系譜の外側|NSR400

モトコンポ
(AB12)
-since 1981-

モトコンポ/AB12

「ライヴに遊べるトラバイ(Trunk Bike)」

モトコというアダ名で根強く親しまれ、最近になって再び人気が加熱してきている全長わずか118.5cm、車重も45kgしかない原付であるモトコンポ/AB12型。

大きさ

こうやってカブやモンキーと並べてみるとモトコンポが如何に小さく、また背が低いかが分かりますね。

何故これほど小さい原付を造ったのかというと、一家に一台(自動車)という時代に合わせて造られたシティと並列開発というか

「シティに積めるサイズの原付」

というのがコンセプトだったから。

シティとモトコンポ

シティの宣伝にもちゃっかり出演しています。

ただもっと突っ込んだ話をすると、当時は原付を中心にシェア争い(HY戦争)が起こって毎週の様に新モデルが登場していた時期。

だからハッキリ言ってしまうと抱き合わせ販売による台数稼ぎが狙い。

「車を買ってもらうついでにバイクも買ってもらおう」

って考えですね。

ただしモトコンポの発想自体はHY戦争が起こる10年前の『ホンダアイディアコンテスト』にあります。

原付に乗る本田宗一郎

これはホンダの若手技術者が枠にとらわれず自分のアイディアを形にしてプレゼンする大会。

そしてそこで出された一つが『携帯用オートバイ』という作品。

モトコンポ原案

どう見ても後のモトコンポですね。

そして『携帯用オートバイ』は斬新さから社長賞、つまり本田宗一郎賞を取っているんです。

モトコンポが宗一郎のお墨付きというのはこの事から。

モトコンポ積載

それから10年後、原付乱戦の一環として掘り起こされる形で市販化となった。

 

その色物っぷりから今でも有名なモトコンポですが、意外と知られていない魅力があります。

それは完全密閉タンクや逆止弁などを装備し、単純な縦積みだけでなく横積みも出来るように設計されているということ。

モトコンポ横積

シティに積むことを考えただけあってスッポリ収まる絶妙な固定ですね。

ちなみにシティの荷台の幅は1270mm。今で言えばバモスと同じくらいの幅です。

モトコンポ説明文

これに収めるために118.5cmという圧倒的な短さのバイクにしたわけですが、中身がどうなっているのかと・・・

モトコンポの中身

だいぶやっつけで牛の部位紹介みたいになっていますが、注目してほしいのはメインフレームの上と下の境目。

主要パーツをメインフレームの下の方に集約しているのが分かると思います。

こうする事でハンドルを折りたたんで収納出来るスペースを、シートもパンタグラフ式にして収納出来るスペースを造っている。

 

ここで意外と知られてないモトコンポの魅力のその2。

ハンドルもシートも畳んでフラットになるという事は、収納しやすくなるだけじゃない。

モトコンポカタログ写真

ベンチ代わりにもなるし、カバーを掛ければちょっとしたテーブルにもなるんです。

キャンプをする人間ならこのありがたさは分かるかと思います。

キャンプに行かないとしても室内に飾ればインテリアにもなる(※公式)・・・少し強引ですが。

モトコンポの価格

そんなモトコンポですが81年から85年までで約5万台売れました。

5万台と聞くと凄い数字と感じるかも知れませんが、当時としてはそうでもない数字。タクトなんかは年間18万台でした。

逮捕しちゃうぞのモトコンポ

ちなみに『逮捕しちゃうぞ』に登場したことで人気が少し出たのですが、これは86年の漫画でモトコンポは85年で生産終了していたっていう・・・アニメに至ってはもっと後の事。

 

何故モトコンポの人気が無かったのかと言えば、シティとベッタリな宣伝で

『シティのオマケ』

と思われていた事があります。当時は原付投げ売りしていましたしね。

HONDAモトコンポ

そしてもう一つはチェーン駆動で変速も無く、せいぜい40km/hがやっとな2.5馬力エンジンに加え、ガソリンタンクも2.2Lしか入らず航続距離は50kmいかなった事。

要するに完全なちょい乗り用で実用的じゃなかった。

 

でも一番の理由はそもそもコンセプトが破綻していた事かと思います。

皆さんモトコンポを車に積んで走っている人を見たことありますか。恐らく無い人が大半かと思います。

これが何故かと言うと・・・車に積むと車内がガソリン臭くなるからです。

モトコンポカタログ写真

これはモトコンポに限った話では無いんだけど、モトコンポの場合は積むこと前提の造りだから避けては通れない問題だった。

つまりコンセプトにちょっと無理があったというわけ。

ちなみに2017年からんもEURO4規制で燃料蒸発ガスの大気放出が規制対象項目となったので、それ以降に誕生したバイクはトランポしてもあまりガソリン臭くならないかと思います。

 

最期に。

最初に言ったように最近モトコンポ人気が再び加熱している様で少し調べてみると、弄って遊ぶ4miniの様な人気だけでなく、思い思いのネタにデコる痛車的な人気も高まっているようです。

痛モトコンポ

>>モトコンポミーティング(youtube)より

これは元々モトコンポが仰々しくなく愛らしい佇まいである事に加え、ボディが平面プラで加工(描画)しやすく映える事が理由かと。

スマートフォンの着せ替えカバーの延長線上にあるような形ですね。

モトコンポ黄色

これはいま自動車が力を入れている方向(着せ替えやカラバリなどの拡充)なもの。

つまり時代がモトコンポの形に追い付いたとも言えるわけですが・・・とは言えモトコンポはもう40年近く前のバイク。

部品の欠品も多く、車体価格も高騰している。

モトコンポ原案

だからこそ自走を考えた現代のモトコンポというか、こういう”走る化粧箱”みたいなバイクは色んな層に需要が有りそうな・・・無さそうな。

 

エンジン:空冷2サイクル単気筒
排気量:49cc
最高出力:2.5ps/5000rpm
最大トルク:0.38kg-m/4500rpm
車両重量:45kg(装)

系譜の外側一覧

DN-01

拒絶された渾身のATスポーツクルーザー
DN-01
(RC55)

gts1000

対BMW秘密兵器 オメガモルフォ
GTS1000/S
(4FE)

750カタナ

カタナと名乗れなかったカタナ
GSX750S
(GS75X)

ザンザス

Zの亡霊と戦ったZ
XANTHUS
(ZR400D)

CBX400カスタム

30年経ってCBXと認められたアメリカン
CBX400CUSTOM
(NC11)

BT1100

イタリア魂が生んだもう一つのMT
BT1100 BULLDOG
(5JN)

GSX1300BK

本当の怪物は誰も求めていなかった
GSX1300BK B-KING
(GX71A)

ZR750F/H

国内で唯一理解されなかった空冷Z
ZR-7/S
(ZR750F)

ホンダCBX1000

大きすぎた赤い夢
CBX1000
(CB1/SC03/06)

GX750/XS750

ブランドは1台にしてならず
GX750
(1J7)

スズキGAG

SUZUKIのZUZUKI
GAG
(LA41A)

Z1300

バイクにとっての直列6気筒
Z1300
(KZ1300A/B)

NM-4

アキラバイクという非常識
NM4-01/02
(RC82)

FZX750

大きな親切 大きなお世話
FZX750
(2AK/3XF)

GSX1400

踏みにじられたプライド
GSX1400
(GY71A)

750Turbo

タブーを犯したターボ
750Turbo
(ZX750E)

NR750

無冠のレーシングスピリット
NR
(RC40)

TRX850

現代パラツインスポーツのパイオニア
TRX850
(4NX)

GS1200SS

嘲笑される伝説
GS1200SS
(GV78A)

ゼファー1100

ZEPHYRがZEPHYRに
ZEPHYR1100/RS
(ZR1100A/B)

NS400R

狂った時代が生んだ不幸
NS400R
(NC19)

RZV500R

手負いの獅子の恐ろしさ
RZV500R
(51X/1GG)

RG500Γ

チャンピオンの重み
RG500/400Γ
(HM31A~B/HK31A)

AV50

なぜなにカワサキ
AV50
(AV050A)

ドリーム50

五十路の夢
DREAM50
(AC15)

フォーゲル

楽し危なし
POCKE/VOGEL
(4U1/7)

ストリートマジック

シンデレラスクーター
TR-50/TR-110
(CA1L/CF12)

Z750ツイン

鼓動と振動
Z750TWIN
(KZ750B)

フォルツァ125

市民権の象徴
FORZA125
(JF60)

SRX4/6

決して多くない人たちへ
SRX-6/SRX-4
(1JK/1JL~)

DR-Z400SM

当て嵌まるのは一つだけ
DR-Z400S/SM
(SK43A/SK44A)

ZX-7R/RR

問題児レーサー
ZX-7R/RR
(ZX750P/N)

RC213V-S

2190万円の妥協と志向
RC213V-S
(SC75)

YZF-R7

7と1でWE/R1
YZF-R7
(5FL)

バーグマンFCS

エコの裏で蠢くエゴ
BURGMAN FCS
(DR11A)

エリミネーター750/900

名は体を現す
ELIMINATOR750/900
(ZL750A/ZL900A)

モトコンポ

こう見えて宗一郎のお墨付き
MOTOCOMPO
(AB12)

TDR250

聖地突貫ダブルレプリカ
TDR250
(2YK)

グース

決めつけられたシングルの正解
Goose250/350
(NJ46A/NK42A)

Z650

小さく見えるか大きく見えるか
Z650
(KZ650B)

X4

単気筒×4
X4
(SC38)

SDR200

軽く見られた軽いやつ
SDR
(2TV)

チョイノリ

59,800円に込められた思い
choinori
(CZ41A)

ゼファー750

復刻ではなく集大成
ZEPHYR750/RS
(ZR750C/D)

PS250

モトラリピート
PS250
(MF09)

DT-1

冒険という感動創造
トレール250DT1
(214/233)

Vストローム250

二度ある事は三度ある
V-STROM250
(DS11A)

お知らせ|更新履歴