系譜の外側

ツールドジェベル
DJEBEL250/XC/GPS
(SJ44A/SJ45A)
-since 1992-

DJEBEL250/SJ44A

「進路は、自分で決める。」

スズキの4stオフ車の中でも有名な方というか人気があった1992年からのDJEBEL250/SJ44A型。

最初にDJEBELという名前の意味を説明すると、これはアラビア語で”山”を指す言葉。

DJEBELの由来

一時期ネタで言われていましたがドジェベルではなく”ジェベル”です。
※ネイティブ的にはジャベル

 

そんなジェベルですが、こはDR250Sというモデルがベースにあります。

DR250S

4st/250ccオフでスズキらしく一次バランサー付きの油冷OHC単気筒でメインフレームをオイルタンクにしたドライサンプもので、飛躍的な性能向上を果たしたモデル。

これはアル・ベイカーというMUGEN取扱&スーパークロスディレクターのアメリカ人(全米モトクロス界のレジェンド)とスタッフを引き抜いて開発に関わらせた事が要因だったりします。

アルベイカー

ちなみにこのDR250Sはそんなアルベイカーさんの遺作でもあります。というのも残念な事にアルベイカーさんはDR250Sの発売前に飛行機事故に見舞われ亡くなられてしまったからです。

 

意外なバックボーンだと思うんですが、話を戻すとそんなDR250Sをベースに

・正立フロントフォーク
・ガード付き丸目ヘッドライト
・ハンドガード
・フラット形リアキャリア
・ギア比をロングに
・キャスター角を27°から28°に

などなど少し落ち着きを持たせる変更を加える事でツーリング等にも使えるようし、併売という形で登場させたのがDJEBEL250/SJ44A型というわけ。

このDR250S/DJEBEL250(SJ44A型)といえばチラチラ見えている変な形をしたスイングアームが特徴的なんですが、これはボルトと接着剤で2つのパーツを結合してるから。

SJ44Aカタログ写真

強度と重量のバランスを考え鋳造のボディと鍛造のアームに分けて製造されているんです。決して飾りではありません。

しかし・・・恐らく多くの人はそれよりも

SJ44Aカタログ写真

「DJEBEL250ってこんな形だったっけ」

と思われているんじゃないかと思います。

皆が思うDJEBEL250は4年後の1996年に登場した次のモデルからになります。

DJEBEL250XC

『DJEBEL250XC/SJ45A』

先に紹介したDJEBEL250の元となっているDR250Sがクラストップのスペックを誇るDR250Rへとモデルチェンジした事で、それに引っ張られる形で新しくなったジェベル。

だから同じDJEBEL250といえど実はかなり別バイクというか、変更点も相まって性格は大きく違います。

DJEBEL250の系譜図

それを象徴するのが車名末尾に新たに付けられた

『XC(クロスカントリー)』

という記号で、これが非常に評価されたから根強い人気を獲得する事に成功。力を入れている割に今ひとつパッとしなかったスズキオフにおいて2008年まで発売され続けるというロングセラー車となりました。

じゃあ具体的にDJEBEL250XCの何が評価されたのかというのをザックリご紹介。

 

【1.驚異の17Lガソリンタンク】

17Lタンク

そこら辺のオンロードモデルを鼻で笑える驚異的な大容量ガソリンタンクを装備。

航続距離はカタログ読みで驚異の799km。もちろんスムーズな体重移動とニーグリップも考慮し、シート側は大きく絞られた形。

DR-Z400SとDJEBEL250XC

そしてそのシートも三角木馬(写真左)で定評があるスズキとは思えぬ柔らかさとフラットさで乗り心地もクラスにしては上々なものだった。

 

【2.もはやオーパーツ多機能デジタルメーター】

多機能デジタルメーター

一見するとただのデジタルメーターかと思いきや

・スピードメーター
・オドメーター
・時計
・トリップメーター
・ストップウォッチ
・減算タイマー機能

と、本来ならばこれはGSX-Rに付けるべきではないかと思うほど多機能なものを装備。

ジェベル250GPS

更にXCから2年後となる1998年には二輪史上初となるGPSを搭載したDJEBEL250GPSver.まで発売。

従来の多機能デジタルメーターの上に目的地までの方角(道順ではなく方角)とおおよその距離を示すGPSディスプレイを搭載。

17Lタンク

「逆に迷う」

「山に入ると見失う」

などなど大きな反響をよびました。

 

【3.大きすぎて特注になった200mmヘッドライト】

200mmヘッドライト

丸目ヘッドライト好きすら閉口してしまうほどの大きさを持ったアルミガード付きヘッドライトを装備。

バッテリーを吸い尽くすほどの大発光面積&大光量により暗いのが当たり前というオフロードの常識を払拭。

「これだけ大きいとハンドリングに悪影響が・・・」

と思いきや大きすぎて特注になってしまった超薄型樹脂レンズによりギリギリまで軽量化、更にハンドルにベタ付けするほど近づける事で操舵慣性モーメント(ハンドリングが鈍くなる)問題も解消。

 

【4.トコトコ系と思いきやビュンビュン系】

公式ジェベル250画像

ハード系であるDR250R譲りな事からも分かる通り、走行風に完全依存する空冷ほど熱にシビアではなく、水路と水が必要な水冷ほど重くならない油冷DOHCエンジンのおかげで31ps/8500rpmというパワフルさに加え、これだけのクロカン装備を兼ね備えて置きながら乾燥重量でわずか119kg。

足回りもカートリッジ式フロントフォークとリンク式リザーブタンク付きリアサスというオーバークオリティなものを備えていたので走りも良好。

 

などなど少しおふざけが入りましたが、要するにクロスカントリーらしく長距離走にも耐えられるようになっているのはもちろん、単純なポテンシャルも高かった事からストップアンドゴーの街乗りなどの短距離走もイケる性能も持っていたからDJEBEL250XCは人気になったという話。

ジェベル250XCカタログ写真

DJEBEL250XCがこれほどまでの完成度を誇っていたのはDR250Rという優秀なベースがあった面も当然あるんですが、こういうタイプのモデルはDJEBEL250が最初じゃないからという面もあります。

ブームと言えるほどではないものの90年代に入ってオフロード人気が再燃し始めたんですが、

「走破性を上げてナンボ」

という80年代初期のオフロードブームとは傾向が違い

「マルチに便利な乗り物として」

という傾向が生まれ強くなっていた。

分かりやすいのがセルモーター付きが当たり前になった事なんですが、その延長線上で

「苦手な長距離や夜間も走れるオフロード車」

としてビッグタンクや強化ヘッドライトなどラリーレイド感を出した派生モデルみたいなものが各社から出ていた。

200mmヘッドライト

DJEBEL250XCはそんなジャンルに向けて出されたどちらかというと後追いに近いモデル。でもだからこそここまでのモデルが造れたんだろうなとも思うわけです。

タンク、ヘッドライト、メーター、スペック、いま紹介してきたように様々な要素でクラストップや最大という言葉が並ぶ事が何よりの証拠で

「これくらいでいいだろう」

という要素が見て取れないどころか、やり過ぎのようにも感じるクロカン要素の最大化がオフロードの懸念点を分かりやすく払拭する形となった。

DJEBEL250XCが多くの人に認められた魅力というのはそういう

『加減を知らない安心感』

だったんじゃないかと。

SJ45Aカタログ写真

だからこそクラスとして2008年の最後まで唯一生き残ったモデルとなったし、復活を希望する声は今も聞こえてくる。

特に近年のキャンプブームを見るたびこのバイクを思い出す人は少なくないんじゃないかと思います。星空を探しに行くのに最高のバイクでしたからね。

 

主要諸元

全長/幅/高 2230/885/1250mm
[2230/890/1220mm]
(2205/890/1180mm)
シート高 880mm
<[885mm]>
(845mm)
車軸距離 1445mm
[1450mm]
(1435mm)
車体重量 116kg(乾)
[118kg(乾)]
<119kg(乾)>
燃料消費率 50.0km/L
<[47.0km/L]>
※定地走行燃費
燃料容量 9.0L
<[17.0L]>
エンジン 油冷4サイクルOHC単気筒
<[油冷4サイクルDOHC単気筒]>
総排気量 249cc
最高出力 29ps/8500rpm
<[31ps/8500rpm]>
最高トルク 2.5kg-m/7000rpm
<[2.8kg-m/7000rpm]>
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前80/10-21
後110/90-18
<[前3.00-21-51P
後4.60-18-63P]>
バッテリー YTX7L-BS
<[YTX5L-BS]>
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
DPR9EA-9
<[CR9E]>
推奨オイル スズキ純正
エクスター
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量2.3L
交換時1.7L
フィルター交換時1.9L
<[全容量1.6L
交換時1.1L
フィルター交換時1.3L]>
スプロケ 前14|後42
チェーン サイズ520|リンク108
車体価格 439,000円(税別)
[499,000円(税別)]
<539,000円(税別)>
※[]内はXC
※()内は低車高仕様
※<>内はGPS

主な変更点

97年:始動時のヘッドライト消灯

98年:インテーク及びキャブセッティング変更

00年:排ガス規制に伴い負圧キャブ、スロポジ、マフラー、CDI、ステーターコイル、フューエルコックを変更。OPだったキックアームを標準化

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01
(RC55)

gts1000

悪いのは人か技術か
GTS1000/A
(4BH/4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S
(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったZ
XANTHUS
(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM
(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG
(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING
(GX71A)

ZR750F/H

死せるザッパー生ける仲間を走らす
ZR-7/S
(ZR750F/H)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000
(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750
(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG
(LA41A)

Z1300

独走のレジェンダリー6
Z1300/KZ1300
(KZ1300A/B/ZG1300A)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02
(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750
(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400
(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo
(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR
(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850
(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS
(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS
(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R
(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R
(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ
(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50
(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50
(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL
(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110
(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN
(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125
(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4
(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

最初で最後のフルスペック
DR-Z400S/SM
(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR
(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S
(SC75)

YZF-R7

7と1でWE/R1
YZF-R7
(5FL)

バーグマンFCS

エコの裏で蠢くエゴ
BURGMAN FCS
(DR11A)

エリミネーター750/900

名は体を現す
ELIMINATOR750/900
(ZL750A/ZL900A)

モトコンポ

こう見えて宗一郎のお墨付き
MOTOCOMPO
(AB12)

TDR250

聖地突貫ダブルレプリカ
TDR250
(2YK)

グース

決めつけられたシングルの正解
Goose250/350
(NJ46A/NK42A)

Z650

小さく見えるか大きく見えるか
Z650
(KZ650B)

X4

単気筒
X4
(SC38)

SDR200

軽く見られた軽いやつ
SDR
(2TV)

チョイノリ

59,800円に込められた思い
choinori
(CZ41A)

ゼファー750

復刻ではなく集大成
ZEPHYR750/RS
(ZR750C/D)

PS250

モトラリピート
PS250
(MF09)

DT-1

冒険という感動創造
トレール250DT1
(214/233)

Vストローム250

二度ある事は三度ある
V-STROM250
(DS11A)

エリミネーター250

周期再び
ELIMINATOR250/SE/LX
(EL250B/A/C)

CX500ターボ

打倒2ストのブースト
CX500/650TURBO
(PC03/RC16)

YA-1

原点進行形
YAMAHA125
(YA-1)

rf400r

RでもFでもない
RF400R/RV
(GK78A)

250-A1

半世紀を迎えた吉凶のライムグリーン
250-A1/SAMURAI

Vツインマグナ

氷河期 of Liberty
V-TWIN MAGNA(MC29)

TDR50

RALLYってしまった原付
TDR50/80(3FY/3GA)

SW-1

オシャレは我慢
SW-1(NJ45A)

ボイジャー1200

可愛い娘は旅をせよ
Voyger XII
(ZG1200A/B)

WING

Twist and Shaft
WING
(GL400/GL500)

ビーノ

その愛嬌は天然か計算か
VINO
(SA10J/SA26J/SA37J/SA54J/AY02)

DRビッグ

爪痕を残し飛び去った怪鳥
DR750S/DR800S
(SK43A/SR43A)

テンガイ

愛おぼえていますか
Tengai
(KL650B)

CB92

雪辱のSSその名はシービー
CB92

XT400E

本当の名前は
ARTESIA
(4DW)

ジェベル250

ツールドジェベル
DJEBEL250/XC/GPS
(SJ44A/SJ45A)

KV75

混ぜるなキケン
75MT/KV75
(KV075A)