系譜の外側

ZX-7R/RR(ZX750P/N) -since 1996-

ZX750P

「レーステクノロジーの注入」

このバイクはZXR750(ZXR-7)の後継。要するに市販車レースの為のバイク、つまりSSです。

だから同じ立ち位置であるZX-10Rの系譜に付け加えても不思議じゃないんだけど何となくコチラへ。

NINJA ZX-7R

ショートストロークエンジンに新設計のアルミツインスパー(ペリメターフレーム)、ZXRの頃は片側だけだったラムエアダクトが両側に。

アーモンドアイ

そして可愛らしいアーモンドアイなのが特徴。

正確に言うとレース用のマシンはZX-7R(ZX750P)ではなく限定発売されたZX-7RR(ZX750N)の方。

ZX-7RR

ホイールベースを短縮した車体にシングルシート仕様、ステアやスイングアームのピボット軸位置も調節可能にしたもの。

ブレーキやサスペンションなどの足回りも違うし、キャブもビッグキャブを積んでる。ミッションもクロス化されています。

1999ZX-7R

・・・非常に言い難いのですが、ZX-7R/RRは恐らく同時期のスーパーバイク勢では知名度が低い方かと。

当時のライバル車としては

ライバル車

RVF/RC45、VTR1000SP、YZF-R7、GSX-R750、TL1000R、916/996などなど、どれも今でも話題になるバイクばかり。

何故ZX-7R/RRだけ知名度が低いのか。それはデザインや若干重いスペック等の個人差的な要素を除くと

カワサキZX-7R

"レースで結果を残せなかったから"

という事が大きいかと思われます。

 

最初に言いましたがZX-7R/RRは市販車世界レースであるSBKで勝つために出た経緯があります。

ZXR-7

同じ出生を持つ先代ZXR-7(ZXR750R)は1993年に世界チャンピオン&鈴鹿8耐初優勝という栄光をカワサキにもたらした輝かしいレースマシンです。

それに対しZX-7RRは残念ながらSBKでは最後まで結果を残せず、2002年からはこれをベースにMotoGPへシフト。SBKはZX-10Rに04年にバトンタッチする事で役目を終えました。

ZX-7RRチーム

少し擁護しておくと、全米では1996~1997年チャンピオン、2000年には全日本でもチャンピオンに輝いていますので、全く駄目だったというわけではありません。

それに当時の世界選手権は

「ホンダvsドゥカティ」

だったのも大きいです。

ZX-7Rカタログ写真

だからZX-7R/RRはレーサーの話ですらあまり話題に挙がらないし、情報も少ないから正直に言うと書くことが無くて辛い。

ちなみにリクエストが来たわけでもありません。

じゃあなんで書いているのかというと、一つ驚きな事があったから。

柳川さん

ご存知の方も多いと思いますミスターカワサキまたは鉄人ことTeam GREEN所属の柳川 明さん。

横におられるのが重美夫人でゼッケンナンバーは名字から取って#87。

知らない人の為に言うとSBKの海外サーキットで日本人として初めてトップチェッカーを受けた凄い方。ちなみにその時のバイクはもちろんZX-7RR。

ZX-7RRチーム

更にMotoGPマシンZX-RRやZX-10RRのテストライダーを担当し、今も全日本で活躍されています。

そんな凄さを微塵も感じさせないユニークさも持ち合わせており、愛車はZX-12R(A型)とZRX1200DAEG。

柳川明

で、この人がどうかしたのかって話ですよね。

実は2012年の雑誌(RIDERS CLUB)企画で行われた宮城光さん(元ホンダワークスレーサー)との対談にて

「一番思い出深いレーサーはZX-7RR」

と答えていたんです。

数々のレーサーや開発に携わってきた中でのZX-7RR。

これだけでも驚きなんですが、更に驚きなのが自身が世界戦初勝利を挙げたバイクだからという理由”ではない事”です。

カワサキレーシングチーム

言葉を濁していましたが、ZX-7RRは完成度が高かったかというとお世辞にもそうは言えずトラブルだらけだった。

次のMotoGPマシンZX-RRもそうでしたが、柳川さんを始めチーム全員が山積する問題に対し

「やりがいを感じていた」

と仰っていたんです。

ワールドスーパーバイクZX-7RR

「うちのチームは部品の寸法が違っても自分たちで工夫して付ける」

とも。

いやいや・・・と思いますが、恐らくこれはカワサキという事から他所よりも規模/予算が小さい事が関係していたと思います。

ニンジャZX-7Rカタログ

予算が無い規模の小さいチームというのは先ず人員が居ません。

人員が居ないということは一人あたりの仕事、責任が増える。でもそれは言い換えると権限が増える事でもある。

だから

「自分がしないといけない」

という強い責任感がチーム全員にあったんでしょう。他所から来た人ほどそう感じる傾向にあるそうです。

2013年SBKチャンピオン

カワサキは2013年にZX-7Rの後釜であるZX-10RにてSBK世界チャンピオンに返り咲きました。

ZX-7RRの先代である1993年のZXR-7以来となる20年ぶりの世界チャンピオンです。

1997ZX-7R

つまりZX-7R/RRは1993年から20年続く事となった暗黒期の始まりのバイク。

目立つ記録が無いから必然的にメディアに取り上げられる事も少なく、覚えている人や知っている人もあまり居ないNINJA。

NINJA ZX-7R

でもその分、携わったカワサキレーシングチームの人達にとっては今でも鮮明に覚えているNINJA。

問題児ほど可愛いというやつですね。

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:748cc
最高出力:
122ps/11800rpm
最大トルク:
8.0kg-m/9300rpm
車両重量:200kg(乾)

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01(RC55)

gts1000

対BMW秘密兵器 オメガモルフォ
GTS1000/S(4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったネイキッド
XANTHUS(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING(GX71A)

ZR750F/H

国内で唯一理解されなかった空冷Z
ZR-7/S(ZR750F)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG(LA41A)

Z1300

バイクにとっての直列6気筒
Z1300(KZ1300A/B)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S(SC75)

お知らせ|更新履歴