速かった。油断すると簡単にウィリーするほどのパワーを持っていました。

ただオフロードバイクだった事でオンロードユーザーは振り向かず、肝心のオフローダーも車検がある事や排気量からくる車格や重さを良しとしない人や手に余る人がほとんどだった。

レーシングポテンシャルDR-Z400S

ほぼモトクロッサーという事でタンクが10Lだったり、一部で三角木馬と揶揄されるほど固く薄く細いシートだったのも影響しているかもしれません。

ちなみにこれは足つきを考えて日本仕様はローシートが標準だった事から。

DR-Z400S後期

一方、オフロード大国でガタイがいいアメリカやオーストラリアの人はナンバー付きのモトクロッサーとして大歓迎。

向こうでは2017年時点でまだ継続販売されており、オーストラリアに至っては陸軍にも採用されるほど。

 

ちなみに日本では発売されていませんが、向こうでは緑バージョンも存在しました。

KLX400R

カワサキへOEM供給されたDR-Z400Sその名もKLX400。2002年から2年間ほど売っていた様です。

しかし驚くのはまだ早い。

これのお返しとして用意されたのがLT-Z400というバイク・・・じゃなくてATV。

LT-Z400

若干傾斜していますが何処からどう見てもDR-Z400のエンジンですね。

ちなみにこっちはカワサキバージョンのKFX400。

KFX400

GSX250FX/BALIUS2やD-TRACKER/250SBといった一時期やっていたOEM提携ですが、海外でもこういう事をやっていたわけです。

DR-Z400のエンジンがタフだと言われる事や、ヨシムラがフルチューンしたのも頷ける。

M450R

これがそのヨシムラが手掛けたスーパーモタード仕様のM450R。

限定13台で198.8万円(SPEC3)という超高級DR-Z400Sです。

 

話を戻すと・・・スーパーモタード、そして日本でDR-Z400といえば、2004年から発売されたDR-Z400SM(SK44A)の方でしょう。

DR-Z400SMカタログ

モトクロッサーRM用の大径倒立フォークに17インチスポークホイール。

スイングアームも専用のアルミ製という相も変わらず贅沢な仕様。

DR-Z400Sがピカイチな速さを持っていた事は誰もが知っていたので、そのオンロード仕様ということで東京モーターショーでのコンセプト出展から大好評。

販売面もDR-Z400Sとは打って変わってヒットしました。

 

DR-Z400S/SMはこう見えて結構色々と年次改良のような小変更が加わってます。

DR-Z400SMカタログ

非常にザックリ説明すると

・2001年に各種ガード追加と小変更

・2003年にはカムチェーンテンショナー見直し。

・2004年からはSスプロケやマフラー形状の変更

・2006年モデルではイグニッションスイッチやキーの変更&SMモデルはレンサルファットバーとアクスルスライダーを装備

・2007年モデルからはフューエルコックの負圧化

・2008年モデルをもって排ガス規制により生産終了

本当にザックリしてて申し訳ないです。まあここは系譜の外側なので。

DR-Z400SMz

これはブルーアルマイト加工されたホイールやハンドルバー、カシマコーティングされたフロントフォーク等を装備した限定300台の特別仕様DR-Z400SMzです。

 

言い忘れていましたがDR-Z400Sは水冷400オフロードとして、DR-Z400SMは400モタードとして国産車初のバイクです。

一体なぜ今の今まで存在しなかったかというと、モトクロスやスーパーモタードのレースでは250ccや450ccがレギュレーション(クラス上限)だから。

DR-Z400SMファイナル

上で紹介したM450Rが449cc化されているのもそのため。

要するに該当するクラスが無いから。だから現在進行形でほぼ存在しない。

 

これがDR-Z400S/SMの凄いこと。

DR-Z400S/SMはスペックが凄い。でも単にハイスペックなのが凄いわけではない。

DR-Z400SMファイナル

需要もクラスもライバルも存在しない状況にも関わらず、一切手を抜かずフルスペックで出てきた事が凄いんです。

だから、ある人はレース用の450ccモトクロッサーとの勝負に用い、またある人は排気量の規格がない無差別級なジムカーナでストリートファイター達との勝負に用いる。

それだけのポテンシャルを持っていたからこんな飛び級のような事が出来た。

 

じゃあ一体DR-Z400S/SMは何の規格に合わせたものなのかというと・・・一つだけある。

比較的容易に取得し乗る事が出来る

「普通自動二輪(400cc未満)」

というレギュレーション(クラス上限)です。

SK44A

普通二輪で乗れるチャンピオンイエローに恥じぬ公道最速クラスの市販車・・・そう考えるともう少し売れても良かった気がする。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC単気筒
排気量:398cc
最高出力:
40ps/7500rpm
最大トルク:
4.0kg-m/6500rpm
車両重量:141[145]kg(装)
※[]内はDR-Z400SM

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01(RC55)

gts1000

対BMW秘密兵器 オメガモルフォ
GTS1000/S(4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったネイキッド
XANTHUS(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING(GX71A)

ZR750F/H

国内で唯一理解されなかった空冷Z
ZR-7/S(ZR750F)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG(LA41A)

Z1300

バイクにとっての直列6気筒
Z1300(KZ1300A/B)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S(SC75)

お知らせ|更新履歴