ZEPHYRの系譜

GPz400F/F-II
(ZX400A2~/C)
-since 1983-

GPz400F

「エアロフォルムに走りの主張」

僅か8ヶ月でマイナーチェンジとなり末尾にFがついたGPz400F。

ZX400A2

吸排気の見直しで馬力が更に3馬力アップして空冷2バルブエンジンにも関わらず54馬力に。

更に数ヶ月遅れてGP以来となるネイキッド版のF-IIも登場。

カワサキの空冷400としてはこのGPz400F/F-IIが最もスポーツなモデルになります。

GPz400F2

というのも、一向に冷めないスペック競争で水冷化の波が押し寄せ、空冷では厳しくなったから。

フルカウルにするのもそうだし、馬力も空冷では難しい。

そのためカワサキも1985年に水冷400フルカウルのGPZ400Rを開発し、400フラッグシップの座を渡しました。

ちなみに間違えがちなんですが

「GPz(小文字)」は空冷

「GPZ(大文字)」は水冷

という表記の分け方になっています。最初期はゴチャゴチャだったんですけどね。

GPz400Fカタログ写真

結局このGPZ400F/F-IIも約二年間のみの販売。

戦国時代が如何に熾烈な争いをしていたかが分かります。

が・・・コレがKAWASAKIの400を代表するほどのバイクに化けるなんて誰が予想したでしょう。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
最高出力:
54ps/11500rpm
最大トルク:
3.5kg-m/9500rpm
車両重量:178kg(乾)

系譜図

Z400FX 1979年
Z400FX
(KZ400E)
Z400GP 1982年
Z400GP
(KZ400M)
GPz400 1983年
GPz400
(ZX400A1)
GPZ400F

1983年
GPz400F/F2
(ZX400A2~/C)

ZR400C

1989年
ZEPHYR
(ZR400C)

ZR400G

1996年
ZEPHYRχ
(ZR400G)

お知らせ|更新履歴