FZ6/XJ6/FZ8の系譜

XJ6/D/F
(20S/36C/36P-1CW)
-since 2009-

XJ6N

開発コンセプト「気軽に操れるプレジャースポーツ」
市街地でのフィット感を重視して設計されたモデル。

先述してたけど欧州では90年代にロングセラーとなったXJ600&900Sディバージョンがあった。(日本にも入ってきてたけど不人気過ぎて覚えてる人はそんなに居ないと思う)

XJ900Sディバージョン

規制も相まって空冷だった古いエンジンが通用しなくなったのでFZ6をその後継としてきたんだけど、低速寄りにデチューンしたとはいえ元がSSのエンジンだからそれでも高回転型エンジンに変わりはなかった。

そこでFZ6よりさらに低速寄りにデチューンし、過度な装飾や品質を取っ払ってコストも抑えたのがXJ6。肩肘張らずに街乗りからツーリングまで何でも御座れのオールラウンダー600。でもまあ欧州でにおいてA2免許向けというのが本音だろう。

※欧州のバイク事情&免許制度についてザックリ説明

ヨーロッパ免許制度

日本では排気量によって免許区分がされてるけど、欧州では馬力で区分される。
だから向こうの人はバイクの免許を取っても二年間はハイパワーなバイクには乗れない(A2免許という)ようになってる。最近話題のCBR500RやNC700Xなんかが出たのもその制度に対応するため。
日本の免許で例えるならAMは原付・A1は小型二輪・A2が普通自動二輪の初心者・Aが限定解除といったところ。

だからメーカーもA2で乗れるバイクにはちゃんとA2で乗れますよとこんな感じでアピールしてる。

A2ライセンス

さらに向こうでは保険料が馬力毎に段階設定されていて100馬力overになると保険料だけで年30万を超えるとか何とか・・・

話を戻してXJ6には、ネイキッドの無印・ハーフカウルのディバージョン・フルカウルのディバージョン Fと3バージョンがある。

XJ6ディバージョン XJ6DF

それにしてもヤマハなのに一つ目バイクって珍しいですよね。一眼フェイスと言えばスズキの専売特許だったと思うんですけど、最近じゃホンダも一眼が増えてきたし。R1から始まった二眼もいい加減飽きられてきたのかな?

どちらにしろ直四でこのルックスで724,500円~ってのは安いですよね。

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:600cc
最高出力:
78ps/10000rpm
最大トルク:
6.1kg-m/8500rpm
車両重量:205kg(装)※ABSモデルは+5kg

系譜図

FZS600 1999年
FZS600 FAZER(5DM/5RT)
FZ6 2004年
FZ6-N/R(1B3/5VX)
FZ6S2 2006年
FZ6-N/R S2(13B-5S5/5S2-4S8)
XJ6/FZ6R 2009年
XJ6N/S/F(20S/36C/36P-1CW)
FZ8/FAZER8 2011年
FZ8/FAZER8(39P-59P/42P-1BD)

お知らせ|更新履歴