WR250の系譜

WR250R(3D7)-since 2007-

WR250R

「オフロード界のR1」

2007年に登場したこのWR250R(X)はそれそれは大注目だった。

「ヤマハがトチ狂った」とか「力を入れる方向が間違ってる」とか色々言われてました。

それもそのはずでスペックは31馬力/10000rpmで123kgとモトクロッサーモデルのWR250F(YZ250F)に迫るものだったから。

 

それを可能にしたのが市販250としては初となるチタンバルブで三角三軸レイアウトでショートストロークでストレートポートでマグネシウムヘッドのエンジン。

本当にYZF-R1のエンジンを一気筒だけ切り取って持ってきたような完全新設計の物。

WR250X&YZF-R1

更に鋳造と鍛造のハイブリットなアルミフレームも新設計、スイングアームも異形断面形状の新設計でアルミ。更に更にサスペンションはどちらもフルアジャスタブルの本格的な物などなど。

本当に妥協点が見当たらない。灯火系がハロゲンなくらいか。(テールはLEDだけど)

 

もともとWR250R/Xは

「モトクロッサーWR250F(公道走行不可)の市販車を作れ」

と言われて始まったこのプロジェクト。WR250F

開発チームはコレを

「つまり公道最強の250を作れってことだな!」

と受け止めた。(何か少し飛躍してる気がするけど)

 

最初はWR250Fをベースに規制や耐久性をクリアして・・・と考えていたみたいなんだけど

「これじゃ最強の250は作れない!」

って事で全部新設計で作ることに決定。

高性能な上に高耐久で尚且つ厳しい排ガス規制や騒音規制をクリアするために各部門で相当なバトルが繰り広げられたみたい。

WR250エンジン

この単気筒とは思えない吹け上がりのエンジンはそんな紆余曲折の七転八倒があったからこそできたんだろうね。

 

さて、エンジンスペックばかりが注目されるWR250R/Xだけど勿論エンジンだけじゃない。

先に上げたフレームもそうだけどもう一つの拘りは足にある。

俗にいうナンチャッテ倒立ではなく本格的なフルアジャスタブルの倒立フォーク。リアサスのストローク量も競技車両に迫る270mm。

WR250R広告

他にもいろいろとこだわりポイントは有るのだけれど長くなるので割愛。

開発チームも半信半疑だったそうですよ。

「これほんとに市販化出来るんだろうか・・・」

って。作ってる人間がそう思ってしまうほどやりたい放題というかこだわり放題で作ったんだろうね。

 

まあでもそんなWR250Rだけど実車を見て考えなおした人は多いのではなかろうか。それもそのはずで、拘り過ぎて拘りが祟ってしまった部分がある。

 

一つは足つき。

シート高が895mmというオフ車といえど驚異的な高さになっ非常に足つきが悪い。

WR250Rジャケット写真

軽いし走破性の高いオフはリフトが高いのは当たり前なんだけど跨がるらずとも絶句できるシート高なのは間違いない。

 

更にもう一つ。それはお値段。

セローが46万円、XR250が54万円で売ってた頃に70万円はハイスペックとはいえ250としては非常に高い。

ちなみに目標となっていたモトクロッサーのWR250Fですら73万円・・・あんまり変わらないっていう。(2015年モデル時点で72万円)

エンジン:水冷4サイクルDOHC単気筒
排気量:249cc
最高出力:31ps/10000rpm
最大トルク:2.4kg-m/8000rpm
車両重量:132kg(装)

ページ上に戻る併売モデルへ>>

系譜図

wr250r 2007年
WR250R(3D7)
wr250x 2007年
WR250X(3D7)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ