GSX1100Sカタナの系譜

GSX1100S KATANA
/Anniversary (SM/SL/SSL)-since 1990-

1990年式GSX1100SL

90年に復活を遂げたアニバーサリーモデルのSMと通常モデルのSL。

先代(SAE型)にシートベルトを追加しサスペンションをリセッティングしたもので、名目上は海外向けだったけどほぼ全てが日本国内に卸されました・・・んですが、KATANAにお詳しい方ならご存知だと思いますが、このモデルには型式問題があります。

スズキ70周年アニバーサリー

このKATANAはまずスズキ生誕70周年モデルとして70thアニバーサリーステッカーに加え、シリアルナンバー入り純銀オーナメントキーホルダーが限定1000台(1店1台まで)で発売されました。

純銀ですよ純銀。シリアルナンバーは裏面。

スズキ70周年アニバーサリー

当然ながらアッという間に完売。その後すぐに買えなかった人の為に、中身はアニバーサリーと同じでステッカーとオーナメントのつかない素のモデルが通常モデルとして発売。

アニバーサリーのタンクステッカーは純正部品として取り寄せる事が出来たので、見た目の違いがない素のモデルにアニバのステッカーを貼って疑似アニバにする行為が横行したとか何とか。

 

そしてこのアニバと素モデルで問題となっているのが型式について。

「アニバーサリーはSLだ」

という人もいれば

「アニバーサリーはSMだ」

という人も居る。

 

親切な事にサイトの方へアニバーサリーモデルを噂レベルの段階で予約し手に入れた"たけさん(仮名)"という方からアニバーサリーモデルの書類(上のオーナメントや純銀オーナメントも)の写真をいただきました。

アニバーサリーの型式

GSX1100"SL"と書かれていますね。という事はアニバーサリーがSLで素モデルがSM・・・いやでも雑誌にもWikipediaにもアニバーサリーはSMと書かれている。

調べてみるとバイク誌のバイカーズステーション(No.345)がスズキの広報に尋ねており、個人的にも広報に問い合わせてみた結果はこうです。

 

・元々SL(素モデル)は販売するつもりだった

・スズキ生誕70周年記念車にKATANAが選ばれた

・同じ型式のままでは営業が混乱するので"後から"アニバはSMと付けた

・91年にSLに統合した(SLとSMは混合している)

 

つまりKATANA再販(SL)は既に決まっており、70周年モデルは後から企画されたもの。しかし型式が素モデルと同じ(SL)のままでは営業が混乱する為、SMというコードを作りアニバーサリーは後からSMとしたわけです。

車体番号による区切りはやっていなかったという事なので、SLとSMが混在している可能性もあるとの事(上の書類でSLと書かれているのが正にそれ)で、最終的にSLとSMは統合。

 

先に出たアニバーサリーモデルが何故Mで、後から出た素モデルがLと呼ばれるのか疑問(アルファベットではL→M→N)でしたがこれでスッキリですね。

ちなみに2年後の92年にはSSLとなり赤銀が復活しました。

※今回の件でスズキ二輪広報様とアニバーサリーオーナーのたけさんのご協力をいただきました。ありがとうございました。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1074cc
最高出力:111ps/8500rpm
最大トルク:9.8kg-m/6500rpm
車両重量:232kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

GSX1100E 1979年
GSX1100E(T)
GSX1100SX 1981年
GSX1100S Prototype(SX)
GSX1100SZ 1982年
GSX1100S KATANA(SZ)
GSX1100SD 1983年
GSX1100S KATANA(SD/SE)
GSX1100SAE 1987年
GSX1100S KATANA(SAE/SBE)
GSX1100SL_SM 1990年
GSX1100S KATANA
Anniversary(SM/SL/SSL)
GSX1100SR 1994年
GSX1100S KATANA(SR)
GSX1100SY 2000年
GSX1100S KATANA
FINAL EDITINON (SY)

お知らせ|更新履歴