系譜の外側

その愛嬌は天然か計算か
VINO
(SA10J~SA54J/AY02)
-since 1997-

1997VINO

「うちから5kmの大冒険」

1997年にヤマハが出した60年代アンティーク風、ジャンル的に言うとレトロスクーターといえるビーノ。

宣伝でPUFFYが乗っていたのを覚えている人も多いのではないかと。

1997VINOカタログ写真

一見するとただオシャレなだけに見えますが、こう見えて20Lものトランク容量と6.3馬力を叩き出すJOG譲りの2stエンジンで実用性もかなり高いものを持っていました。

しかし爆発的な人気となった要因はやはりレトロなデザインで、これが多くの女性のハートを射止め大ヒット。ちなみにデザインはGKデザインではなく子会社のエルムデザイン。

ビーノマーシャルゴールド

ただし一応断っておくとビーノはレトロスクーター勢としては決して第一人者ではありません。同ジャンルで唯一のライバルともいえるホンダのジョルノの方が5年も前となる1992年に登場しているんです。

加えて言えるのがビーノが登場した1997年はヤマハの看板スクーターだったJOGがエンジンもろともフルモデルチェンジした年であるということ。

つまり言葉が悪いんですがビーノというモデルは乾坤一擲のモデルというよりは

『余ったプラットフォームを活用する形』

で造られた原付というのが実情・・・だったんですが、それを補って有り余るデザイン性の高さが潜在需要である女性から大いに評価されたわけですね。

宇多田ヒカルVINO

これはヤマハからすると油田を掘り当てた様なもので、この需要を逃すまいと
『宇多田ヒカル監修モデル(写真上)』
『コラボの鬼ことキティモデル(写真下)』
など女性向け限定カラーを相次いで販売しました。

宇多田ヒカルVINO

結果として2stや4stなどまだまだ色んなモデルがいた原付市場において5年間で約23万台、年間で均等に割ると

「10台に1台ビーノが売れる」

という異常事態ともいえる状況に。

一躍大ヒット原付となったもんだから排ガス規制により2stが難しくなった2004年になると、JOGのお下がり原付だったのが嘘のようにJOGを差し置いて真っ先に新型4stエンジンを積んで登場。

2004ビーノ

通称SA26J型と呼ばれるモデルで3バージョン展開。

【ビーノ】
通常のビーノ

【リモコンビーノ】
・アンサーバック機能
・キーシャッターとホイールロック解除
・シートオープン
が可能なリモコン付き

【ビーノデラックス】
・立体メッキエンブレム
・メッキボディ
・レッグシールドモール

リモコンビーノとデラックス

出世頭とは正にこの事かといえるVIP扱いに。

※ビーノは通称型式(メーカーコード)が多いので認定型式(国土交通省コード)で書いています

 

ただしここからがビーノの真骨頂。可愛いだけじゃないんですこの原付。

重ねて言いますが人気となった理由は女性にウケたからで、男女比7:3が基本の原付市場においてビーノはヤマハいわく男女比が4:6と女性からの支持が多かった。

ビーノの男女比

しかし逆に言うと4割も男性ユーザーがいることになる。

確かに男性が乗っていても変じゃないオシャレさがあるんですが、デザインとは別にもう一つビーノには隠された魅力があったんです・・・それは走行性能。

YAMAHA VINO

こんな可愛い見た目をしているにも関わらずビーノは眼を見張る性能を持っていた。だから原付スクーターマニア達の間では非常に人気が高く原付スクーターレースなどでも重宝されるほどでした。

 

具体的に説明すると最初に話した新世代4stエンジンが凄いことが一つ。

3バルブエンジン

ビーノが初めて積んだこのヤマハの新設計4stエンジンは

・吸気2バルブ&排気1バルブの3バルブ
・水冷式を採用
・メッキシリンダー

というジェネシス思想ともいえる豪華なもので馬力も5.2psとクラストップレベル。これは南プロジェクトリーダーいわく2stから4stへの転換において

「2st並の軽快感と機敏性を兼ね備えなければならない」

と考えて開発されたから。

だからこそこれほど贅沢なエンジンが出来たわけですが、合わせて重要なのが

「非常に軽い」

という事。

3バルブエンジン

ビーノは2st時代から装備重量で70kgと軽かったのですが、部品点数が増える事からどうしても重くなってしまう4stまして水冷化されたこのモデルでも78kgと非常に軽い。

どうしてこんなに軽いのかといえば女性をターゲットにしていた事から原付の中でも小ぶりだったから。

 

つまり見た目を抜きにした場合ビーノという原付スクーターは

『パワーウェイトレシオが優れた原付』

だったんです・・・が、それだけじゃない。

ビーノのフロント

よく見て欲しいんですがビーノはデザインの関係で灯火系がハンドルではなくボディにマウントされており、ハンドルはほぼ剥き出し状態でメーターとミラーが付いているだけ。

結果的にハンドルにかかる重量が減り

『操舵慣性モーメントの軽減』

という操舵の軽さに繋っているんです。

ビーノのハンドル

ビーノのハンドルレイアウトというのは極論するとストリートファイターと同じなんです。タコメーターすら無い分こっちの方が硬派と言えるほど。

 

そしてもう一つポイントとなるのがデザインを壊さないためにディスクブレーキではなくドラムブレーキを採用していること。

ビーノのブレーキ

ドラムブレーキはディスクブレーキに比べて放熱が苦手でフェード(ブレーキ力の低下)を起こしてしまう問題があります。

しかし原付一種では速度が知れており熱がそれほど問題にならない。そしてドラムブレーキというのは放熱が苦手な代わりにディスクブレーキと違いキャリパーもローターも要らないので軽いというメリットがある。

つまりドラムブレーキを採用したビーノは路面追従性に直結する

『バネ下重量の軽さ』

が非常に優秀という事。

 

車重も軽い、操舵も軽い、バネ下も軽い、更にはコンパクトでホイールベースも短くクイックで水冷エンジンなので熱ダレにも強い。

だから原付スクーターにうるさい人達はビーノを見て

ヤマハ・ビーノ

「なんて優秀なライトウェイトスポーツなんだ・・・」

と思うわけ。

しかも後にカスタム人気が高いJOGもこのエンジンを使うようになったのでチューニングパーツも豊富というオマケ付き。

 

これはFI化された2007年からのSA37J型やO2センサーが付いた2015年からのSA54J型以降も同じ。

2016VINO

排ガス規制の強化でただでさえパワー不足なのにさらなるパワーダウンと重量増を余儀なくなされるわけですが、それはビーノに限った話じゃない。

すると更に重要になってくるのが車重やウェイトバランス・・・結果ビーノの輝きが更に増すっていう。

つまり女性向け原付スクーターという立ち位置にも関わらず

2016VINO

「性能にうるさい男性すらも納得させる造りだった」

というのがビーノの隠された魅力だったんですね

 

しかし2018年になると原付一種市場の低迷で大量生産前提によるコスト削減が難しくなったため、ヤマハはホンダからのOEM供給という手段を取るようになりました。

2019VINO

AY02型と呼ばれるモデルで中身はライバルだったジョルノと同じで外装が違うだけ。

「これで遂にビーノ人気も年貢の納め時か・・・」

と思いきやそうならなかった。

ゆるキャンビーノ

ゆるキャンというアニメで起用されたことで

『ビーノでキャンプ』

というコンテンツがバイクに縁がなかった若者を中心としたアニメ層に流行したことで落ち目の原付市場で需要が急増し一人勝ち状態。

女性とはまた違う油田開発の成功による想定外の需要で生産も追いつかず一時は

「注文しても半年~1年待ち」

という悲鳴があちこちのバイク屋から聞かれ

2018ビーノ

「ホンダはもっとビーノを造れ」

とまで言われる事態に。

 

どんだけヒットすれば気が済むんだって話ですが、これ恐らく次もヒットする。

というのも原付一種は2025年から排ガス規制強化(一種だけ特例で他は2020年から)が決まっておりEVの流れになると思われるんですが、ビーノはEV版が既にテレビで大々的に宣伝されているから。

EVビーノ番組

出川さんがやっている『出川哲朗の充電させてもらえませんか』でEVビーノの認知度は既に物凄く高い。

まだ大々的に売っておらずEV需要があるわけでもない現段階でもう土台がどんどん出来ている。

 

デザイン性で女性を、デザイン性が生んだ性能で男性を、そしてデザイン性が生んだアニメ起用というコトで若者を虜にし、ついでにEVへの備えもバッチリ。

2019ビーノ壁紙

もはや敗北という文字を知らない常勝原付といえるビーノ。

果たして何処までが計算内で何処からが偶然なのか、愛嬌ある姿がそれを分からなくさせる・・・もしやそれすらも計算のうちなのか。

 

 

主要諸元

全長/幅/高 1620/630/1005mm
{1665/630/1005mm}
[1675/630/1005mm]
<1650/670/1015mm>
シート高 715mm
車軸距離 1150mm
{[1160mm]}
<1180mm>
車体重量 70kg(装)
{78kg(装)}
[84kg(装)]
《80kg(装)》
<81kg(装)>
燃料消費率 47.0km/L
{70.0km/L}
[66.0km/L]
《68.3km/L》
<80.0km/L>
※定地走行テスト値
燃料容量 6.0L
{4.5L}
[4.4L]
<《4.5L》>
エンジン 空冷2サイクル単気筒
[{《<水冷4サイクルSOHC単気筒>》}]
総排気量 49cc
最高出力 6.3ps/7000rpm
{5.2ps/8000rpm}
[4.2ps/6500rpm]
《4.5ps/8000rpm》
<4.5ps/8000rpm>
最高トルク 0.67kg-m/6500rpm
{0.47kg-m/6500rpm}
[0.40kg-m/6500rpm]
《0.43kg-m/6500rpm》
<0.42kg-m/6000rpm>
変速機 Vベルト無段階変速
タイヤサイズ 前後80/90-10(34J)
{前後90/90-10(50J)}
[《前後90/90-10(41J)》]
<前後80/100-10(46J)>
バッテリー GT4B-5
{[GTX5L-BS]}
《YTX5L》
<GTZ6V>
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
BPR6HS
{[《CR7E》]}
<CPR8EA-9>
推奨オイル オートルーブ
{[《SAE 10W-40》]}
<SAE 10W-30>
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量1.3L
{[《全容量0.8L
交換時0.78L》]}
<全容量0.7L
交換時0.65L>
Vベルト 4JP-17641-00
{[《5ST-E7641-00》]}
<B3K-17641-00>
車体価格 169,000円(税別)
{159,000円(税別)}
[184,000円(税別)]
《189,000円(税別)》
<185,000円(税別)>
※スペックはSA10J(~2003)
※{}内はSA26J(2004~)
※[]内はSA37J(2007~)
※《》内はSA54J(2015~)
※<>内はAY02(2018~)

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01
(RC55)

gts1000

悪いのは人か技術か
GTS1000/A
(4BH/4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S
(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったZ
XANTHUS
(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM
(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG
(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING
(GX71A)

ZR750F/H

死せるザッパー生ける仲間を走らす
ZR-7/S
(ZR750F/H)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000
(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750
(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG
(LA41A)

Z1300

独走のレジェンダリー6
Z1300/KZ1300
(KZ1300A/B/ZG1300A)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02
(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750
(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400
(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo
(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR
(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850
(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS
(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS
(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R
(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R
(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ
(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50
(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50
(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL
(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110
(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN
(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125
(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4
(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM
(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR
(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S
(SC75)

YZF-R7

7と1でWE/R1
YZF-R7
(5FL)

バーグマンFCS

エコの裏で蠢くエゴ
BURGMAN FCS
(DR11A)

エリミネーター750/900

名は体を現す
ELIMINATOR750/900
(ZL750A/ZL900A)

モトコンポ

こう見えて宗一郎のお墨付き
MOTOCOMPO
(AB12)

TDR250

聖地突貫ダブルレプリカ
TDR250
(2YK)

グース

決めつけられたシングルの正解
Goose250/350
(NJ46A/NK42A)

Z650

小さく見えるか大きく見えるか
Z650
(KZ650B)

X4

単気筒
X4
(SC38)

SDR200

軽く見られた軽いやつ
SDR
(2TV)

チョイノリ

59,800円に込められた思い
choinori
(CZ41A)

ゼファー750

復刻ではなく集大成
ZEPHYR750/RS
(ZR750C/D)

PS250

モトラリピート
PS250
(MF09)

DT-1

冒険という感動創造
トレール250DT1
(214/233)

Vストローム250

二度ある事は三度ある
V-STROM250
(DS11A)

エリミネーター250

周期再び
ELIMINATOR250/SE/LX
(EL250B/A/C)

CX500ターボ

打倒2ストのブースト
CX500/650TURBO
(PC03/RC16)

YA-1

原点進行形
YAMAHA125
(YA-1)

rf400r

RでもFでもない
RF400R/RV
(GK78A)

250-A1

半世紀を迎えた吉凶のライムグリーン
250-A1/SAMURAI

Vツインマグナ

氷河期 of Liberty
V-TWIN MAGNA(MC29)

TDR50

RALLYってしまった原付
TDR50/80(3FY/3GA)

SW-1

オシャレは我慢
SW-1(NJ45A)

ボイジャー1200

可愛い娘は旅をせよ
Voyger XII
(ZG1200A/B)

WING

Twist and Shaft
WING
(GL400/GL500)

ビーノ

その愛嬌は天然か計算か
VINO
(SA10J/SA26J/SA37J/SA54J/AY02)

DRビッグ

爪痕を残し飛び去った怪鳥
DR750S/DR800S
(SK43A/SR43A)

テンガイ

愛おぼえていますか
Tengai
(KL650B)

CB92

雪辱のSSその名はシービー
CB92