セローの系譜

XT225 SEROW(3RW1~4) -since 1989-

XT225SEROW-3RW

第二世代になるセロー
大きな変更点としてこの年からセルスターターが付いた。

元々セロー開発責任者から「このままでも十分にシングルヒットの力はある。でもセルが付いたら3塁打だ」って言われていた。
でも初期型のセローは軽量化が第一目標だったから見送った。

二代目SEROW広告

そしてこの年、セルスターターを付け始動性を、タンク容量を7.6Lから8.8Lに増やし巡航距離をそれぞれ向上させたんだけど、これが開発者の予想を大きく上回る好評で売れた。
セローの成功は実はこの二世代目のモデルからで、多くの人をトレールの世界に引き摺り込み始めた。

1990SEROW広告

※1991年
昼間自動点灯採用、バッテリー点灯方式、3相交流ジェネレーター、トランジスタ式フラッシャーリレー採用

※1992年
ハンドルスイッチ変更、グリップ材変更

エンジン:空冷4サイクルSOHC単気筒
排気量:223cc
最高出力:20ps/8000rpm
最大トルク:1.9kg-m/7000rpm
車両重量:106kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

XT200 1982年
XT200
セロー225-1kh/1rf/2ln 1985年
XT225 SEROW(1KH/1RF/2LN)
セロー2253RW1~4 1989年
XT225 SEROW(3RW1~4)
セロー225-3RW5/4JG1~4 1993年
SEROW225(3RW5/4JG1~4)
セロー225-4JG5~6 1997年
SEROW225(4JG5~6)
セロー225-5MP 2000年
SEROW225(5MP)
セロー250-DG11 2005年
SEROW250(3C5)
セロー250-DG17 2008年
SEROW250(1YB)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ