HAYABUSA1300の系譜

GSX-R1100
(M/N)
-since1991-

GSX-R1100M/N

油冷最終になる2馬力アップした91年M型と92年N型(厳密にいうと最終は調整が入ったN型のみ)の通称「ラストモンスター」

同年のR750と同じくライトをカバーで覆った顔つきに変わりスラントノーズ化されました。

油冷ファイナルGSX-R1100

N型は油冷GSX-R1100としても油冷ジグサーとしても最後のモデルなので油冷のゴリゴリ感に心を打たれた総からは今だに強い印象と人気を持っている。

「ラストモンスター」と言われているのはそういったことから。

 

SACS

なんで油冷を止めたのかというと高負荷時の冷却が水冷に比べ厳しいからというのが理由。

一番熱くなるエンジンヘッドにおいて熱を逃がすためのウォータージャケット(冷却水が通る道)がある水冷に比べ、オイルを吹き付ける油冷はどうしても劣ってしまった。

ただこれはGSX-R750における真夏レースという極限状態で初めて出た問題であってそれ以外は問題なかった。むしろウォータージャケットが要らないから小型軽量という武器もある。

ただレースで勝つためには熱ダレというのはあってはならない問題なので水冷化。そうなると同じエンジンをベースとしていたGSX-R1100も水冷にせざるを得ず、油冷ではなくなったっていう話。

 

主要諸元

全長/幅/高 2085/755/1150mm
シート高 815mm
車軸距離 1465mm
車体重量 226kg(乾)
燃料消費率 -
燃料容量 22.0L
エンジン 油冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 1127cc
最高出力 145ps/9500rpm
最高トルク 11.9kg-m/7250rpm
変速機 常時噛合式5速リターン
タイヤサイズ 前120/70ZR17
後180/55ZR17
バッテリー YB14L-A2
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
JR9B
推奨オイル スズキ純正
エクスター
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量5.1L
交換時4.0L
フィルター交換時4.2L
スプロケ 前15|後48
チェーン サイズ532|リンク118
車体価格 -

系譜図

GSX-R1100G 1986年
GSX-R1100
(G/H/J)
GSX-R1100K 1989年
GSX-R1100
(K/L)
GSX-R1100M/N 1991年
GSX-R1100
(M/N)
GSX-R1100P/R 1993年
GSX-R1100W
(P/R/S/T/V)
99GSX1300R HAYABUSA 1999年
GSX1300R
HAYABUSA
(X/Y/K1~K7)
08HAYABUSA1300R 2008年
HAYABUSA1300
(K8~9/L0~L2)
2013HAYBUSA1300R 2013年
HAYABUSA
(L3~L8)
2014HAYBUSA1300R 2014年

(L4~L7)