ロードレースの系譜

国別スーパーバイク選手権

SBK(WSB)は「スーパーバイク世界選手権」

それとは別に国ごとに別れ国内サーキットのみで行っている国内レースがあります。

レギュレーションは基本的にSBKに準拠。ちなみに国内レースですが国籍は参加条件に関係ありません。

MFJロードレース選手権(日本) 通称:JRR

JSB1000

我ら日本の国内レースの最高峰がこの全日本ロードレース選手権

クラス分けは
・JSB1000(リッターSSの改造車)
・J-GP2(600SSの改造車)
・J-GP3(250ccの改造車)
・ST600(改造範囲が限定された600SS)

となってる。

主催はMFJ。

ツナギ等のレーシング用品を持ってる人は知ってると思うけど、この「MFJ公認」というマークの入ったツナギじゃないと参戦できない。走行会とか非公式レースはMFJ公認か否かは関係ない。

面白いのがJSB1000ではSBKではやる気のないホンダやヤマハもセミワークスながら参戦しているということ。

まあお陰でSBKでも見れない国内四社の対決が見れます。

もし日本の方で

「俺も腕に自信があるから世界レースに出て勝ちたい!」

と思うならJRRが登竜門になります。

ST600→J-GP3→J-GP2→JSB1000→MotoGPやSBKなどの世界レース

と言った感じ。ST250とかもっと下もあってST600に出場できるのすら一握り。

ちなみにJSB1000クラスの選手になるまではほぼスポンサーは付かないので百万単位で自腹を切る必要があります。

しかし活躍すればメーカー(ワークス)からお声が掛かったり、スクール講師やインプレッションの依頼を頼まれたり・・・と業界からお声がかかり日々バイク三昧で食っていけるという夢の様な生活が送れます。

 

AMAスーパーバイク選手権(アメリカ) 通称:AMA

AMA

一時期はSBKを凌ぐほどの人気となった世界の番長ことアメリカの国内レース。

でも正確に言うと

「AMA Pro Road Racing」

レギュレーションはほとんど変わりません。
・American Superbike(リッターSSの改造車)
・Daytona Sportsrbike(600SSの改造車)
・SuperSport(改造範囲が限定された600SS)

カワサキのイメージカラーであるライムグリーン、そしてZRXでお馴染みローソンレプリカやヤマハのインターカラーの大元はこのAMAです。

エディ・ローソン

ちなみに今はワークスの参戦は禁止されてます。

そんなAMAのスーパーバイククラスで活躍してる二強はモンスターエナジーヤマハとUSヨシムラスズキ。

AMAというかアメリカはオフ系(モトクロスやATV)のレースも人気です。

 

その他

イギリスではブリティッシュスーパーバイク選手権、他にもスペイン、イタリア、ドイツ、オーストラリアでも同様にロードレース選手権が行われています。

ちょっと間延び感が出てきたので欧州その他は纏めて紹介させてもらいましたゴメンナサイ。