系譜の外側

YZF-R7
(5FL)
-since 1999-

5FL

「OW-02」

一年前に登場したYZF-R1にソックリな見た目のYZF-R7(5FL)

R1やR6と同じ開発責任者(三輪さん)、そして同じGENESIS思想のスーパースポーツということから、デルタボックスフレームに加え、主要三軸の三角形レイアウトによるエンジンのコンパクト化とロングスイングアーム化など作り(設計)も基本的にR1と似ています。

5FL

ただし、YZF-R7はR1と違い
・バックトルクリミッター(ヤマハ初)
・デュアルFI
・前後オーリンズ
・シングルシート仕様
・チタン製バルブ&コンロッド
・イモビライザー
などなどYZF-R1ですら最近になって採用された豪華装備の数々を10年以上も前の時点で装備。

そのため限定400台で約400万円という有り得ない高額さでした。

YZF-R7

これはYZF-R7は世界市販車レースに出場し勝つためだけに作られたホモローゲーションモデルだから。

ZX-7Rの系譜でも言いましたがこういうグループのバイク。

ライバル車

YZF-R7は捺印だけ押された空白の請求書を手渡され

「WSB(市販車レース)に勝てるバイクを作れ」

と言われた事が始まりとされています。

 

だからYZF-R7はトラック特化な造り。

ハンドルのキレ角も全然ないし、ポジションもかなりキツい。

YZF-R7ポジション

R1ですらキツめなのに、それを上回るキツさでシートもペラペラ。

そんな中でも特徴的なのが、外せと言わんばかりのフェンダーとオマケ程度のテールライト。

YZF-R7テール

フェンダーを外せばウィンカーはもちろんテールライトまでも一緒に取れる完全割り切り仕様。

 

ところでYZF-R7はリクエストを幾つか頂いたので書いてるんですが、全てが

「YZF-R7について教えてください」

という内容でした・・・至って普通なんだけど、それがYZF-R7となると少しニュアンスが変わってくる。

YZF-R7

「R1となにが違うの」

恐らくこうでしょう。

これの答えはいま説明してきた通りWSB(世界市販車レース)で勝つために作られたホモローゲーションマシン。

でもこれだけで終わっては面白くないのでもう少し掘り下げてみます。

「何故R7だけ影が薄いのか」

という事について。

R125|R25|R3|R6|R1

ヤマハのスーパースポーツバイクとしてどれも有名なのに、R7だけは今ひとつ影が薄く話題に上がる事が少ない。何故でしょう。

YZF-R7八耐仕様

「結局世界チャンピオンを取れなかったから」

という事があります・・・が、R7の場合ドラマがあったので必ずしもそうとは言い切れない。

YZF-R7ワークス

芳賀さんが乗るYZF-R7は2000年にホンダ(VTR1000SP)と熾烈な優勝争いをしました。

最終ラウンドまで決着がつかないほどのデッドヒートだったんですが、よりにもよって最終ラウンドで風邪薬だか漢方薬だかに含まれていた成分がドーピングとして失格。

YZF-R7HAGA

雌雄を決すること無く世界チャンピオンを逃してしまうという出来事となりました。だからレースには勝てなかったけど強いイメージは残っているわけです。

ちなみに芳賀さんは以降も優勝まであと一歩という状況が続いたことから無冠の帝王と呼ばれるまでになりました。

 

じゃあ何故R7はこれほどまでに影が薄いのかと言えば答えは一つでしょう。

YZF-R1

「YZF-R1が居たから」

ですよ。

998cc/150馬力で約100万円だったR1、一方でチューニング前提という事から749cc/106馬力で約400万円だったR7。

国際レースするわけも無い多くの人がR1の方を向くのは自然なこと。実際R1は見た目も性能も懐の広さも凄かったですからね。

YZF-R71リア

でもこれは決して不幸なことじゃないんです。

ストリート向けSSであるYZF-R1が居たからこそトラック向けSSなR7が出せたわけであり、トラック向けSSのR7を出すからこそ、ストリート向けSSのR1が存在できた。

デザインも基本設計も同じながらストリートとトラックという両極端な二車。どちらも欠ける事を許されないGENESIS思想の陰と陽みたいな関係ということ。

 

ただそんな関係の転機が訪れたのが2004年。

YZF-R7

R7の舞台だった世界レースのルールが750ccから1000ccへ変更された事で両車は一つに。

神さまと融合してパワーアップしたピッコロみたい・・・って言っても分からないか。

 

R7というナンバリングはこれを機に消えてしまいました。

YZF-R7

でもR7は今もYZF-R1のトラック面を担う半身としてあり続けている。

今のYZF-R1というバイクはR7が居た頃のR1とは違う。R7とR1の二つが一つになったのが今のYZF-R1。

そう考えると・・・ほら、R1と書いてあるのにR7とも読めてしまいませんか。

R1のロゴ

そしてR7と同じチタンコンロッドを採用し

「私達はR1」

と発したその言葉の意味は。

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:749cc
最高出力:
106ps/11000rpm
最大トルク:
7.4kg-m/9000rpm
車両重量:176kg(乾)

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01
(RC55)

gts1000

対BMW秘密兵器 オメガモルフォ
GTS1000/S
(4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S
(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったZ
XANTHUS
(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM
(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG
(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING
(GX71A)

ZR750F/H

国内で唯一理解されなかった空冷Z
ZR-7/S
(ZR750F)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000
(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750
(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG
(LA41A)

Z1300

バイクにとっての直列6気筒
Z1300
(KZ1300A/B)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02
(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750
(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400
(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo
(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR
(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850
(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS
(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS
(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R
(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R
(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ
(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50
(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50
(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL
(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110
(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN
(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125
(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4
(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM
(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR
(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S
(SC75)

YZF-R7

7と1でWE/R1
YZF-R7
(5FL)

バーグマンFCS

エコの裏で蠢くエゴ
BURGMAN FCS
(DR11A)

エリミネーター750/900

名は体を現す
ELIMINATOR750/900
(ZL750A/ZL900A)

モトコンポ

こう見えて宗一郎のお墨付き
MOTOCOMPO
(AB12)

TDR250

聖地突貫ダブルレプリカ
TDR250
(2YK)

グース

決めつけられたシングルの正解
Goose250/350
(NJ46A/NK42A)

Z650

小さく見えるか大きく見えるか
Z650
(KZ650B)

X4

単気筒×4
X4
(SC38)

SDR200

軽く見られた軽いやつ
SDR
(2TV)

チョイノリ

59,800円に込められた思い
choinori
(CZ41A)

ゼファー750

復刻ではなく集大成
ZEPHYR750/RS
(ZR750C/D)

お知らせ|更新履歴