セローの系譜

XT225 SEROW
(3RW)
-since 1989-

XT225SEROW-3RW

「大自然を旅するものへ」

二代目となる3RW型。

・バッテリー容量を倍の6Ahに

・タンク容量を7.6Lから8.8Lに

・サスペンションを見直し

・シート厚もアップ

・ハンドル幅を20mmショート化

3RWフューチャマップ

他にもリアフートレストフレーム懸架や、エンジンのシルバー塗装やステンレス製エキパイなどなどの変更が加わっているんですが・・・二代目の一番大きな変更点はなんと言っても

「セルスターターが付いたこと」

です。

セローが独自の立ち位置を持てたのはこの変更があったからと言っても過言ではないです。

二代目セロー

今でこそオフモデルもセル付きが珍しくないんですが、最初に言ったように当時はオフもカリカリが主流だった。

だからセルスタートなんて除外要素以前にまず有り得ない装備。

何故ならセルスターターを付けるということはセルモーターに加えジェネレーターも大きくしないといけない。つまり重くなってしまうから。

ちなみにこのセル案は初期型の時点からあったんですが初代では見送られていました。

3RW

二代目になって付けることになったのはセローの企画を了承してくれた重役の人が

「このままでもシングルヒットだけどセルを付けたら三塁打になる」

と言ったから。

その狙いは見事に的中し、3RW型は三塁打どころかホームランと言えるほどのヒットを飛ばす事に。

1990SEROW広告

どうしてこれがウケたのかと言えば安心してエンストできるから。

キックがし難い足場の悪い道でのエンストでもセルスターターがあれば安心して再始動する事ができる。

二代目SEROW広告

このセルスターター装備によるヒットというのは

「どんな道も安心して進める二輪二足」

というセローのコンセプトを分かりやすく表す装備であり、コンセプトが間違いではなかった事を示す結果となったわけですね。

※1991年
昼間自動点灯、バッテリー点灯方式、3相ACM、トランジスタ式フラッシャーリレー

※1992年
ハンドルスイッチ変更、グリップ材変更

エンジン:空冷4サイクルSOHC単気筒
排気量:223cc
最高出力:20ps/8000rpm
最大トルク:1.9kg-m/7000rpm
車両重量:106kg(乾)

系譜図

XT200 1982年
XT200
(23J/47J)
セロー225-1kh/1rf/2ln 1985年
XT225 SEROW
(1KH/1RF/2LN)
セロー2253RW1~4 1989年
XT225 SEROW
(3RW)
セロー225-3RW5/4JG1~4 1993年
SEROW225W
(4JG)
セロー225-5MP 2000年
SEROW225WE
(5MP)
セロー250-DG11 2005年
SEROW250
(DG11J)
セロー250-DG17 2008年
SEROW250
(DG17J)
セロー250-DG31 2018年
SEROW250
(DG31J)

お知らせ|更新履歴