GSX1100Sカタナの系譜

GSX1100S KATANA(SR)-since 1994-

1994年式GSX1100S

上限750cc規制が撤廃された事により発売された最初で最後の国内正規モデルであり、実質的な最終モデルにあたるSR型。デザインやカラーリングは初代のSZ基調で希少度を除けば一番人気のモデルかと思われます。これもプレミア値なんですけどね。

何故一番人気かというと国内仕様という事で馬力は若干ダウンしているんだけど、それを補って有り余るのがANDS(アンチノーズダイブサスペンション機能)の廃止や別体タンク付きリアサスペンションといった足回りが大きく進化したこと。

アンチノーズダイブというのは80年代に流行ったフロントフォークの事です。

アンチノーズダイブフロントフォーク

その名の通りノーズダイブ(フロントフォークの沈み込み)を抑える機能の付いたフロントフォークの事なのですが、これが働く時はハードブレーキング時のみ。

ブレーキの圧を利用し、フォークオイルの通り道を狭くして沈みにくくする(減衰力を強める)機能なわけですが、人によっては突っ張った感があるとか違和感があるとか色々で大好評というわけではなかった。ただカタナのは結構優秀だったという声もあります。

80年代の後半になるとフロントフォークの進化によりアンチノーズダイブ機能は消えていったんだけど、ご存知のようにKATANAはほぼモデルチェンジ無しだったからいつまでもアンチノーズダイブが付いていた。それがこのモデルチェンジで改められたというわけ。

1994年式カタナカタログ

他にもオイルクーラーの標準装備、重いことで有名だったクラッチ負担を和らげるパワーアシストクラッチなど、基本的は変えず弱点だった足だけを近代化させるというメーカー公認チューニングのようなモデルチェンジなので違和感もなく人気が高いというわけです。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1074cc
最高出力:95ps/8500rpm
最大トルク:8.6kg-m/4000rpm
車両重量:232kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

GSX1100E 1979年
GSX1100E(T)
GSX1100SX 1981年
GSX1100S Prototype(SX)
GSX1100SZ 1982年
GSX1100S KATANA(SZ)
GSX1100SD 1983年
GSX1100S KATANA(SD/SE)
GSX1100SAE 1987年
GSX1100S KATANA(SAE/SBE)
GSX1100SL_SM 1990年
GSX1100S KATANA
Anniversary(SM/SL/SSL)
GSX1100SR 1994年
GSX1100S KATANA(SR)
GSX1100SY 2000年
GSX1100S KATANA
FINAL EDITINON (SY)

お知らせ|更新履歴