系譜の外側|ZR-7

ZR-7/S
(ZR750F/H)
-since 1999-

ZR-7

「等身大のオールラウンダー」

タンクにKAWASAKIと入っていなかったらホンダと見間違えてしまいそうなほど小綺麗に纏まっているZR-7。

カタログ

でもエンジンを見てもらえると分かる通りZEPHYR750にも積まれている空冷DOHC直四エンジンなのでザッパーの系譜・・・って、Zならまだしもザッパーの系譜って言っても今の人は分からないでしょうから少し説明しましょう。

 

ザッパーというのは1976年に出たZ650フォアの事です。

Z650

これは誰もが知る750RS(Z2)の三年後に新しく作られたライトウェイトスポーツがコンセプトのZでZ2とは全く異なるバイク。スポーツ性の高さからZ2ほどではないにしろ人気が出ました。

そしてこのZ650で製作された新しいエンジンはその後スケールアップされZ750FX2に積まれ、その後もZ750系のエンジンとしてゼファー750まで続きます。

Z750FX

だからZ2マニアに言わせればZ2系は

750RS

Z750FOUR

Z750FX1

までっていう考えが多かったり・・・ってそんな話はどうでもいいですね。

要するに晩年のZ系を支えたのがこのザッパー系で、その最終型と言えるのがZR-7なんですが知名度の無さから言っても誰も覚えてませんし、誰もZだとは思わないでしょう。

テール

その理由はエアロフォルムであることとモノサス(ユニトラックサス)だからかと。

ちなみにテールカウルはユメタマでお馴染みZX-9Rの物を流用してます。

ユメタマC

ZとNINJAのコラボは水冷Zになる前の段階であったんですね。

他にもキャスター角を立ててハンドリングをクイックにし、マフラーも4-2-1から4-1に変更。

ZR-7ディティール

スロットルバルブもアクセルレスポンスをスムーズにさせるための遅角装置K-TRICを装備などなどの変更も加わっています。

つまりZR-7はザッパーエンジンの数を出すために

「何か新しいザッパー系を」

と考え、足回りを強化したスポーツ志向のゼファー750という立ち位置でZR-7を造った。

そして見事に失敗した・・・と、思うでしょう。でも実際は違います。

ゼファー750

実はゼファーというのは日本国内では絶大な人気がある一方、海外ではZの神通力はそれほど通用しない。

そこで登場するのがZR-7というわけ。つまりZR-7は足回りを強化したゼファー750というよりも海外向けゼファー、言ってしまえばグローバル版ザッパーなんです。

日本ではゼファー750の影に隠れてしまったのでハーフカウルの付いたZR-7S(ZR750H)が出ようと誰も興味を持ちませんでしたよね。ココらへんに日欧のバイク文化の違いが面白いほど鮮明に出ています。

ZR-7S

日本で人気が出なかった理由は上でも言ってますがザックリ纏めると

「所有欲が満たされないから」

でしょう。ブランドも性能も無いに等しい大型バイクですから。

ちなみにアメリカも似たようなもので某レビューサイトでも

「20年前のバイクかと思ったぜHAHAHA!」

とか酷い言われよう。

 

しかしコレが欧州だと評価が変わってくるわけです。

ZR750H

欧州ではこのミドルクラスが非常に人気があります。

これは保険料なども関係あるのですが、向こうの人達にとってバイクは日米と同じく嗜好品である以上に『生活の道具』でもあるからです。

向こうのバイク乗りというのは日本のようにレジャー一辺倒ではなく日常の足や休日のレジャーまで広く認知され広く使われる。

だからミドルクラスは何かと都合が良いベストマッチなクラスで非常に人気があるわけですが、それは同時に非常にシビアな目で見られる事でもある。

そういった文化圏の人間として、車と同じように日用品としてシビアな目でZR-7を見てみたらどうでしょうか。

zr7s

・成熟どころか枯れきってる空冷エンジン

・22Lも入るガソリンタンク

・走りのユニトラックサス

・使い勝手を考えたオーガニックスタイルスイッチ

・タンデムや積載にありがたいグラブバー

・66.5万円というコスパにカワサキらしからぬ素行の良さ

見事なまでに日用品としての要点を抑えたオールマイティに使える等身大のオールラウンダーに見えるのではないでしょうか。

カタログ

実際にコストパフォーマンスに優れるバイクとしてドイツだけでも約12000台と日本では考えられないほどの販売台数を記録しました。

全く同じバイクでも国によってここまで評価が別れるなんて面白いですよね。

日欧の違いはZR-7を

「日用品として見るか、嗜好品としてみるか」

の違いだけ。

ZR-7S

でもよく考えてみてください。

そもそもザッパーというのは『大型バイクらしさ』ではなく『ZAP!ZAP!』と軽快に風を切って走るというのが元々のコンセプト。

そう考えるとこのZR-7というのはまさにザッパーらしさ溢れるバイクと言えますよね・・・もう今さら言っても後の祭りですが。

 

ただ悲しかなこのZR-7は国内でも別の形で今も重宝され人気です。

「いやいや人気なかったでしょ」

と思いますが大事なのは『別の形で』という事。

何度も言いますがZR-7はザッパー系の最後でヘッドやカムチェーンやクラッチやスターターなどZ特有の持病とも言うべき各部が見直されている・・・。

ZR-7壁紙

もうお分かりと思います。

別の形というのはこれまで発売されてきたザッパー系から『延命&対策部品』として非常に重宝され人気なんです。このモデルに救われたザッパー系は多いでしょう。

バイクとしての需要は無いけど部品としての需要はあるバイク・・・いくら何でも不憫過ぎる。

 

エンジン:空冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:738cc
最高出力:
73ps/9500rpm
最大トルク:
6.3kg-m/7500rpm
車両重量:202kg(乾)

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01
(RC55)

gts1000

対BMW秘密兵器 オメガモルフォ
GTS1000/S
(4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S
(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったZ
XANTHUS
(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM
(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG
(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING
(GX71A)

ZR750F/H

死せるザッパー生ける仲間を走らす
ZR-7/S
(ZR750F/H)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000
(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750
(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG
(LA41A)

Z1300

バイクにとっての直列6気筒
Z1300
(KZ1300A/B)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02
(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750
(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400
(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo
(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR
(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850
(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS
(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS
(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R
(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R
(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ
(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50
(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50
(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL
(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110
(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN
(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125
(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4
(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM
(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR
(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S
(SC75)

YZF-R7

7と1でWE/R1
YZF-R7
(5FL)

バーグマンFCS

エコの裏で蠢くエゴ
BURGMAN FCS
(DR11A)

エリミネーター750/900

名は体を現す
ELIMINATOR750/900
(ZL750A/ZL900A)

モトコンポ

こう見えて宗一郎のお墨付き
MOTOCOMPO
(AB12)

TDR250

聖地突貫ダブルレプリカ
TDR250
(2YK)

グース

決めつけられたシングルの正解
Goose250/350
(NJ46A/NK42A)

Z650

小さく見えるか大きく見えるか
Z650
(KZ650B)

X4

単気筒×4
X4
(SC38)

SDR200

軽く見られた軽いやつ
SDR
(2TV)

チョイノリ

59,800円に込められた思い
choinori
(CZ41A)

ゼファー750

復刻ではなく集大成
ZEPHYR750/RS
(ZR750C/D)

PS250

モトラリピート
PS250
(MF09)

DT-1

冒険という感動創造
トレール250DT1
(214/233)

Vストローム250

二度ある事は三度ある
V-STROM250
(DS11A)

お知らせ|更新履歴