SV650の系譜

SV650/S
(VP52A)
-since 1999-

SV650S

「V-Twin Sportbike Technology, Engineering for Fun」

先に登場していたSV400の一年遅れで登場したSV650/S。

これは排気量を見てもらうとわかる通り欧州に向けて作られたバイク。とはいうものの国内仕様も販売されてました。(すぐカタログ落ちしちゃったけど)

まあ650ccというのは日本にとって微妙な排気量だし、当時はまだTL1000が居たからから仕方ないんですけどね。

SV650

では肝心の欧州で評価はどうだったのかといえば出た当初は笑いもの扱いでした。

なぜなら当時、欧州ではスーパースポーツしか作ってこなかったドカティが作ったネイキッドであるモンスターが大ヒットしていたから。

M900

フラッグシップモデル851のフレームに900SSの空冷2バルブエンジンを積んだネイキッド。

今でこそ見慣れてるけど、当時としてはアベコベな異端車。でもこれがウケてドカティ史上もっとも成功したバイクと言われるまでの大ヒットしたわけです。

 

だからSV650やTL1000Sが出たときは欧州はMONSTER一色、モンスターかモンスター以外だったから

SV650S

「スズキが出したプアマンズモンスター」

と馬鹿にされました・・・ところが、ところがです。

あまりにも優しい乗り味、そしてキレるハンドリングに評論家たちが舌を巻き絶賛。

初代SV650フレームエンジン

更には乾燥重量165kgという驚異的な軽さとスリムさで取り回しに長ける車体、低回転域から不足なく出る一方、上で弾ける70馬力のVツインエンジン。

街乗りにおいてSV650の右に出るバイクは居ないと言わしめるほど。

初代SV650

そして止めは米ドルで4999という破格の安さ。

SV650は瞬く間にに欧州においてスズキを代表する大ヒット車に。

SV650のカタログ写真

どれくらい凄かったかというと、2001年の欧州において堂々の販売台数トップ(24,738台)を獲得するほどです。

主要諸元

全長/幅/高 2070/750/1060mm
[2040/740/1130mm]
シート高 785mm
車軸距離 1430mm
[1420mm]
車体重量 165kg(乾)
[169kg(乾)]
燃料消費率 35.5km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 16.0L
エンジン 水冷4サイクルDOHC2気筒
総排気量 645cc
最高出力 70ps/8500rpm
最高トルク 6.3kg-m/7000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前120/60ZR17(55W)
後160/60ZR17(69W)
バッテリー YT12A-BS
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
CR8E
または
U24ESR-N
推奨オイル スズキ純正
エクスター
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量2.7L
交換時2.3L
フィルター交換時2.4L
スプロケ 前15|後45
チェーン サイズ525|リンク110
車体価格 659,000円(税別)
[699,000円(税別)]
※[]内はSモデル

系譜図

SV650前期 1999年
SV650/S
(VP52A前期)
SV650後期 2003年
SV650/S
(VP52A後期)
グラディウス 2009年
GLADIUS
(VP55A)
2016SV650 2016年
SV650
(VP55B)
SV650X 2018年
SV650X
(VP55B)