バイクトリビア

ポルシェデザインのSRがある

マンホール

ドイツの有名なスポーツカーメーカーであるポルシェ。同じドイツのVWの子会社だったり親会社だったりします。今はどちらが親か知りませんが。

そうなっている理由はVWの筆頭株主がポルシェ一族だから。複雑ですね。

 

まあそんな話はさておき・・・ポルシェのデザインはポルシェデザインという子会社がやっているのですが、そのポルシェデザインが手がけたSRがあります。

これはドイツのバイク誌が1979年に開いた

「Alternatives Motorrad Konzept(これからの二輪)」

というデザインコンペ大会が発端。だからコンペティションモデルであって市販はされていません。騙すような事を言ってスイマセン。

SR500

そしてヤマハのSR500をポルシェデザインがデザインしたというわけで、そのSRがこれ。

ポルシェデザインSR500

ポルシェっぽい・・・のでしょうか。アート過ぎてよく分かりませんがベースは紛れもなくSR500。

ただSRっぽさは微塵もないですねハイ。

ポルシェSR500

となりのチェアが何か関係しているらしいのですがよく分からず・・・くつろげるバイクという事なのかな。

ちなみにポルシェのお膝元のドイツ・シュツットガルトにあるポルシェ博物館に展示されいるそうなので行けば見れます。

※もしかしたらもう無いかも

ポルシェ博物館

まあ館内は高級なポルシェだらけなのでそれどころじゃないと思います。

 

ちなみに自動車デザイナーによるコラボ企画はSRだけではなくもう二台ありました。

GS850G

一つはスズキのGS850Gをバックトゥザフューチャーでおなじみデロリアンを始め、初代GOLFなど数々の名車を手がけてきた巨匠ジウジアーロ(イタルデザイン)がデザインしたバイク。

ロータリーエンジンバイクで有名なRE-5をデザインされていた事からの繋がりですね。

ジウジアーロGS850G

大型のフェアリングを纏い、正にコックピットでタイムトラベル出来そうなハンドルやメーター周り。映画はまだ先で6年後の1985年ですが。

 

そしてもう一つはアグスタのMV750SPORT。

MV750S

このバイクをベースにデザインしたのはBMWのデザインを手がけていたターゲットデザインで、それがこれ。

ターゲットデザインMV750S

このバイク何かに似てると思いませんか。

実はこのコンペ大会でこれを見たスズキ(谷さん)が、あまりにも卓越したデザインに衝撃を受け

「こんなバイクをウチにデザインしてくれ」

とデザイナーのハンス・ムートさんに熱烈オファー、そしてハンス・ムートさんも快く了承。

KATANAプロトタイプ

そうして生まれたのがKATANAだったりします。

 

【関連ページ】

デザインのヤマハ、実は外注だった

コーポレートマークの変遷と由来

相変わらずシャレてるヤマハの海外広告

 

お知らせ|更新履歴