YZF-R6の系譜

YZF-R6
(5EB/5GV)
-since 1999-

1999R6

「エキサイトメントあふれる走行性能」

R1のインパクトが強すぎてそちらばかりピックアップされるけどR6も世界的な衝撃的でした。というのもR6の場合、R1以上に吹っ切ったバイクになったから。

装備を見るとフロントフォークこそ正立だけどエンジンは当時クラストップとなる120馬力/13000rpmに乾燥重量で169kgとともはやレーサーそのもの。

2000YZF-R6

これは開発陣曰く

「70%が楽しめるのがR1ならR6は100%だ」

と掲げていたから。

R1では採用しなかったラムエアシステムや、実用性をあまり考えてると思えない遥か上にあるパワーバンドを見てもその事が伺えますね。一般的なライダーの場合は100%なんて到達できないと思いますが。

そもそも何でこんなバイクを出したのかというと(R1かR25でも少し話してたと思いますが)ヤマハは元々レースで名を上げていったメーカーです。

当時国内最大のレースだった富士登山レースにまだ二輪メーカーとしては無名に近かったヤマハが出場するとなった時

「(楽器の)ヤマハがバイク?ドレミファとでも鳴るのか?」

とライバルたちに馬鹿にされたんですが

ヤマハYA-1

結果は表彰台総ナメにするほどの速さで圧倒。ヤマハのバイクは凄いと全国に広まり一気に知名度が上がりました。

 

その話がR6にどう繋がっているのかというと、それまでヨーロッパのみだった600ccのレースが人気の高まりから1999年、つまりR6誕生と同じ年から世界選手権に昇格。

2000YZF-R6

「レースのある所にヤマハ有り」

そんな背景から生まれたのが市販車とは思えない造りとスペックのYZF-R6というわけ。そして2000年には狙い通りR6が優勝。

600はもともとヨーロッパで人気だったクラスでしたが、YZF-R6という誤魔化し無しのトラック志向が出たことでミドル市場が更に熱くなりました。いま振り返ってみてもミドルスーパースポーツというカテゴリを焚き付け年間10万台規模にまで大きくした立役車は間違いなくヤマハのYZF-R6といえるでしょう。

 

しかし面白い話ですよね。レースとは無縁の環境で生まれるも人気の高まりからレースマシンとなったR1、人気の高まりによるレース化によって生まれたR6。

YZF-R1とYZF-R6

今となってはどちらもレースを走る兄弟車だけど生い立ちは全くの逆なんだから。

主要諸元

全長/幅/高 2025/690/1105mm
シート高 820mm
車軸距離 1380mm
車体重量 188kg(装)
燃料消費率 -
燃料容量 17.0L
エンジン 水冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 599cc
最高出力 120ps/13000rpm
最高トルク 6.9kg-m/11500rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前120/60ZR17(55W)
後180/55ZR17(73W)
バッテリー FT9B-4
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
CR10EK
推奨オイル ヤマルーブ
プレミアム/スポーツ/スタンダードプラス
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量3.5L
交換時2.5L
フィルター交換時2.7L
スプロケ 前16|後48
チェーン サイズ532|リンク116
車体価格 -

系譜図

1985FZ600 1985年
FZ600
(2AX/2AY)
1989FZR600 1989年
FZR600
(3HH/3HE/4HJ)
1994YZF600R 1994年
YZF600R
(4WE)
1999YZF-R6 1999年
YZF-R6
(5EB)
2001YZF-R6 2001年
YZF-R6
(5MT)
2003YZF-R6 2003年
YZF-R6
(5SL)
2005YZF-R6 2005年
YZF-R6
(5SL後期)
2006YZF-R6 2006年
YZF-R6
(2C0)
2008YZF-R6 2008年
YZF-R6
(13S)
2010YZF-R6 2010年
YZF-R6
(13S後期)
2017YZF-R6 2017年
YZF-R6
(BN6)