系譜の外側|ザンザス

XANTHUS
(ZR400D)
-since 1992-

ザンザス

「ニューマッハウェーブ」

カワサキが1992年に出した今では珍しくもなんともないストリートファイターなザンザス。

エンジンはZXR400の物をベースにカム角とバルブタイミング、そしてピストンヘッドを変更して更に低速寄りにリセッティングしたもの。

それでも上限の53ps/11500rpmを発生させるのを見れば分かる通り、ローギアード化も相まって下からとてつもなく速いネイキッド。

ザンザスのエンジンとフレーム

それもそのはずで何を隠そうザンザスは

「シグナルGPでワンクラス上に勝つ」

という目標の元に開発されたバイクだから。

 

少し話をザンザスが出る前まで遡ると、カワサキはザンザスを出す3年前の1989年に皆さんご存知『ZEPHYR』を造り出しました。

ゼファー

「肩肘張らずに付き合えるジャパニーズスタンダード」

という狙いが見事に的中し大ヒット。

旧来のZを髣髴とさせるその姿に惚れた人は非常に多いでしょう。

そんな状況だったからカワサキはこの路線で行くのかと思ったら、ザンザスなんていうゼファーの対極なバイクを出してきたんだから驚きなわけです。

 

そこで少し野暮な推測、それは

ZR400D

「現代版マッハと言われているけど本当はZを造ったのでは」

という事。

 

というのもZというのはカワサキのフラッグシップモデルだから・・・知らない人の為にも少しZの歴史を振り返ってみましょう。

Zの始まりは川崎重工業を世界のKAWASAKIにした1972年のZ1やZ2です。

Z1

「世界初のDOHC直列4気筒」

として登場し、圧倒的な速さを持っていたことで大ヒットしました。

そしてその流れは400においても同じで、400におけるZの始まりは1979年に出たZ400FX。

Z400FX

「クラス初のDOHC直列4気筒」

というZに通ずるものをもち、年間販売台数トップに躍り出るほどの大ヒットしました。

 

しかしいつ頃からか

「Z=オールドネイキッド」

という少し違った方向へとZブランドは進みました。

これは道を切り開いたZ1/Z2や400FXがデザインや性能があまりにもセンセーショナルだった。

 

しかしZというのは元々

『究極のZ』

もっとわかりやすく言うと

『世界最高のロードスポーツ』

というのが本来のコンセプトであって、空冷2バルブ直四のオールドネイキッドを表す意味では無い。

カワサキザンザス

そんな中で出たザンザスは400としては最高のロードスポーツと言っても遜色のないネイキッド。

だから

「これこそ本来あるべきZの道では」

と思うわけです。

 

※追記

当時のプレスリリースや資料諸々を手に入れて読んだところ、商品企画の吉田さん曰く

「ゼファーとは違う次世代のZがイメージ」

と明言されていました。やはりザンザスの狙いはソコにあった。

1992年ザンザス

周囲の反対を押し切り企画会議で猛プッシュした事でGOサインを貰い始まったプロジェクト。

贅肉を削ぎ落とし機能美に徹するというデザインテーマのスケッチ(特にマフラー)を見た時は、大変な仕事になると頭を抱えたエンジン担当の渡辺さん。

シグナルGPでワンクラス上に勝つという高すぎる目標に妥協なく挑み、予定には無かった新型ラジアルタイヤを強行採用した車体担当の本多さん。

「過激なほど皆が開発努力をしてくれたお陰で完成することが出来た」

と開発部門チーフの藤井さんも仰るほど、チームは”次世代のZ”を造ることに全力だった。

ザンザスの販促ポスター

「やはりザンザスはZだった」

という推測が当たった事を喜んだものの、同時に半分ハズレとなる少し悲しくなる事も仰っていました。

過激なほどの努力によって造られたザンザスでしたが、オールドネイキッドブームの前には人気も出ず、4年余りで生産終了という冷ややかな市場反応だったのは周知の事実かと思います。

ザンザスリア

しかし、この冷ややかな反応は市場だけでなく社内でもそうだったんです。

当時カワサキはゼファーシリーズでイケイケだった事に加え、後にロングセラーとなるエストレヤも同時開発中だった。

だから社内の人間も皆そっちに夢中で、誰もザンザスのプロジェクトやコンセプトに興味を示さなかった。

ZR400Dカタログ

「みんな頑張っているのに誰も興味を示してくれないのが可哀想だった」

と藤井さんも漏らすほどチームと社内の温度差は大きかったんです。

 

市場からも身内からも理解されなかった可哀想なバイクでした・・・が、時代が少し進んで10年後の2003年。

カワサキが水冷Z1000を出したのはまだ記憶に新しいと思います。

水冷Z1000

新世代のZという事でしたが、開発段階ではザンザス900という名前で進んでいました。

Zの商標が切れそうだった事からZ1000と名前を改められたのは有名な話ですが、それだけの理由ではないと思います。

だって水冷モノサスのカッ飛び系なんてそれまでのZのイメージを覆す事になるんですから。

ZR1000A

どう見てもザンザスの系譜といえる造りですが、ミソはそんなバイクをZにするというザンザス時代では考えられない事をやったということ。

これはひとえにザンザスが持っていた”次世代のZ”というコンセプトを身内が理解してくれた証でしょう。

ザンザスカタログ写真

だからこそザンザス900改めZ1000はまだストファイブームとは言い難い中で成功を収めただけでなく、遺産であると同時に亡霊でもあったZのイメージを塗り替える事も出来た。

ただZという名を当てただけでこれほど上手くはいくわけはない。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:398cc
最高出力:
53ps/11500rpm
最大トルク:
3.7kg-m/9500rpm
車両重量:168kg(乾)

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01(RC55)

gts1000

対BMW秘密兵器 オメガモルフォ
GTS1000/S(4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったZ
XANTHUS(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING(GX71A)

ZR750F/H

国内で唯一理解されなかった空冷Z
ZR-7/S(ZR750F)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG(LA41A)

Z1300

バイクにとっての直列6気筒
Z1300(KZ1300A/B)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S(SC75)

YZF-R7

7と1でWE/R1
YZF-R7(5FL)

バーグマンFCS

エコの裏で蠢くエゴ
BURGMAN FCS(DR11A)

お知らせ|更新履歴