Z900の系譜

Z900RS(ZR900C) -since 2018-

ブラック

「true spirit」

なにかと話題になっていたZ900RS(ZR900C)。サイトにも多くのリクエストが来てるのを見ても凄い反響ですね。

Z900RSフレーム

基本的には先に紹介したZ900(ZR900B型)で、フレームのステム部分を伸ばし長い間隔でマウントすることで直進安定性といいますか、ネイキッドらしい落ち着いたハンドリングを出している様です。

フロント周り

ストファイのZ900を差し置いてネオレトロのRSはラジアルマウントキャリパーを採用、一方でカワサキにしては珍しく非ペタル(花びら)ディスクローターという何とも面白い組み合わせ。

エンジンも低回転域の扱いやすさを増す為に圧縮比を落としています・・・が、まあそれよりも見た目ですよね。

ブラック

丸目LEDヘッドライトから始まり、二眼メーターにティアドロップタンク、冷却フィンの装飾やクランク回りのエンジン外装、長いシートと流れる様なサイド&シートカウルなどなど、何処からどう見てもZ1(というかゼファー?)を連想させる。

Z1とZ900RS

肝心のマフラーが四本出しじゃなかったりするのは、ネオレトロの火付け役であり大事な要素であるカスタムビルダーへの配慮かな。

見た目はレトロだけどトラクションコントロールシステムやABS、スリッパークラッチといった最先端装備ももちろんB型と同様に装備、RSはそれに加えてETC2.0も標準装備となっています。

Z900RSカフェ

コチラはカフェスタイルのZ900RS CAFE。公式モデルです。

 

【野暮な小言】

Z900RSに対するリクエストが何故こんなに来たのかといえば「ザンザスの系譜」

「Zの亡霊」

と言ったからかと。

Z900RSとZ1

それも今ではZといえばZ1/Z2ではなくストファイというイメージが出来上がっていた・・・そんな中で出てきたZ900RS。

正直に言うと

「せっかく除霊したのに呼び戻すイタコみたいな事するなんてネオレトロブームに屈したな」

と思いました。

しかしいざ出てきた物を見るとそうとも言い切れない部分もある。

Z900RSヘッドライト

Z1/Z2やゼファーが好きな人からするとZ900RSは少しズレていると思います。

水冷やモノサスはもちろん、スポークホイールではなくスポークホイール風キャストホイールだったり、倒立フォークやラジアルマウントキャリパーだったり、ウィンカーやフェンダーが今風だったり。

ZR900C

色んな部分がZ1ではない上に寄せる努力をした形跡が見て取れない。

ここで思い出したのがZRXシリーズの車体設計に携わっていた古橋さんがネイキッドの二本サスについてインタビューで

「いつまでも二本サスというのは・・・」

と漏らした事。

それらから思うにZ900RSは、今のカワサキが、今のバイク乗りの為に作った、今のRS(RoadSter)なのかなと。

 

Z1の様で・・・明らかにZ1じゃない。懐古的ではあるけど回帰的ではない。

それは車名にも現れています。

Z900RSサイド

「Z900RS」

こんな車名のZは今まで存在しません。Z1は900Super4もしくはZ900、Z2も750RSやZ750FOUR。

でもZ900RSと聞くと誰もが自然とZ1を思い浮かべる。見た目だけでなく車名までもがZ1を連想させるけどZ1ではない。

名は体を表す・・・上手い車名を付けたものです。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:948cc
最高出力:
111ps/8500rpm
最大トルク:
10kg-m/6500rpm
車両重量:215kg(装)

系譜図

Z2 1973年
750RS(Z2)
Z750FOUR 1976年
Z750FOUR(Z2F)
Z750FX 1979年
Z750FX(KZ750D/E)
Z750GP 1982年
Z750GP(KZ750R)
ZR750J 2004年
Z750/S(ZR750J/K)
ZR750L 2007年
Z750(ZR750L)
ZR750N 2011年
Z750R(ZR750N/P)
ZR800B 2012年
Z800(ZR800A-D)
ZR900B 2017年
Z900(ZR900B)
ZR900B 2017年
Z900RS(ZR900C)

お知らせ|更新履歴