Z900の系譜

750RS
(Z2/Z2A)
-since 1973-

Z2

皆さんご存知「ゼッツー」こと750RS

当時を知らない人は"ゼッツー"が車名だと勘違いしているパターンが多いけどゼッツー(Z2)は型式で正しい車名は750RS(Road Star)といいます。
Z750RSとか言っちゃうとニワカ扱いを受る恐れがあるので注意しましょう。

そしてこのZ2ですが海外向けに作られた900Super4(Z1)の国内仕様というわけでZ1の一年遅れで発売されました。当時は750ccが上限(自主規制)だったんです。

あくまでも自主規制だから逆輸入としてZ1を引っ張ってくれば乗れたんですが、まだ正規逆輸入なんか無かった時代。
しかも1ドル300円だったからZ2が4~5台買えるほどの費用がかかってしまう非現実的なものだったんですね。

ゼッツー

ちなみにZ2は幾らだったのかというと当時の値段で41万8000円、今で言うなら100万円前後。
フラッグシップモデルだと言うことを考えれば手が届かないでもない金額でも無いですね。

市販車初のDOHC750ccで速さはピカイチ、そしてZ1に勝るとも劣らないルックスだった事もあって大ヒットしました。

 

 

余談ですが、実はZ2が発売されてから数年後の1975年に二輪業界は大きな転機を迎える事になりました。

それは二輪免許制度の改定。それまでは二輪免許を持っていれば誰でも何ccのバイクにも乗れました。それこそCUBからZ2まで何にでも。

ところがオートバイのスペックに比例して二輪事故が増えていったため今とほぼ同じ「~400cc」と「401cc~」に分けられ、俗にいう限定解除制度(要試験)という厳しいものになりました。

メーカー的に言えば不味い話ですが、この事で「大型バイク=憧れ」という傾向がより強くなっていったんですね。

最近ではそれも薄れ気味ですが。

主要諸元

全長/幅/高 2200/865/1170mm
シート高 820mm
車軸距離 1500mm
車体重量 230kg(乾)
[232kg(乾)]
燃料消費率 -
燃料容量 17.0L
[16.0L]
エンジン 空冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 746cc
最高出力 69ps/9000rpm
最高トルク 5.9kg-m/7500rpm
変速機 常時噛合式5速リターン
タイヤサイズ 前3.25H19
後4.00H18
バッテリー YB14L-A2
プラグ B8ES
推奨オイル -
オイル容量 -
スプロケ 前15|後42
チェーン サイズ630|リンク96
車体価格 418,000円(税別)
※[]内はZ2A

系譜図

Z2 1973年
750RS
(Z2/Z2A)
Z750FOUR 1976年
Z750FOUR
(Z750A4/A5/D1)
Z750FX 1979年
Z750FX
(Z750D2/D3/D4)
Z750GP 1982年
Z750GP
(Z750R)
ZR750J 2004年
Z750/S
(ZR750J/K)
ZR750L 2007年
Z750
(ZR750L)
ZR750N 2011年
Z750R
(ZR750N/P)
ZR800B 2012年
Z800
(ZR800A)
ZR900B 2017年
Z900
(ZR900B)
ZR900B 2017年
Z900RS/CAFE
(ZR900C/E)