Wの系譜

650-W1
(W1/S/SA)
-since 1966-

ダブワン

「王者の風格」

Wの始まりであるカワサキ650-W1。

「ダブワン」と言われているのを聞いたことはある人も多いかと思います。

カワサキ650-W1カタログ写真

クランクケース周りを見れば分かる通り、基本的に先のKをベースにボアアップし624ccとしたモデル。

この頃のカワサキのバイク事業はいつ撤退となってもおかしくない崖っぷち状況。一から大型バイクを造るお金なんて無かったんです。

とはいえクラストップとなる47馬力で圧倒的な速さを誇り、スポーツバイク層や旧メグロオーナーなどからも高い支持を獲得しました。

W1スペック

ただ当時は振動を打ち消すバランサーなんてものが無い時代。

そんな中で624ccのバーチカルツイン(312ccの単気筒を2つ並べた形)だからいま売ったらクレームものの振動が起こります。

どんくらい振動が凄いかというと、サイドスタンドで停めてる時にアクセル煽ると横転してしまうほど。

650-W1

ただ当時はソレが大型である証でもありました。

 

ちなみにこのW1はカワサキ初の世界戦略車です。

カワサキの世界戦略車というと6年後に出るZ1のイメージが強いですが第一号はこのW。

翌67年にはツインキャブ&キャブトンマフラー&フロント19インチとなったW1S。

W1SA

更にその2年後の1970年には現代的な左シフトへ変更し、メーター周りなど見た目もスポーティに仕上げたW1SA(上の写真)へモデルチェンジ。

このW1最終型であるSAは非常に高い人気を呼び、生産台数1万台を超えるヒットとなりました。

エンジン:空冷4サイクルOHV2気筒
排気量:624cc
最高出力:47ps/6500rpm
最大トルク:5.4kg-m/5500rpm
車両重量:199kg(乾)

系譜図

メグロ 1960年
メグロKシリーズ
W1 1966年
650-W1
(W1/S/SA)
650RS 1973年
650-RS
(W3)
EJ650 1999年
W650
(EJ650A/C/D/E)
EJ400 2006年
W400
(EJ400A)
EJ800 2011年
W800
(EJ800A)

お知らせ|更新履歴