ZEPHYRの系譜

Z400GP
(KZ400M)
-since 1982-

Z400GP

「いま、GPレボリューション」

Z400FXによって切り開かれた四気筒400だったものの、需要の高まりからライバル車が続々と登場していた。

そんなライバル車に対抗すべく開発されたのがこのZ400GP。

GPZ400

サイドカバーを見てもらうと分かる通り

「GPzじゃないのか」

と思うかもしれませんが、GPzという名前が最初に付けられたのは翌年から。

Z400GPカタログ写真

このZ400GPというのはちょうどZがGPzに変わりかけている間のモデルというわけ。

肝心の中身の方はどうかというと、セパハン化にダブルディスク、カワサキの400では初となるユニトラックサス(モノサス)を採用。

そして何よりFXから-13kgという大幅なダイエットとなり、ブラックアウト化されたエンジンも48馬力と走行性能が大幅に向上した・・・んですが、実はこのZ400GPは僅か一年ほどしか発売されていません。

Z400GP当時の広告

すぐに後継が出た事で、このZ400GPはお役御免となりました。

いま振り返ってみるとFXと後継の繋ぎだった少し可哀想なバイクですね。まあ、それだけ当時は競争が激化していたんです。

1983年Z400GP

ましてこのカテゴリはカワサキが自らが切り開いた絶対死守カテゴリでもあったわけですから。

ただ申し分のない性能だったこともあり、このZ400GPは鈴鹿四耐で優勝をしたベースバイクでもあります。

Z400GP四耐

ちなみにその優勝チームはカワサキ社員が自主的に集まって結成されたTEAM38という所。

Z400GPカタログ写真

のちにH2/H2Rを作ることになるチームです。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
最高出力:
48ps/10500rpm
最大トルク:
3.5kg-m/8500rpm
車両重量:179kg(乾)

系譜図

Z400FX 1979年
Z400FX
(KZ400E)
Z400GP 1982年
Z400GP
(KZ400M)
GPz400 1983年
GPz400
(ZX400A1)
GPZ400F

1983年
GPz400F/F2
(ZX400A2~/C)

ZR400C

1989年
ZEPHYR
(ZR400C)

ZR400G

1996年
ZEPHYRχ
(ZR400G)

お知らせ|更新履歴