MT-09の系譜

MT-09TRACER
(2SC) 
-since 2015-

MT-09TRACER

開発コンセプト「Sport Multi Tool Bike」

ヤマハMT-09の一年遅れで登場した派生モデルのMT-09TRACER

燃料タンクの容量アップ(14L→18L)、フロントアッパーカウル、高さ調整機能付きのスクリーンやシート、シガーソケットなどから分かるようにMT-09よりも長距離向きなマルチパーパスのバイク。

MT-09TRACER メーター

開発はMT-09と同時進行だったんだけどMT-09の開発が遅れたせいでこのTRACERも遅れたんだって。

MT-09が出た時にTRACER用のマウントステーやボルト穴がそのままだったから、見学者に聞かれた時に誤魔化すのが大変だったとか。

まあ長距離向けが出るのは誰もが予想してただろうけどね。

トレーサーコンセプト

実はこのTRACER最初はFJR1300の様にサスやスクリーンなどありとあらゆる部分を電子制御の物にしてハイクラスアルプスローダーにしようって話があってたみたいだけど、このクラスでそれはないよなと見送られたらしい。

FJ-09

その名残なのかアメリカではFJ-09って名前になってる。

さて2010年頃から欧州を発端としてブームになってるアルプスローダーやデュアルパーパスといったマルチパーパスのバイク。

各社挙って出してますが、このTRACERはちょっと異質。

フェイス

パンチの効いたデザイン面も勿論そうですが、風防パーツがマルチパーパスにしては心もとない。

と思ったらハンドルに付いているハンドルカバー。

ハンドルガード

これハンドルガード機能だけじゃなく整流効果もある。これがあるからあんなアッパーでも大丈夫なんだろうね。

なんでそんな回りくどい事してるのかというとTRACERはマルチパーパスながら快適性よりのも軽快性を取ったからなんだって。

ターゲット

ホイールやサスペンションのセッティングなどをツアラー寄りに改良しているけどTRACERはあくまでもMTシリーズ。

わざわざエンジンマッピングを09から変更しツアラーモードをスタンダードとしながらも、MT-09同様アグレッシブなモードも用意してる。

トレーサー

時にはツアラーの様に快適に大人しく、時にはモタードの様にアグレッシブに。

出力モード切り替えを最大限活かしてる一風変わったマルチパーパス。

主要諸元

全長/幅/高 2160/950/1345mm
シート高 845mm
車軸距離 1440mm
車体重量 210kg(装)
燃料消費率 19.3m/L
※WMTCモード値
燃料容量 18.0L
エンジン 水冷4サイクルDOHC三気筒
総排気量 846cc
最高出力 110ps/9000rpm
最高トルク 9.0kg-m/8500rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前120/70ZR17(58W)
後180/55ZR17(73W)
バッテリー YTZ10S
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
CPR9EA-9
推奨オイル ヤマルーブ
プレミアム/スポーツ/スタンダードプラス
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量3.4L
交換時2.4L
フィルター交換時2.7L
スプロケ 前16|リア45
チェーン サイズ525|リンク110
車体価格 970,000円(税別)

系譜図

MT-09 2014年
MT-09/A
(1RC/2DR)
mt-09トレーサー 2015年
MT-09TRACER
(2SC)
XSR900 2016年
XSR900
(B09)
2017MT-09 2017年
MT-09
(BS2)