JOGの系譜

JOG APRIO
YJ50/S/SP/EX
(4JP/4LV)
-since 1994-

YJ50

「Standard」

先代と併売する形で登場したので五代目なんだけど派生と言った方がしっくり来るアプリオこと4JP型。

このモデルは成熟してきた市場のニーズにあった原付というのがコンセプト。

最大の特徴はクラストップとなる6Lの燃料タンクと大容量のメットインスペース。そして今でこそ当たり前なメインスイッチ兼メットオープナーを初めて採用したスクーターだったりします。

アプリオの装備

とにかく使い勝手を第一にという配慮が随所に施されており

『スタイルのジョグ、使い勝手のアプリオ』

という棲み分けでした。

ちなみにアプリオはその快適装備の充実もあってディスクブレーキタイプのEXや質感を高めたスペシャルなどJOGに負けず劣らずバリエーションが色々あったんですが、そんな中でも紹介しておきたいのがタイプ2と呼ばれるモデル。

アプリオ タイプ2

一見すると何てことないアプリオに見えるんですが、チラリと見えている赤い冷却ファンからも分かる通りこれZRと同じ7.2馬力のスーパーZエンジンを積んだアプリオ。

見た目は至って地味で便利なアプリオ・・・だけどメチャクチャ速いっていうマニア向けなモデルでした。

 

1996年にキャブとヘッドライトの見直し、2001年に盗難防止装置とブレーキの見直しが入ったんですが、それよりもアプリオで忘れてはいけないのがカタログに起用された方。

カタログ写真

ゴン中山さんです。ちなみに写真のアプリオは限定のジュビロ磐田カラー。

当時はJリーグ全盛期でテレビCMもバンバン打っていたので覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

※YJ50EX/4LV1|アプリオEX

※YJ50S/4LV2~4|アプリオType-II

※YJ50S/4JP|アプリオ限定カラー

※YJ50SP/4JP|アプリオスペシャル

※YJ50R/5AU|ビーノ

 

エンジン:空冷2サイクル単気筒
排気量:49cc
最高出力:6.8ps/6500rpm
最大トルク:0.75kg-m/6000rpm
車両重量:61kg(乾)
※スペックはYG50

系譜図

27V 1983年
JOG
CE50E/ES
(27V/48F/1KX/1RN/2EX)
CG50 1987年
JOG
CG50E/ED/ES/Z
(2JA/2TA/2TE/3CP)
CY50 1989年
JOG
CY50/D/H/HS/Z
(3KJ/3RY)
YG50 1991年
JOG
YG50/D/Z/ZS/EX
(3YJ/3YK)
YJ50 1994年
JOG APRIO
YJ50/EX/S/R
(4JP/4LV/5AU)
YV50 1997年
JOG
YV50/C/Z/H
(5BM/5EM/5GD)
CV50 2000年
JOG
CV50/A/R/ZR
(5KN/5PT/5SU/5SW)
CE50 2007年
JOG
CE50/D/P/ZR
(3P3)
CEH50 2018年
JOG
CEH50/D
(B3K)

お知らせ|更新履歴