GSX-R1000の系譜

GSX-R1000
(K5/K6)
-since 2005-

05r1000

フルモデルチェンジされ三代目となったGSX-R1000のK5とK6。

先に述べた通りスーパーバイク(市販車レース)における四気筒レギュレーション(ルール)が750から1000に変わり、リッターSSがレースベースとなった事で2004年から各社とも競争が激化していました。

2004年を境に各社からそれまでのSSとは一線を画するモデルが次々と出てきたことは皆さんもご存知のことと思います。

しかしこれらはそのスーパーバイクのレギュレーションになった事から出た、つまり出るべくして出たリッターSSなわけでトップパフォーマーGSXを作っていたスズキにも予想が出来た事。

K5サイド

リッターSSとしてレースが始まる前の2001年からトップパフォーマーだったGSX-R1000が何も準備していないわけもなく、180ps/166kg/PWR0.92という本当にトップパフォーマーとしかいえないモデルチェンジ。

 

馬力を大きく上げられたのは吸気バルブを軽量なチタンに変更した事、ボアを限界ギリギリ(コンマ数ミリ)ボアアップし排気量が+0.8ccの998.6cc事、更には圧縮比を高めたから。

軽く出来たのはフレームを大幅に見直すことでさらなるコンパクト化をしたから。ちなみにまだまだ珍しかったバックトルクリミッターも標準装備。

 

※K5/K6はフレームに関するリコールが行われています。

海外動画等でよく見るウイリーという行為をするとフレームにクラックが入るとの事。

K5/K6リコール

フレームを軽くしすぎたのが原因ですが・・・ドッタンバッタンとウイリーするのが悪い気も。

 

更に嬉しい変更がシートレール変更でシート高が20mmも下げられた事。

それに加えハンドル~シートまでの距離も詰めた事でスペックに反して足付きやポジションが優しい。

K5face

「GSX-Rはポジションや足付きが良い」

という声は皆さんも耳にしたことがあると思いますが、このモデルでその傾向が更に強くなりました。

 

ただK5/K6で語るべきはスペックも勿論ですが、デザインでしょう。

K5サイド

まさかスズキがこんな凝ったカウル重ねあわせデザインをしてくるとは夢にも・・・。

コレについてはやはりこのモデルからデザインにも大きく予算を割くようになったとリーダーの飯尾さんが仰っていました。

 

ただそんな中でもブレないなと思えるのがマフラー。

当時ツリ目と同じ様にトレンドで人気だったのがセンターアップマフラーなんだけど、スズキだけはGSXだけは頑なに採用しなかった。

何故センターアップマフラーにせずオーソドックスな右出しに拘ったのかというと、エンジン設計の山田さん曰く

K5純正マフラー

「これが正論の形だったから」

ヘッドライトに続きここでも正論。

GSX-Rというバイクは正論のみで造られているSSという事ですね。

主要諸元

全長/幅/高 2030/710/1130mm
シート高 810mm
車軸距離 1405mm
車体重量 166kg(乾)
燃料消費率 -
燃料容量 18.0L
エンジン 水冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 999cc
最高出力 178ps/11000rpm
最高トルク 12.0kg-m/9000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前120/70ZR17(58W)
後190/50ZR17(73W)
バッテリー YT12A-BS
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
CR9E
または
U27ESR-N
推奨オイル スズキ純正
エクスター
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量3.6L
交換時3.0L
フィルター交換時3.3L
スプロケ 前17|後42
チェーン サイズ530|リンク110
車体価格 1,300,000円(税別)
※モトマップ価格

系譜図

K1/K2 2001年
GSX-R1000
(K1/K2)
K3/K4 2003年
GSX-R1000
(K3/K4)
K5/K6 2005年
GSX-R1000
(K5/K6)
K7/K8 2007年
GSX-R1000
(K7/K8)
K9/L0/L1 2009年
GSX-R1000
(K9/L0/L1)
L2 2012年
GSX-R1000
(L2~L6)
L7 2017年
GSX-R1000/A/R
(L7~)