ZRX1200DAEGの系譜

ZRX1200DAEG
(ZR1200D) 
-since 2009-

ZRX1200DAEG

「Japanese Standard Naked」

排ガス規制に伴いフルモデルチェンジされたZRX1200DAEG。

 

FI化に伴いヘッド周りを始めとしたエンジンの見直しで自主規制突破の110馬力となり、ミッションもZZR1200ベースの6速に変更されスポーツ性を更に向上。

ダエグメカニズム

ホイールも五本スポークタイプとなり、外装もシェイプアップされスリムさが更に増しました。

他にもフレームはもちろん足回りに至るまで改良が入っています。

 

ZRX1200DAEGで行われた改良の狙い、目指したものというのは

「国内ベスト」

です。

というのもこのZRX1200DAEGは国内のみの販売でした。何故そうなったのか少し説明します。

ローソンレプリカ

プロジェクトリーダーの山本さんいわく、ZRXは本当は先代で終わる予定でした。

これは欧州を中心に

「ネイキッドといえばストリートファイター」

という認識そして人気が広まっていたから。

だからカワサキも水冷Zに大きく舵を切る事となり、いわゆるスタンダードネイキッドはストリートファイターベースで行こうという方向に。

そのためZZR1400をベースにしたネイキッドや、Z1000ベースにしたネイキッドなどの案で進んでいた。今にして思えばZ900RSが正にソレですね。

しかしそれでは旧来のZRXオーナーを始めとした日本のビッグネイキッド層を満足させるものは造れない。

「日本のビッグネイキッドユーザーを満足させるビッグネイキッドを別に造ろう」

となったのがプロジェクトの始まり。

操。爽。装。創。

そして様々な車種を身をもってテストした結果

「日本の道を走って最も楽しいのはやはりZRX1200Rだ」

という結論になった。

ZRX1200DAEGが国内仕様のみだった事や、大変貌する事がなかった理由はここにあります。

まあ開発リーダーの山本さんが大のZRX好きというのもあるんでしょうけどね。ZRX1100に十年乗っているそうです。

 

ちなみに”R”ではなく

『DAEG(ダエグ)』

というルーン文字になった事にも胸を熱くさせる意味があります。

japanese standard naked

文字自体は

「着実な成長」

「進歩」

「終わりと始まり」

「突破」

「新しい展開」

という前進的な意味でしかないんですが、これを入れようと提案したのは開発ではなく企画。

「完成の域にあったZRX1200Rを少しでも良くしようと血眼になって開発に取り組んでいた開発チームの思いを車名に刻みたい」

と提案して付けられた名なんです。

 

DAEGはただのマイナーチェンジじゃない。集大成として開発されたモデルという事。

最後にそんな開発のリーダーを務められた山本さんが、生産終了となった際に仰っていた言葉を書いて締めたいと思います。

ZRX1200DAEGファイナルエディション

「GPZ900Rの伝統を汲む最後のモデルになりました。分かる人に大事に乗り続けていただきたいです。」

※2017年モデルをもって生産終了

 

【関連車種】

CB1300の系譜
XJR1300の系譜
Bandit1250の系譜

主要諸元

全長/幅/高 2150/770/1155mm
シート高 795mm
[790mm]
車軸距離 1470mm
車体重量 246kg(装)
燃料消費率 25.8km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 18.0L
エンジン 水冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 1164cc
最高出力 110ps/8000rpm
最高トルク 10.9kg-m/6000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前120/70ZR17(58W)
後180/55ZR17(73W)
バッテリー YTX12-BS
プラグ CR9EK
推奨オイル カワサキ純正オイルR4/S4
または
MA適合品SAE10W-40
オイル容量 全容量3.5L
交換時2.7L
フィルター交換時3.0L
スプロケ 前18|後44
チェーン サイズ525|リンク112
車体価格 1,120,000円(税別)
※[]内はLIMITED

系譜図

GPz1100 1995年
GPZ1100
(ZX1100E/F)
ZRX1100 1996年
ZRX1100/II
(ZR1100C/D)
ZRX1200R前期 2001年
ZRX1200R/S
(ZR1200A/B)
ZRX1000DAEG 2009年
ZRX1200DAEG
(ZR1200D)