Wの系譜

650-RS (W3)
-since 1973-

650RS-W3

「語りつがれ、受けつがれているロードスター」

W1を更に煮詰めた形となる650-RS通称W3。

良くも悪くも荒々しかったW1とは打って変わり、品質も特性も大きく向上したことで非常に評価が高かったモデル。

650RS-W3

なかでも度肝を抜いたのがダブルディスクブレーキを搭載した事。

当時ダブルディスクブレーキなんてものは本当に限られた一部のバイクにしか付いておらず、カワサキのバイクとしては初となります。

先に出ていたフラッグシップモデルであるZ1ですらシングルだったんですよ。それだけで豪華さがわかるかと思います。

 

そう・・・Zです。

国内向けZである750RS(ゼッツー)が発売となったのはW3と同年同月。

ゼッツーとW3

750RSと650RSのWロードスター展開・・・漂う男の体臭って。

当然ながら多くの大型ライダーは市販車初となるDOHC直四のZに夢中で、OHVのパラツインなんて眼中になかった。

750RSと650RS

しかも排気量は向こうが上でセールスでもZ2推し。

まだまだクラシックなんて文化が根付いていない70年代だから仕方なかったといえば仕方のない話。

大型バイクの象徴だったWシリーズはあっという間にその株をZに奪われる形となり、1975年をもって生産終了。

もう誰もWなんて求めていなかったから後継が出ることもなく、四半世紀もの空白が空くこととなりました。

 

ところで・・・

「W1→W3ってW2は?」

と思われる方も居るかもしれないので念のため。

勿論W2もありました。

kawasaki650-W2

W2はW1とほぼ同時期に発売された完全輸出向けW1Sの事。

更にW2はスクランブラータイプのW2TTといった派生モデルまであります。

W650-TT

それだけ海外(主に北米)で売ろうと必死だったわけですね。

しかし北米でも日本と同じようにZ1が爆発的な人気となり、Wの人気が出る事はありませんでした。

 

主要諸元

全長/幅/高 2150/860/1120mm
シート高 -
車軸距離 1425mm
車体重量 215kg(乾)
燃料消費率 -
燃料容量 15.0L
エンジン 空冷4サイクルOHV2気筒
総排気量 624cc
最高出力 53ps/7000rpm
最高トルク 5.7kg-m/5500rpm
変速機 常時噛合式4速リターン
タイヤサイズ 前3.25-19-4PR
後4.00-18-4PR
バッテリー YB7L-B
プラグ B7ES
推奨オイル -
オイル容量 全容量3.0L
スプロケ -
チェーン -
車体価格 363,000円(税別)

系譜図

メグロ 1960年
メグロシリーズ
W1 1966年
650-W1
(W1/S/SA)
650RS 1973年
650-RS
(W3)
EJ650A 1999年
W650
(EJ650A/C/D/E)
EJ400A 2006年
W400
(EJ400A)
EJ800A 2011年
W800
(EJ800A)