ドラッグスター400の系譜

DS4/DSC4
(5KP)
-since 2000-

二代目ドラッグスター400

不動の人気を誇っていたドラッグスターは2000年にマイナーチェンジ。

燃料計を追加した薄型の電気式メーターにヘッドライトやフットレストやハンドルなどの造形が変更されました。

電気式メーター

ところで話しが変わりますが皆さんはドラッグスターといえば何ccのドラッグスターを思い浮かべますか?

代表的なのは250、400、1100ですね。どれもドラッグスターですし1100に至っては先祖まで遡ると400より歴史が長いです。
じゃあ何故400のドラッグスターを取り上げたかというと、250や1100(今は950か)が欧米を考慮しないといけないのに対し、400は「日本専用モデル」だから。まあ売れ筋でもあるわけですが。

日本専用というのは多大なメリットが有るんです。それが見て取れる部分の一つがスイングアーム。
先に紹介したカンチレバー式サスペンションなんですが採用してるのは実は400だけ。(北米向けV-STAR650もでしたゴメンナサイ)

カンチレバー式にすると低高&低重心に出来るというクルーザーとしてはとても大きいメリットがあるんだけど、ストローク量を稼ぎにくいデメリットがある。

カンチレバー式

他にも「ハンドリングが優れている」とか「取り回しが素直で乗りやすい」等と言われる要因は日本だけ、国内ライダーだけを考えればよかったから出来た事。

ドラッグスター400が国内においてずっと一番人気な理由はこういう見えない要因が大きいんだと思います。

主要諸元

全長/幅/高 2340/840/1060mm
[2450/930/1105mm]
シート高 660mm
[712mm]
車軸距離 1610mm
[1625]
車体重量 225kg(装)
[240kg(装) ]
燃料消費率 43.0km/L
[39.0km/L]
※定地走行テスト値
燃料容量 15L
エンジン 空冷4サイクルOHC2気筒
総排気量 399cc
最高出力 32ps/7500rpm
最高トルク 3.3kg-m/6000rpm
変速機 常時噛合式5速リターン
タイヤサイズ 前100/90-19(57S)
後170/80-15(77S)
[前130/90-16(67S)
後170/80-15(77S)]
バッテリー GT12B-4
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
DPR7EA-9
推奨オイル ヤマルーブプレミアム
または
スポーツ
または
スタンダードプラス
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量3.2L
交換時2.6L
フィルター交換時2.8L
スプロケ -
チェーン -
車体価格 649,000円(税別)
[669,000円(税別)]
※[]内はクラシック

系譜図

XV400スペシャル

1983年
XV400Special
(26M)

XV400ビラーゴ 1987年
XV400Virago
(2NT)
4TR 1996年
XVS400
ドラッグスター/クラシック
(4TR)
5KP 2000年
XVS400
ドラッグスター/クラシック
(5KP)
35C 2010年
XVS400
ドラッグスター/クラシック
(35C)