FZR400の系譜

FZR400RR/SP
(3TJ)
-since 1989-

FZR400RR

三代目でありFZR400シリーズの最後を飾るモデルでもある3TJ型。

車名にRがもう一つ追加されFZR400RRとなったのを見ても分かる通り大幅なモデルチェンジとなりました。

FZR400RRフレーム

あらゆる部品を見直した事でコンパクトにすることが出来たエンジン。

ダウンチューブを完全撤廃し軽量高剛性になった新設計デルタボックスフレーム。

FZR1000と同サイズとなる極太フロントフォーク。

などなどで中身はほぼ別物。

FZR400RRカタログ写真

外見のほうも市販車初となるプロジェクター式ヘッドライトに、ファクトリーマシンYZR750と同タイプのテールライトなどで同じ系譜のバイクとは思えないほど雰囲気が一新。

ここまでの大変貌を遂げた理由はこれまでと違いYZRチームが開発に大きく関わったから。

 

ちなみにこのモデルでSPモデルが再び設定されました。

FZR400RR・SP

上記FZR400RRに加え、大型ラジエーターに6速クロスミッション、強化クラッチに伸・圧調節機能付きサス、シングルシート仕様など。

お値段は相変わらず89万円。

 

そんなFZR400RRは1994年まで発売されたのですが、92年にSPモデルのみFCRへ換装した(3TJ6型)のが最後のモデルチェンジ。

1992FZR400RR-SP

これはレーサーレプリカブームが去り、TT-F3クラスも廃止になっていたから。

 

ラストモデルに当たるのは1994年に専用グラフィックを施したSPモデル(3TJ7)で500台限定でした。

1994FZR400RR-SP

メモリアル的な意味合いが強いモデルです。それにしてもオシャレなシートアルミフレームですね。

 

さて・・・最後になりますがFZR400で開発者達が一番大事にしていたことをご存知でしょうか。

それは

「安定・安心」

です。

FZR400RRカタログ写真

こんなカリカリのスーパースポーツで安全なんて意味がわからないと思うでしょう。

FZR400はTZR250と同様にYZRのレーサーレプリカであり

「レースで勝てる速いマシン」

が至上命題でした。でも見て分かるようにTZR250とは作りが大きく違う。

これはFZR400開発において散々議論した結果

「安心こそ速さに繋がる」

という別の結論に至ったから。

FZR400RRアクセサリー

その狙いが現れているのが

「FZR400はハンドリングが重い」

と巷でよく言われた事。

 

これは開発者がレーサーやライバル車に乗った際に感じたクイックなハンドリングを疑問に思ったのが始まり。

確かにクイックなハンドリングだと、凄くスポーティに、そしてまるで自分が上手くなった様な"錯覚に近い気分"を味わえる。

でもそれはヤマハの考えるマン・マシンの一体とは違う。

FZR400RRファイナル

だからFZR400はそんな味付けを廃したんです。

どんな速度でも、どんなコーナーでも、マシンを信じ、安心して安全に曲がっていける。

乗り手のアクションに

「いつ如何なる時も忠であり続ける事」

これこそが本当の速さに繋がる。

FZR400RRチラシ

「信頼関係を築けるレーサーレプリカ」

忠犬として名高いドーベルマンをカタログに用いた意味もそこにあるんでしょう。

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:399cc
最高出力:
59[53]ps/12000rpm
最大トルク:
4.0[3.7]kg-m/9000rpm
車両重量:160kg(乾)
※[]内は92年~の53馬力規制モデル

系譜図

FZ400R 1984年
FZ400R/N(46X/2EL/3CD/1FK)
1wg/2TK 1986年
FZR400/R(1WG/2TK)
3EN 1988年
FZR400/R(3EN)
3TJ 1990年
FZR400RR/SP(3TJ)

お知らせ|更新履歴