バイクトリビア

250もスーパースポーツ
~SSの定義とジレンマ~

250スーパースポーツ

「250はスーパースポーツか否か」

という話題が後を立ちません。

サイトへの問い合わせも稀に頂くのでここらへんで豆知識というより客観的な考察を書いていきます。

 

まずそもそも”スーパースポーツ”という言葉の初出が何処かというと、記憶の限りでは1979年のCB750Fだったかと思います。

CB750Fのカタログ

当時を知らない人からすると

「いやこれはネイキッドでしょ」

と思うでしょうが、これもAMA(全米レース)で活躍した立派なスーパースポーツ。

AMA/CB900F

CB400SFで見覚えのある人も多いますがそれの元ネタであるスペンサーカラーです。ちなみに横に写っているのはローソンレプリカの元ネタ。

※お詫び

1952年のCB92(浅間レース向け)の時点でスーパースポーツと名乗っていましたねスイマセン

まあそれでもスーパースポーツと呼ぶことに違和感を覚える人は多いかと。

 

では今の”スーパースポーツ”というカテゴリが確立したのがいつかといえば2004年頃。

スーパースポーツ

それまではレプリカとかアルティメットスポーツとか様々な言われようだったのがスーパースポーツに。

キッカケはWSB(ワールドスーパーバイク)を始めとした市販車レースのレギュレーションが750ccから1000ccになった事。

これは人気が高まっていた1000ccのスポーツバイクにあやかろうとした事が理由で、その狙いは見事に的中し人気が爆発しました。ちなみに600も同じです。

SSのサイクル

つまりスーパースポーツというのは

『人気クラス×レース準拠』

という定義が当て嵌まる。

 

実はこれ80年代後半に盛り上がりを見せたレーサーレプリカにも言えるんです。

250レプリカ

4st400ccや2st250ccにおいて次々に凄いマシンが登場し過激になっていった理由も実はレース。

これはまだローカルレースでしかなかった八耐などを国際レースに準拠(昇格)させる際に、ノービス(アマチュア)を排他する必要があったから。

そこで新たに鈴鹿四耐やTT-F3、他にもSS400やSP250などノービス(アマチュア)が主役の中型ローカルレースを別に設けたんです。

400レプリカ

中型というもともと身近で高い需要があるクラスだった事もあり人気急上昇。

そして競争が起こり、メーカーも応えた事でラインナップが充実した。

SSのサイクル

つまりレーサーレプリカも

『人気クラス×レース準拠』

という構図なんです・・・が、では何故

レプリカとスーパースポーツ

「レーサーレプリカとスーパースポーツは違う」

と言われるのかというと、出発点に違いがあるからです。

 

ホンダが分かりやすいんですが、ホンダのファクトリーレーサーといえばRC-Vですよね。

RCVとCBR1000RR

でもCBR1000RRは似ても似つかない姿形をしている。

これが何故かといえばCBR1000RRは出発点が”市販車”だから。

 

対してレーサーレプリカはWGP(現MotoGP)つまりファクトリーレーサーが出発点。

レプリカブーム

NSRという絶対的なレーサーがいて、その流れを受けた市販車としてNSR250Rなどが出た。

 

【スーパースポーツ】

市販車→市販車レース

【レーサーレプリカ】

レーサー→市販車→市販車レース

 

両者の決定的な違いはここにあるわけです。

RCVとRC213V-S

だから逆に2190万円もするRC213V-Sはスーパースポーツじゃなくてレーサーレプリカと言える。

同じくスーパースポーツを代表するYZF-R1も近年ではYZR-M1を意識したモデルになりました。

R1とM1

つまりR1もレーサーレプリカと言えなくもない話。

レーサーレプリカとスーパースポーツの境界線はそれだけ曖昧なんです。

なんだかスーパースポーツとレーサーレプリカの違いの説明になってしまいました。

 

本題の250クラス。

非常に盛り上がりを見せているクラスなんですが実はこれも

『人気クラス×レース準拠』

という図式が成り立っているからです。

 

『JP(Japan Production)250』

JP250

・二気筒250ccまで

・単気筒300ccまで

が条件で、年を追う毎に人気が高まっている登竜門的なMFJ公認レース。

これが一役買っている・・・と言いたいところなんですが、正直レーサーレプリカ時代のSP250/F等ほどの盛り上がりはない。

いま4st250を盛り上げているのは別のレースです。

 

『AP(Asia Production)250』

AP250

ほぼ同条件のアジアロードレース選手権。

名前の通り世界で一番重要な市場であるアジアのレースでその人気は凄まじいものがあります。

ちなみにラウンドには日本(鈴鹿)も含まれており日本人ライダーも活躍しているのですが、何が面白いってこの流れ80年代の日本と酷似している事。

ARRC

「腕に自信がある若者が上を目指して競い合い、多くの若者が固唾をのんで観戦する」

という80年代の日本そのままなんです。

アジアはいま正にそんなレーサーレプリカ時代の日本を追体験している状況で、またメーカーも80年代のように応えることで4st250が盛り上がり、その熱が日本まで届いている。

250SS

つまり大型SSやレーサーレプリカと図式が一緒だから

「250もスーパースポーツになった」

と言えるんです。

 

ただ250のスーパースポーツ化を示す要素はもう一つあります。

『スーパースポーツのジレンマ』

です。

先に紹介したレーサーレプリカや大型スーパースポーツの人気が長続きせずに終わってしまったのもこのジレンマのせい。

SBK2018王者

レプリカにしろスーパースポーツにしろレーサーという半身が人気に繋がっている以上、性能や戦績が人気に直結します。

そうなると当然ながらメーカーもどんどん本気になる。

レースで自社のバイクを勝たせるために凄い市販車を作る、更にレースで勝つためにワークス参戦(メーカー直々に参戦)までする。

 

するとどうなるか・・・ユーザーがついて行けなくなるんです。

多額の開発費で性能と同時に車体価格が跳ね上がっていき、何から何まで上回っているワークスという怪物の登場でレースの敷居が高くなる。

NSR250プライス

このせいで『価格弾力性』が無くなっていく。

要するにモデルチェンジに冷めてしまう、または購入を諦めて離れてしまうユーザーが増えてくる。

そうなると当然ながら販売台数が落ちていき負のサイクルとなってしまう。

負のサイクル

これはビッグスクーターなどブームが来たジャンル全てに当て嵌まるんですが、スペックやタイムといった目に見える数字勝負になるスポーツ系は特に直面する問題。

『性能を上げないと売れない』

『性能を上げると値上げになり売れない』

という板挟み、ジレンマに陥ってしまう。

SSのジレンマ

だからモデルチェンジされなくなり、やがてはレースも開かれなくなりカテゴリそのものが終わってしまう。

晩年のレーサーレプリカが正にそう。そしてまだ堪えてる大型スーパースポーツも。

 

250もスーパースポーツになったなと思うのは、これが当て嵌まる様になったから。

新旧Ninja250

一番最初に出たNinja250Rは50万円を切る車体価格でしたが今では60万円ほど。

新旧CBR250

ホンダも最初に出したCBR250Rは50万円を切る車体価格だったのが、本気を出して80万円弱もするCBR250RRを出した。

今度出るヤマハのYZF-R25も性能価格ともに先代を超えるでしょう。

2019年式YZF-R25

こうしてどんどんインフレしていく。

でもこれは決してメーカーが悪いわけではなく本当にどうしようもない事。

「一番速い、一番凄いバイクが欲しい」

とユーザーは望む。

だからメーカーも高くなろうと一番凄いバイクを提供する事を止めることは出来ない。

 

いい例なのがGSX250Rというバイク。

GSX250R

レースではなく日常での使い勝手と速さを重視した別アプローチのモデルなんですが、販売台数は先に出ていたライバル車にすら負けている。

これが何故かと言えば

「ライバル車より凄くない」

とレースに出るわけでもないのにカタログスペックで優劣を判断する人が多かったから。

GSX250Rのカタログ

市場がもう

『フルカウル250=スーパースポーツ』

としてしか見ていない事を如実に表している。

 

こうなった以上はレーサーレプリカや大型SSと同じ様に

『250スーパースポーツ』

としてユーザーがついて行けなくなるまで性能も価格もインフレしていくしかない。

アジアロードレース

もちろんこのインフレのおかげで凄い250が買えるようになるわけなので悪いことでは無いですけどね。

 

これは歴史的に見た場合の話なので

「250はスーパースポーツじゃない」

と別の定義で否定されるのもごもっともですが、少なくとも

「スーパースポーツの道を歩んでいる」

と言える状況になったのは紛れもない事実かと。

 

【余談】

市販車の世界レースで2017年からSSP300というレースが始まりました。

300と銘打たれていますが簡単に言うと欧州におけるA2免許、日本でいう普通自動二輪クラスで乗れる車両によるレースのこと。

Ninja400

ZX-10Rなど市販車レースに注力しているカワサキがNinja400を出したのはこのレースで勝つためなのが大きく、レース人気も高まっている。

という事は400もスーパースポーツの道を歩むことになる日が近いかもしれない・・・。

 

【関連ページ】

二気筒エンジンが七変化した理由

加速でリアは沈まない~アンチスクワット~

右コーナーが苦手な理由

 

お知らせ|更新履歴