KRの系譜

KR250
(KR250A)
-since 1984-

カワサキKR250

「SUPER LUXURY SPORTS」

レーサーレプリカブーム黎明期に登場したKR250/KR250A型。

まさにカワサキの2stレーサーレプリカを代表する車種・・・なんですがその割にはレーサーレプリカ特集でも端折られる事が多いモデル。知らない人も多いのではなかろうか。

KR250後期

カワサキはGPZ400Rなどのアンチレーサーレプリカ路線でレースから離れてしまったのが大きな理由でしょうか。

ただこのKR250もれっきとしたレーサーレプリカなんですよ。

このKR250は1977年から1983年まで参戦していたWGP250のワークスレーサーKR250のレプリカです。

KR250A

同じ名前だからちょっとややこしいんだけど後ろに見えるのがそうで、WGP(ロードレース世界選手権)250部門でチャンピオンを四度も取った凄いマシン。

そしてちゃんとレプリカと言えるようレーサーと同じタンデムツイン形式のエンジンを積んでいます。

タンデムツインエンジン

タンデムツインというのは文字通り単気筒がタンデムするよう縦に二個並べられたエンジンの事。

エンジン幅をシングル並のスリムさに出来るメリットがあります。

 

これだけでも十分ユニークなんですが、KR250はもう一つ紹介したいユニークな物を備えています。

RRISシステム

『R.R.I.S.(ロータリー&リードバルブインテークシステム)』

とよばれる吸気方式です。

 

と言ってもピンと来ない人が多いと思うので簡易ながら説明。

2stの吸気方式というのは大まかに分けて三種類あります。

一つはピストンバルブ方式。

ピストンバルブ

早い話が吸気ポートの弁の役割も全てピストンにさせるもっともシンプルな方式。

 

次はクランクケースリードバルブ方式。

クランクケースリードバルブ

吸気ポートの弁の役割をリードバルブと呼ばれる負圧で開く弁に任せ、クランクに直接繋げている方式。

ピストンの位置に依存せず吸気が出来るメリットがあり晩年はこっちが主流でした。

※後にピストンバルブにもリードバルブが付きました

 

そして最後はロータリーディスクバルブ方式。

ロータリーディスクバルブ

これはクランクと一緒に回る円盤を弁にしている方式。

絵が下手で申し訳ないんですが、常に回転数に応じた正確な開閉が出来るのがメリット。

クランク回転角に応じて吸気ポートが開いたり塞がったりするメダルゲームみたいな開き方。

 

で、もう一度KR250の吸気方式をおさらいすると

レーサーレプリカKR

『ロータリー&リードバルブインテークシステム』

と二つの吸気方式が合体した様な名前になっていますよね。

これがどういうことかというと、方式としてはロータリーディスクバルブと同じ。ただその吸気口の一部にリードバルブが設けられている。

レーサーレプリカKR

弱い負圧の時は開かないけど、強い負圧の時にはパカっと弁が開いてグングン吸気する可変バルブみたいな機能。

スペースに余裕があるロータリーディスクバルブならではの手法ですね。

KR250

これのおかげでKR250は2stらしさ全開の二段ロケット加速をします。

ちなみにこの機能はARとKR25にしか採用されていない珍しい機能。

KR250カタログ

横から顔を出しているキャブはそれを示しているKR250のアイコン。

そしてそれと同時に

「他所と同じことはしない」

というポリシーをデザイン共々よく表しているカワサキらしいレーサーレプリカというわけ。

主要諸元

全長/幅/高 2035/685/1185mm
シート高 790mm
車軸距離 1360mm
車体重量 133kg(乾)
燃料消費率 40.0km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 18.0L
エンジン 水冷2サイクル2気筒
総排気量 249cc
最高出力 45ps/10000rpm
最高トルク 3.7kg-m/8000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前100/90-16(54H)
後110/80-18(58H)
バッテリー FB4L-A
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
B9ES
推奨オイル カワサキ純正オイル
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量1.5L
スプロケ 前14|後38
チェーン サイズ520|リンク98
車体価格 498,000円(税別)

系譜図

KR250 1984年
KR250
(KR250A前期)
KR250S 1985年
KR250S
(KR250A後期)
KR250B 1988年
KR-1
(KR250B)
KR250C 1989年
KR-1S/R
(KR250C/D)