Wの系譜

W800
(EJ800A)
-since 2011-

W800/EJ800A

「美の継承」

ベベルギアの減価償却が済んだから許されたのかフルモデルチェンジし800となったW800。

W650をベースにボアを5mm拡大することで773ccとし、FI化で排ガス規制をクリア。

W800マフラー

排ガス規制が厳しくなろうと空冷&キャプトンマフラーで通してきた事に執念を感じますね。

更にカバーレスショックアブソーバーやキックスタートの廃止による軽量化、シート形状見直しによる脚付き改善なども加わっています。

 

そんなW800ですが、待ち望んでいた人が多かったのか初年度だけで約2000台受注と2011年上半期販売台数ナンバー1の人気でした。

W800カフェスタイル

コチラは新たに追加されたカフェスタイル。

 

W650で書きそびれたのですが、Wシリーズはお高くとまっているトコトコクラシックではないですよ。

『直四とは違う新しいスポーツ』

というのが始まりなだけあって見かけによらずスポーツの要素も併せ持っています。

W800

もちろん絶対的な速さはないんですが

『360度クランクにしか出せないパルス感』

『ベベルギアにしか出せない唸り音』

で乗り手をその気にさせてしまう、まさに直四とは違うスポーツさを持っているんです。

W800カタログ

とはいえ分類されるとしたらクラシックの類に入るでしょう。

そしてクラシックといえば原型を留めないほど思い思いのカスタムをするのが通例・・・なのにWシリーズに乗っている人はあまり弄っていない人が多いというか、ほぼノーマルでパッと見でもWと分かる車体ばかり。

カワサキW800

これも実は開発チームのこだわりが影響しているんですよ。

新世代Wの企画を担当された谷さんがこう仰っています。

 

「素材として提供して、後はお客さんの好きにどうぞって考えもありますけどWは違います。」

W800カタログ写真

「コレが一番カッコよくて、コレが一番綺麗だと自信を持って提示してるバイクなんです。」

ノーマルのまま乗るオーナーが多いのは、そんな思いが無意識に伝わっているからなんでしょうね。

主要諸元

全長/幅/高 2180/790/1075mm
シート高 790mm
車軸距離 1465mm
車体重量 216kg(乾)
燃料消費率 33.0km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 14.0L
エンジン 空冷4サイクルOHC2気筒
総排気量 773cc
最高出力 48ps/6500rpm
最高トルク 6.3kg-m/2500rpm
変速機 常時噛合式5速リターン
タイヤサイズ 前100/90-19(57S)
後130/80-18(66H)
バッテリー YTX12-BS
プラグ CR8E
推奨オイル カワサキ純正オイルR4/S4
または
MA適合品SAE10W-40
オイル容量 全容量3.2L
交換時2.7L
フィルター交換時2.9L
スプロケ 前15|後37
チェーン サイズ520|リンク104
車体価格 850,000円(税込)

系譜図

メグロ 1960年
メグロシリーズ
W1 1966年
650-W1
(W1/S/SA)
650RS 1973年
650-RS
(W3)
EJ650A 1999年
W650
(EJ650A/C/D/E)
EJ400A 2006年
W400
(EJ400A)
EJ800A 2011年
W800
(EJ800A)