ZXR400の系譜

ZXR400/R
(ZX400H/J)
-since1989-

ZX400H

「Racing Super Weapon」

何処からどう見てもZXRレプリカにしか見えない姿に変貌し車名も同じZXRとなったZXR400。奇しくもレーサーレプリカブームを止めたゼファーと同年(一ヶ月先)デビューです。

ZXR400に限った話ではないんだけどアンチレーサーレプリカを貫いていた事もあってカワサキはレーサーレプリカに乗り出すのが一番遅かった。

90ZXR400

もうこの頃になると各社ともモデルチェンジや年次改良を何代も重ねてきて最終型に近い形になっていた状況。当たり前だけど分が悪いにきまっている話。

ZX400Hカタログ

ところが要らぬ心配と言いますが後出しというハードルをクリアするどころか楽々と飛び越える性能と装備で登場したわけです。

ZXRのトレードマークでもあるフレッシュエアをエンジンヘッドに吹き付ける為アッパーからチューブが伸びているK-CASはもちろんの事、250と並んでクラス初となる倒立フロントフォークを標準で採用。レースで拝む事しかできなかったフロントフォークを最初から付けてきたわけです。 ZXR400カタログ

先代ZX-4には付いていたハザードや燃料計といった速く走ることに必要のないものも全て撤去。今までのアンチレーサーレプリカ路線は何だったのかと言えるモデル。

翌年の年次改良でもカム・バルブ・ピストン、スイングアームやサスペンション、バックトルクリミッター(K-BATL)と留まることを知らない改良。

 

少し遅れて出たプロダクション(レース)モデルのZXR400R(ZX400J)もこれまた凄くて、ハイカム、クロスミッション、シングルシートリアカウルを標準装備。

ZXR400R/ZX400J

翌90年には加速ポンプ付きFCRキャブレーターにフルアジャスタブル倒立フロントフォーク&別体リザーバー付きリアサスペンションなどなど本当に限度を知らない年次改良。

そのおかげかレースの方も全日本選手権F3(4st400部門)でカワサキとしては初となる優勝を90年に果たしました。ちなみにこの時のライダー鶴田さん(TEAM GREEN)は後のトリックスターレーシング創設メンバーで代表でもあります。

 

主要諸元

全長/幅/高 2035/705/1125mm
シート高 765mm
車軸距離 1395mm
車体重量 162kg(乾)
[159kg(乾)]
燃料消費率 45.5km/L
[46.0km/L]
※定地走行テスト値
燃料容量 16.0L
エンジン 水冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 398cc
最高出力 59ps/12000rpm
最高トルク 4.0kg-m/10000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前120/60R17(55H)
後160/60R17(69H)
バッテリー YB12A-AK
プラグ CR9EK
または
U27ETR
推奨オイル カワサキ純正オイル
または
MA適合品SAE10W-40
オイル容量 全容量3.0L
交換時2.6L
フィルター交換時3.0L
スプロケ 前15|後45
チェーン サイズ520|リンク110
[サイズ520|リンク108※89及びR]
車体価格 686,000円(税別)
[723,000円(税別)]
※[]内はRモデル

系譜図

ZX400G 1988年
ZX-4
(ZX400G)
ZX400H 1989年
ZXR400/R
(ZX400H/J)
ZX400L 1991年
ZXR400/R
(ZX400L/M)
ZXR400最終

1993年
ZXR400/R
(ZX400L/M最終)