モンキーの系譜

モンキー (Z50M)-since 1967-

MONKEY Z50M

国内最初の市販モンキーZ50Mは待ちに待ったと国内でも人気が出た。
ベースはCZ100のままだけど、エンジンがCUBベースだったため足並みを揃えてOHVからOHCへ変更。

そもそもモンキーは車のトランクに積んで、レジャー先でのチョイノリがコンセプト。だから折りたためるハンドルに、燃料漏れを防ぐタンクキャップ等、積み込むにあたっての気遣いがある。

モトコンポ

こう聞くとモトコンポ(1981年)のイメージが強いけど、実はモンキーがずっと前にやってた。
しかもモトコンポはHY戦争で二輪台数を稼ぐための抱き合わせが狙いだったりしてちょっと無粋だったりする。

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:49cc
最高出力:2.5ps/6000rpm
最大トルク:0.31kg-m/5500rpm
車両重量:48kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

Z100 1961年
モンキー Z100(試作非売品)
輸出向けMONKEY 1963年
モンキー(CZ100)
Z50M 1967年
モンキー(Z50M)
Z50A 1969年
モンキー (Z50A/Z)
4Lモンキー 1974年
4Lモンキー(Z50J~)
6Vモンキー 1978年
6Vモンキー(Z50Jz-1~)
12Vモンキー 1992年
12Vモンキー(Z50JN-7J~)
インジェクションモンキー 2009年
フューエルインジェクションモンキー (Z50J9-YA~)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ