SV650の系譜

GLADIUS
(VP55A)
-since 2009-

SFV650グラディウス

「It All Comes Down to Fun」

SVの後継といっていいのか、違う派生車と言ったほうがいいのか微妙な立ち位置にいるSFV650 GLADIUS/VP55A型。

 

ここまで気合の入ったトラスフレームは海外勢を入れても無いのではなかろうか。

グラディウス400

デザインに強弱が付いてるトラスフレームでステップやマフラーまで流れを止めず流してるデザイン。

そしてクランクケースにも一工夫されているんですが分かりますか。

クランクケース

車名や造形を敢えて斜めにし、ボルトも奥に追いやるという非常に凝った形状。

『エレガント&スポーティ』

と言うだけあってデザインにお金を掛けてる意欲的な造り。

ちなみにこれはドイツやフランスがメインターゲットなんだそう。

 

ただこれは『エレガント&スポーティ』のエレガント部。スポーティの方も手抜きなし。

SDTV(デュアルスロットルバルブ)化。そしてSVシリーズでは初となるメッキシリンダーで馬力が更に上がって72馬力になりました。

グラディウス

要するにSVよりもルックスを磨き、よりVツイン感を味わえるようにエンジンも手が加えられるのがグラディウスなんです。

 

しかし残念なことに国内外問わず思った程の評価は得られませんでした・・・その最もたる理由は車体価格。

イギリスで表すとSV650が£4999(ポンド)だったのに対してSFV650は£5499と10万円弱も高かった。

これはグラディウスがお金を掛けたから当たり前な話なんですが、SV650のコストパフォーマンスが良すぎた事が仇となってしまったわけですね。

イギリス仕様

「SVは間違った方向に進んでしまった」

と人気だった欧州でも言われる始末。

 

しかしコレも難しいんですよね。

確かにSV650はロングセラー車でしたが、いくら人気の車種といえど10年以上売ってれば当たり前ですが晩年は販売台数も落ち込みライバル車にリードを許す展開となっていました。

欧州においてSV650の弱点、SVを選ばない理由は

「安っぽい(実際安いんだけど)」

とか

「腐るほど見るから」

という理由。

グラディウス650

つまりグラディウスはそんな声に応える為に生まれた豪華絢爛版SV650なわけですけど、そんなグラディウスを見て

「グラディウスは割高」とか「こんなのSVじゃない」

とか言われたらどうしようも無いですよね。

SV650とグラディウス

「じゃあSV買ってよ・・・」

って話ですよスズキからしたら。

グラディウスカタログ

これは国内でも言えることで、グラディウス400で検索してみると

「SVベースで80万超えは高すぎる」

という意見が多い。

コスパのSVを安っぽいとして選択肢から外す人たちの為にグラディウスを作ったら、今度はコスパが悪いとして選択肢から外された。

スズキ グラディウス650

スズキは少しくらい怒ってもいいかもしれない。

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:645cc
最高出力:72ps/9000rpm
最大トルク:6.4kg-m/7600rpm
車両重量:202kg(装)

系譜図

SV650前期 1999年
SV650/S
(VP52A前期)
SV650後期 2003年
SV650/S
(VP52A後期)
グラディウス 2009年
GLADIUS
(VP55A)
2016SV650 2016年
SV650
(VP55B)
SV650X 2018年
SV650X
(VP55B)

お知らせ|更新履歴