JOGの系譜

JOG CE50E
(27V)
-since 1983-

CE50E

「スタイリッシュ・スプリンター」

ヤマハの原付を代表するジョグ。

その記念すべき初代がこの1983年に登場したCE50E/27V型。

 

当時はHY戦争が終戦した直後だったのですが、ファミリーバイク需要はまだまだ高かった事もあり発売された忘れ形見の様な原付。

しかしながら今でも名前が残っている通り、このモデルが市場に与えたインパクトはそれはそれは強烈でした。

初代ジョグ

まず第一に上げられるのがライトウェイトスポーツと呼べる原付だった事。

馬力こそ4.5psと決して高いとはいえなかったものの、かわりにコンパクトな車体とハイテン鋼管フレームによって車重はわずか49kg。

更にセル始動に加え二輪初のオートチョーク&CDI点火で走りは十分・・・十分というか

・荷重がリア寄り

・ショートホイールベース

・とにかく軽い

という事から簡単にウィリーする。

今の原付の間隔でアクセルを捻ると十人中十人が引っくり返る。

CE50Eカタログ

まさに『ピーターパン気分』を味わえるわけです・・・というのは冗談ですが、正にスプリンターの様な原付だったジョグはターゲットだった若者を中心に非常に人気が出ました。

ただし、人気が出たのは走りの部分だけではありません。

100km/Lという超低燃費もそうですが、それ以上に衝撃的だったのが見た目・・・と言っても当時を知らない人は分からない。

一体型フェンダー

それはボディ一体型となったフロントフェンダーです。

「別に珍しくないのでは」

と今でこそ思いますが、当時としては非常に斬新だった。

珍しくないと思えるのはこのジョグが多大な影響を与え、デファクトスタンダードにまでしたからなんです。

ペリカンジョグ

その特徴的なフェンダーがクチバシに見える事から

「ペリカンジョグ」

という愛称で今も呼ばれています。

 

※1984/48F|60km/h規制

※1985/1HH|メーター一新

※1986/1KX|エンジン見直し

※1986/1RN|ピレリタイヤのSP

※1986/2EX|エンジン見直しで5.3馬力に

エンジン:空冷2サイクル単気筒
排気量:49cc
最高出力:4.5ps/7000rpm
最大トルク:0.54kg-m/5500rpm
車両重量:49kg(乾)

系譜図

27V 1983年
JOG
CE50E/ES
(27V/48F/1KX/1RN/2EX)
CG50 1987年
JOG
CG50E/ED/ES/Z
(2JA/2TA/2TE/3CP)
CY50 1989年
JOG
CY50/D/H/HS/Z
(3KJ/3RY)
YG50 1991年
JOG
YG50/D/Z/ZS/EX
(3YJ/3YK)
YJ50 1994年
JOG APRIO
YJ50/EX/S/R
(4JP/4LV/5AU)
YV50 1997年
JOG
YV50/C/Z/H
(5BM/5EM/5GD)
CV50 2000年
JOG
CV50/A/R/ZR
(5KN/5PT/5SU/5SW)
CE50 2007年
JOG
CE50/D/P/ZR
(3P3)
CEH50 2018年
JOG
CEH50/D
(B3K)

お知らせ|更新履歴